099057 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PD未来のブログ

PR

Profile


PD未来

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2014.02.09
XML
カテゴリ:パーキンソン病
2/6
ダットスキャンを用いた、脳ドパミンSPECT(スペクト)という検査を受けました。

ダットスキャンは、昨年の9/20に承認され、今年の1/27に発売。2/3に導入されたばかりの放射性医薬品で、パーキンソン病の診断に繋がる情報が得られます。

特に若年性のパーキンソン病は、色んな科、色んな病院を転々として漸く病名にたどり着くケースが多く、病名が付いても、診断方法が、症状、レボドパの効果の有無、他の疾患を疑わせるものがないか、等。と、本人にすれば、曖昧なまま経過観察されてしまう患者さんも多いと聞きます。

このダットスキャンで、診断出来る。=早期発見、早期治療の開始が出来ることで、アプローチの仕方も進化してくるでしょうし、今後のパーキンソン病治療に間違いなく一石を投じる診断方となるでしょう。

今回、私の場合は、DBSを行った患者ではどうなのか?と言う目的で行いました。間違いなく、パーキンソン病だと診断されました。


rblog-20140209122249-00.png rblog-20140209122250-01.png
写真は、診断結果です。頭の中心部に二つの光点が見られますが、正常な場合は、勾玉(まがたま)のような形状に映ります。私は、パーキンソン病なので、円形に近い形状です。

これは、あくまでも個人情報ですが、敢えて、、。

記事は先生にインタビューして作成しましたが、聞き間違い、聞き漏らしがあるかも知れません。ご了承下さい。

なお、ダットスキャンは確定診断ではなく、除外診断の一つになります。



SPECT(スペクト)とは《single photon emission computed tomography》単一フォトン放射断層撮影装置。人体に微量の放射性医薬品を投与しその放射能を体外で測定、コンピューター処理して断層画像を得る。従来のCTは形態しか把握できなかったが、この装置では血液量や代謝などの情報も得ることができる。






Last updated  2014.02.09 12:27:38
コメント(1) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

まっすう@ はじめまして。 初めて読まさせて頂きました。 まとめて♪…
めぐみ@ Re:二度目の奇跡(07/24) PD未来さん。 ブログの更新があって良かっ…
めぐみ@ Re:生きるとは?を改めて考えた。(02/22) PD未来さんへ お久しぶりです。めぐみです…
村井 建之@ Re[1]:生きるとは?を改めて考えた。(02/22) 村井 建之(けんじ)さん 追伸 私の夢は…
村井 建之(けんじ)@ Re:生きるとは?を改めて考えた。(02/22) 突然失礼します。私は糖尿病を8年間悪化…

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.