1232163 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

婚活ブログ ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線

全304件 (304件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

婚活のチップス(コツみたいなの)

2014年04月13日
XML
以下、ご本人の許諾を得て、フェイスブックから転載。
(以下、引用)-----------------------------
わたくし結婚することになりました。

なんとなく彼氏もいたし、いなくても楽しかったし、そんなに本気で結婚する気もなかった私がたまたまネットで西口先生の記事を読み、本を読み、実際にお会いする中で

⚫︎結婚もそうだが、その前に、現代社会でパートナーを見つけることがいかに難しいか
⚫︎自分からアクションせず、受身でいたら自分の人生の選択肢がいつの間にか狭まってしまう(結婚する、しないを自分の意思で選択する前に、気がついたら『できない』状態になっているのではないか)
ということを学びました。

はじめて『結婚するか、しないか』ちゃんと自分で考えましたし、貴重な?パートナーに対して感謝の気持ちを持てるようになったし、それまでの受け身の姿勢から一転、自分から行動を起こせるようになったと思います。

受身でいると万事に時間もかかるし、結果として自分の思ったとおりにいかなくて落ち込むこともあったのですが、自分で動けばスピードも早いし、ある程度自分で状況をマネージできるので、そっちほうが気も楽で結果もでやすいことがわかりました笑
仕事と似てるな〜と思ったら、わりと楽しくなってきた部分もありました。

ということで、来月籍だけ入れて、5月にハワイで挙式してきます。

祝!西口メソッド!
先生、本当にありがとうございました^_^
--------------------------------(引用以上)

んーー、そこまで書いてたつもりないんですけど、彼女はカシコイので、自分でさらに進化させてってますね。
特に、
>自分で動けばスピードも早いし、ある程度自分で状況をマネージできるので、そっちほうが気も楽で結果もでやすいことがわかりました

このくだりは、すばらしいと思う。一般に女性って、受け身になりがち。とくに、この彼女も見かけがかなりステキな部類なので、ますますそうなりがち。
そこを実際の行動から自分で学びながら進めてってるわけですね。

いや、こちらも勉強になりました。

ではまた。






Last updated  2014年04月13日 23時22分03秒


2014年02月02日
昨夜のグロービスクラスの懇親会で。
ありがちな現象として、来ている男性はほぼ既婚、女性の独身比率は高い。

そのテーブルにいた既婚男性たちは、先週見かけた就職人気ランキングトップ10に常連の企業にお勤めで、それぞれ結婚したのは25歳、26歳のとき。

損保会社の男性の話が、おもしろかった。
「数人の飲み会で知り合った。つきあって3カ月で、札幌に転勤という話が出て、『どうする?』と聞いたら、即座に『一緒に行く』。もうそれで決まり」。

ここで彼女が逡巡していたら、この結婚はなかったような気がするなあ。

女性が30代になってくると、ここまでの即断即決はできない。
「いきなり札幌って言われても、今の仕事もあるし」

「北海道にはお友達もいないし」

「親は何て言うだろう?私が突然いなくなると、寂しがるかもなあ」

「(それに、ほんとにこの相手でいいのかって言われると、自信ないし・・)」

一方で、彼のアタマには、
「損保会社の営業は、地方から地方への転勤もあるし、札仙広福レベルに全然満たない地方都市にだって転勤はある。実際、それでモメてる先輩夫婦も見聞きしている。この女性は大丈夫なんだろうか?」という隠れた懸念がある。そこを即答することで、彼のハートを鷲掴みにしたわけである。

これ、示唆深い事例だと思う。特に、都市部でキャリアを持って働く女性、あるいはけっこうモテている女性にとって。

ではまた。






Last updated  2014年02月02日 11時06分08秒
2013年05月27日
週末は、グロービスの受講生同士の結婚式に出席した。

新郎も新婦も、日本を代表するような企業勤務。どちらも就職人気はすごいので、いいオトコ、素敵な女性が集まる会社である。

よくある話で、どっちの会社も女性の独身率が高い。しかもみんなキレイで人間的にも出来てる感じの魅力的な女性たち。
一方で、新郎新婦の同期くらいの30歳前後では、オトコはほぼみんな既婚。

ぼーっと眺めてて、あらためて思った。

この女性たち、社会人になって、さぞかしモテた(一応現在形も。モテる)んだろうなあーと。20代前半で、まだまだ大人の世間知らずで、無邪気な反応で可愛げがあって、モテないわけがない。
大げさに言えば、ある別のモデル体型のアラフォー女性が言っていた「世の中には何も怖いものがなかった」という状況。

そりゃ、1人の男性に決めたくなんかないですよね。ましてや、組織の中で使いっぱしりさせられてるような同期の男の子となど。
その間に、同期の男子たち、特に平均水準前後のボリュームゾーンは、そのときお付き合いしている彼女と、あるいは職場や合コンで知り合った「普通の」女性と、律儀にすんなり結婚していく。

