258719 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

【愛犬の疑問一問一答】 ペットの健康美肌研究家 渡部ナミのブログ

PR

Rakuten Profile


ワンコを癒すゴッドハンド

フォローする

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

バンコク保護施設「… New! xxゆみxxさん

17才のアンデイの… ハイジ☆ママさん

ぷり★デリキッチン ぷりん&ばななさん
ドッグアロマセラピ… ゆきこ姉さんさん
犬がいる生活 スミチカさん

Wishlist

愛犬の健康にトコトンこだわる
飼い主さまのための
ペット美容室&しつけ教室
あにまるわいやーど

ペット美容・トリミング・しつけ教室「あにまるわいやー」外観
トリミング・エステのご予約、
しつけ・セミナー・イベントの
お申込は コチラから

 ホームページ
 ペットの皮膚の健康を保つ
 ナチュラルトリミングと
 ナチュラルフード&グッズ、
 しつけ教室のお店です。


 facebookページ
 初回ご来店特典アリ♪

 メールマガジン

 お客様写真館
 

Powered by ついめ~じ
2012.01.09
XML
カテゴリ:しつけ教室

昨日は、今年初めての「パピークラス(子犬ちゃんのためのしつけ教室)」がありました♪

参加6組中3組が柴犬ちゃん、という、ころころもふもふなクラスで、
ワタクシ、終始萌えっぱなしでした(笑)

あとはボルゾイちゃん(!)、プードルちゃん、ダックス3兄弟ちゃんと
バラエティにとんだメンバーで、楽しくあっという間に1時間が過ぎました。

今日のブログの最後に写真を載せますね♪


子犬ちゃんの飼い主さまたち、いろいろなお悩みがあったんですが、

ハウスがうまくできないお散歩がうまくできないという方が多かったので
 急遽ハウストレーニングとお散歩練習が入って、盛りだくさんの内容でした)


柴っこ3頭に共通していた問題が、『甘噛み』


しつけ教室のお問合せでも、『甘噛み』に関して、よ~くご質問頂きます。

具体的なしつけ方法に関しては、パピークラスでじっくりやりますので、
ここでは割愛します。

しつけの前に、『甘噛み』に対する考え方、というか、飼い主さまの認識について、ちょっと見直して欲しいなぁと思って、今日のブログネタにしてみました。


『甘噛み』への対応のポイントは2点です。

1.噛んではいけないものを「噛む」ことを許さない
2.「噛みたい欲求」を解消してあげる




まず、飼い主さまに捨てて欲しいのが『甘噛み』という言葉です。

『遊び噛み』も同様です。

ワンちゃんに人間社会で暮らしてもらううえで、「人間に危害を加える」ということは、絶対のタブーにしなければいけません。

たとえ遊びであろうと、痛くなかろうと、「人間の皮膚に歯を当てる」という行為は、

絶対に許してはいけないんです!


「え~、子犬なんだから仕方ないじゃん!」
とか
「本人(本犬)は遊んでるつもりなんだからいいじゃん!」
と思うかもしれません。

でも、それで歯を当てることを許していると、ワンちゃんは、「歯を当ててもいいんだ」「噛んでもいいんだ」って学習します。

だって、噛んだら楽しいし、ご主人も怒らないんですもん。

そのうち、犬にとってイヤなこと(お手入れとか服を着せるとか)をしたときに、

ガブっと噛み付いて、「イタタタタッ」と手を離してくれたらしめたもの。

「イヤなことがあれば噛めばいい」

・・・・はい、立派な噛み犬の誕生です。


ワンちゃんは、「こうしたらイイ事がある、悪い事がある」というのをバッチリ記憶していて、それをもとに行動します。

将来の問題行動の種になるようなことは、最初からしないのが、ワンちゃんのためです。

 

では、ここで、2つめのポイントです。

 遊び盛りの子犬ちゃんに、人間の手や足(できれば服や家具など噛んではいけないものも)を噛ませないようにしたら、子犬ちゃんのすることがなくなって、ストレスが爆発しちゃいますね。

ストレスがたまると、いろんなことで発散したくなり、それが問題行動につながります。

 

でも、なにも人間の手足や服だけが遊び道具じゃありません!!


最近では、いろ~~~んな種類の犬用のおもちゃが、た~~~くさん売られています


噛んで遊ぶのは、おもちゃを介して。
(引っ張り合いができるおもちゃがベストです!)

  こういうの↓
 

それだけでは満足できなそうなら、ケージの中で噛めるグッズを用意してあげてください。


また、お散歩などの運動が不足すると、子犬ちゃんの「噛みたい欲求=イライラ」が溜まります。

ワンちゃんを飼うと決めたら、お散歩・運動は必須です。
面倒がらずに、「うちのコ」に合った運動量を確保してあげてください。


それでも噛んでくる場合は、噛んだらその場でしかる(叱り方はコツがいりますので、パピークラスで実習します)、噛んだときにイヤなことが起こるようにする、といった方法を使います。

こういうの↓とか

こういうの↓


を使うんですが、くわしくは、やっぱりレッスンを受けたほうが分かりやすいし、できないときの修正方法をトレーナーの先生に聞けるので、悩んでいる方は、1度当店のパピークラスにご参加されることをオススメします。

子犬じゃなくて、大きくなってからも悩んでいる、という方も、今からでも直すことはできるので(飼い主さまががんばれば!)、ぜひぜひご相談くださいね~♪


<1月8日 パピークラスの様子>

あおむけ抱っこをされるニケちゃん(大)と蘭丸ちゃん(小)




同じくあおむけ抱っこ中のコタロウちゃん


柴のココちゃん(左)とはじめちゃん(真ん中)と人形(右)


「そっちでなにやってるの~?」byムクちゃんトトちゃんラムちゃん


全頭入り乱れて遊び中!




※お知らせ※
アノ須崎恭彦先生が徳島にやってくる!!
ペットの手作り食・須崎恭彦獣医師による質疑応答セミナー
2月29日開催!詳しくは↑をクリック♪









Last updated  2012.01.09 19:19:53
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.