1232753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

婚活ブログ ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線

2011年04月05日
XML
カテゴリ:その他
電通リサーチさんが調査した、震災後二週間のタイミングでのアンケート結果をもらった。
ウェブサイトでは公開してないようなので、リンクは張れませんが、なるほどという点だけ書き記します。
調査対象は、首都圏、18-69歳の男女で、年齢の偏りのないようにしている。ネットによる調査。

●まあ、そうだろなというところ
・「地震がおさまってきている」。58%とそこそこ
・「風評被害がなくなってきている」。たった8%
・「町の活気・にぎわいが戻ってきている」。28%のみ。
・したがって、不安のトップは、「震災による日本経済の停滞」93%。ほぼ全員が不安を抱いてる。
・「外食や飲み会などの遊びは元気を出すためにやった方がいい」は39%と、「控えた方がいい」25%を上回る。

●でも・・・
・「経済停滞は不安」だし、「遊んだ方がいい」けれども、自分自身は「外出を控えている」67%、「外食を控えている」60%。気持ちと行動がまるで不一致。こりゃ、小売・外食産業はつらい。

●「へえー」というところ
・「情報源として利用度が高い」のは、NHKがダントツ。これはなるほど。
・で、ポータルサイトなどのネット有力媒体が、利用度で新聞を抜かしている。速報性で新聞の負けということか。
・「Twitterが活躍」、と喧伝されている割には、まだまだ利用度は10%そこそこ。この調査はネット経由であるにもかかわらず。まだそんなものか。
・一方で、けっこう利用度が高いのが、「家族・友人・知人の話」。30%近い。なるほど、かくしてチェーンメールが飛び交うわけだ。

日々、センチメントが変わるので、機動性が求められてたいへん。

ではまた。






Last updated  2011年04月05日 18時25分40秒
[その他] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


anishi01

Free Space

著書 「普通のダンナがなぜ見つからない?」(文藝春秋)

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.