ここでのポイントは、同期男子でもトップ級にモテるオトコは、女性と同じ現象が起きているのですぐには決めないことも多い。かくして、トップ級のオトコは独身で残っているがゆえに、同期女性陣からは「まだ彼みたいな人も残ってるから、大丈夫じゃん」という根拠のない安心材料を与えることになり、これまた彼女らを惑わすことになる。

ま、ということで、「うちの会社では、なぜかキレイな女性が残ってるんですよね」現象は、至極自然な論理で説明できてしまうわけですねー。

ではまた。








Last updated  2013年05月27日 10時17分35秒
2013年05月12日
コピペです。
Facebookでたくさん「いいね」されたりシェアされていたエントリ。

こういうのを読んで、
「あたりまえじゃん」「何百回も言われてることじゃん」と思ってしまうこと自体、私はもう一般の方々に向けて婚活を語る資格がないのでは、と思ってしまう。。

いや、でもとってもいいこと書いてあるんですけどね。
読む価値は十分ありますよん。

ではまた。

---------------------------------
“すべてを手に入れる方法”

男というのは不思議なもので
過去に付き合った女は
今もまだ自分のことが好きだと
勘違いをしている
ファンタジーな生き物です

あたらしの事務局スタッフは
“ファンタジー”とあだ名がつくほど
マジックがうまいのですが

フォークをぐにゃぐにゃにしたり
1万円札に穴を開けずペン刺したり
サイコロの目を選んで出せたりします
(6を出してと言ったら6を出せます)
そんな種のわからない
マジックと同じくらい
男はファンタジーなわけです

“過去にヤレた女は
またヤレるはずだ”
と思い込んでるのです

なので例えば
フェイスブックで
元カノが突然
「私、結婚することになりました!」
と、ウエディングドレス姿で
スマイル全開の写真を公開しても
「う、う、嘘だろ? 
 いや、今度もし再会したら
 昔よくいったワタミに行って
 ほっけを食べながら乾杯し
 ほろ酔い気分になったところで
 エレベーターで抱き合いキスをして
 そのまま熱い夜を過ごすだろ?
 あ・の・こ・ろ・の・よ・う・に!」
と思ってる
ファンタジーな生き物なのです

女は上書き保存マインドなので
昔の彼氏なんてのは、どうでもよく
“今好きな人”のことで頭がいっぱいです

なのでツイッターに
「えーん、彼氏が会ってくれないよー!
 でもしょうがない!彼氏は今、仕事を
 がんばってるわけだし!ここで
 私と仕事どっちが大事なの?
 とかメールしてしまうと
 “一般社団法人 重い女協会”に
 認定書を発行されてしまうYO!
 がまんがまんがまん!」
とか書いて
その彼氏と3ヶ月も会えずに
LINEの“おやすみスタンプ”のみで
やりとりしたりするわけです
(それってメル友じゃね?)

しかし女は複数のことを
同時に考えて処理できますが
男は1つのことしか
考えられないのは本当で
その時、仕事で忙しかったら
もはや脳内の95%を
仕事がしめてると
思ったほうが良いです

残り5%はその日の昼メシを
吉野家にするか松屋にするか、と
その日の夜メシの後に
恵比寿マスカッツの誰に
お世話になるか
もしくは“質より量だ!”と
マジックミラー号に手を出すか
くらいしか考えてないわけです

ファンタジーです

“あたらしさん
私は仕事もバリバリできて
かつデートも大事にしてくれる
なおかつ性格も良く
見た目もイケメンがいいです”

はい、よくわかります
そしてそんな、外見も内面も
イケメンなジェントルメンが
世の中には確かに存在しています

しかし既にそんな男は
行列のできるラーメン屋のごとく
モテてるため、先約がいますし
もはや看板の無い会員制のバーのごとく
発見するのすら難しいわけです

“じゃあ私はどうしたらいいのですか?
フツメンで妥協すれば良いのですか?
どうなんですか?あたらしさん!
いや、あたらし師匠!教えて!”

はい
まずはお茶でも飲んで
落ち着きましょう
(ジャスミンティーがビタミンCと
 ミネラルを豊富に含んでおり
 リラックス効果があって良いですね)

仕事も島耕作並みにできて
グラ男になるほどファッショナブルで
ファンタジーなデートを演出できて
同じ男性からも好かれる気配りができ
いつでも危険から守ってくれて
かつセックスも丁寧でお上手で

そんなイケメンを落とす方法は
私のギャラクシーセミナーや
ジェントルメンズセミナーで
お話ししてますが

ここで書くとシェアボタン連発で
1万いいね!を突破してしまい
ノウハウに希少性が無くなるので
あたらしに
ばったり会った時に
聞いてください
...
...
...

