お菓子教室アングレーズの日記

Profile


anglaise1967

Calendar

お教室での出来事、美味しい話、毎日の暮らしの事など、
思いつくままに書いていきます♪
是非、遊びに来てくださいね。


「お菓子教室アングレーズHPへジャンプ」

2017年09月19日
XML
思いがけず、すっかりハマってしまったアメリカン・ベイク。

すぐ飽きるかと思いきや、どんどん作りたいものが出てきています。


今回は、バブリーな雰囲気を醸し出す藤野真紀子さんのレシピ本から、
「オールドファッション・チョコレートケーキ」をチョイスしてみました。



もう販売はされていなくて、中古で手に入れた本。

ざっくりした焼き菓子から、ちょっと技ありレシピまであって、
美味しそうなものばかり。

そして、レシピ以上に多いのが、藤野真紀子さんの写真という(笑)

ちょっとした写真集のようで、ファンにはたまらなかった本なのでしょうねダブルハート




アメリカンなのに、こんなに美しいなんて、流石〜〜!



我が家では簡単&ちっちゃめバージョンで。



ケーキ生地にはたっぷりココア液が入っていて、
ベーキングパウダーと重曹のどちらも入っているため、
1日めの食感は、蒸しパンのようなマフィンのような不思議な生地。

それが、2日めになると周りのガナッシュと馴染んで、それはそれは美味しいケーキにぺろり

レシピの半量、15cmの型で作ったのですが、
「なんでもっとたくさん作らなかった、自分!!」と悔やまれた〜〜




上に乗っているオレンジは、
教室に来てくださっていた、たぁちゃんからのプレゼント。
(ご主人に内緒で買った、ドライフルーツメーカーで作ったそう。)


ちょっと華やかになったかな?



それから、たぁちゃんから庭で採れたブルーベリーも頂いたので、
こんなアメリカンなケーキも作ってみました。

→​ブルーベリー・ライム・クリームチーズ・パウンドケーキ



クリームチーズを練り込んだパウンドケーキに、
ブルーベリー、ライム、バニラエクストラクトを混ぜ込んで焼き、
上にはクリームチーズのフロスティングを塗ったもの。

写真がほんとに美味しそうで〜〜


なので、あえて私が作ったものはアップしないでおきましょう大笑い


生地のグラニュー糖を控えめにして、
ライムゼスト1個分に足りないゼスト分はライム果汁で補ってあげると、
意外にさっぱりいただけます。

もちろん、アイシングもやや少なめ。

そして一晩冷蔵庫で冷やすと、なぜか甘みが和らぎます〜四つ葉






Last updated  2017年09月19日 15時57分41秒

PR

Archives

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.