という終わり方だと
ラブ難民が続出しそうなので
1つアドバイスをすれば
いきなし理想の男を求めるのではなく
まずは身近な誰かに
“好かれる練習”をした方が良いです

いや、多少ダメな部分が
あってもいいんですよ

例えば、平日夜のOL終わり
通勤前にコインロッカーに預けてた
買ったばかりの服に着替えて
髪もアイロンで巻いて
メイクも直して、香水つけて
くちびるにグロスを塗り
手先から肩までラメで
キラキラにしたりして
あなたは準備完璧

しかし、待ち合わせに
相手はラコステのポロシャツに
ジーンズメイトの短パンに
ナイキのスニーカーで来た!

あ・り・え・な・い!!!

いや、それでいいんです
「んじゃ、行こうか
 おれの行きつけの店に」

駅前のココ壱番カレーに
連れていかれたとしても

それでいいんです
「んじゃおれ、納豆カレー1つ
ツナとゆで卵とほうれん草を
トッピングでお願いします
あ、キムチとチーズも」

という、あなた史上まれに見る
“トッピング男子”
だったとしても

それでいいんです
目をつぶるのです

昔、日本中の少年のハートを
熱くしたマンガ、ドラゴンボール
そのドラゴンボールの中に
天津飯というキャラが
出てくるのですが
その天津飯の必殺技に
“太陽拳”というおでこにある目から
強烈な光を発する技があります
この太陽拳をくらうと目がやられるので
前もって目をつぶる必要があります

それと一緒です
目をつぶるのです

あなたが例え
世界中で3秒に1つ売れている
ヴィクトリア・ベッカムや
ジュリア・ロバーツ
ヒルトン姉妹などの
海外セレブが愛用している
“ベアミネラル”を
ファンデとして愛用してたとしても
男は気づきやしませんよ

トイレでグロスを
塗りなおしたとしても
“ん?くちびるが
 テカってるけど
 から揚げトッピングした?”
くらいにしか思ってません

でも目をつぶるのです
身近な男性で
“好かれる練習”をするのです

「なんで私がこんなに
 がんばってるのに
 気づいてくれないのよ!」
っとイライラした
そんな時は
天津飯の太陽拳を思い出し
目をつぶってください
...

“あたらしさん
なんだか恋愛は大変そうです
やっぱ仕事がんばりたいです
もっと自由に生きたいです
仕事やめて実家も出て
世界中を旅したいです
でも私には才能も強みも
1つもありません。。
どうしたらいいですか?(号泣)”

こんな相談が
私のところには
回転寿司の皿のごとく来ます
しかし、これまでは
「私は回らない寿司が好きだ!」
とばかりにエレガントに
かわしていたのです

どのくらいエレガントかというと
ドッジ弾平の炎の剛速球ですら
涼しい顔でかわせるほどです

が、今夜はワインが
おいしくて気分が良いので
マジメに答えます

才能も強みもないあなたが
どうやって仕事でも恋愛でも
理想を手にいれるのか?

答えは1つ
星をながめることです
“あたらしさん
また変な答えで
私をかわすのですか?”

いえ、今回は本気です
まずもって
あなたに才能も強みも
1つも無い
というのは幻想です
ファンタジーです

誰でも生まれもった
才能や強みがあります
それも1つや2つじゃなく
どう少なく見積もっても
5つはあります
無いのではなくて
まだ見つかってないだけです

そして才能や強みが
いつ見つかるか?は
誰にもわからなかったりします
ふとした瞬間に気づくのです

例えば私は文章を褒められます
会う人会う人に褒められます
「どこで勉強したのですか?」
と、質問をされます

1度も勉強したことはありません
最初から書けたのです
(今年に入ってようやく
 勉強するようになりました)

ただ文章力が
他の人よりもあるなんてのは
メルマガやブログを
書くようになってから
人に言われて
はじめて気づきました

強みや才能なんてそんなもので
人のスゴイ所はわかっても
自分のスゴイ所はわからないのです
外国人に
“あなた日本語じょうずスゴイ!”
と言われるのと同じくらい
なんでそれがスゴイの?
こんなん誰でもできるやん?
という当たり前にできることが
強みや才能なわけです
普通に生活してたら
あたりまえにできすぎて
気づけないわけです

強みや才能を知る方法は
発掘する専門家に聞いたり
スピリチュアリストに見てもらったり
“さあ才能を見つけよう”
という本にある
ストレングスファインダーを
やるのもいいです
(あたらしはすべてやりました)
しかし、その何倍
いや何十倍も効果があるのは

星をながめること
夜、星をながめながら
ひたすら答えが出るまで
自分のことを考えるのです

今の時代は
インターネットの影響で
自分のことを考える時間が
極端に少なくなりました
せいぜい寝る前の
5分から10分くらいでしょう

布団の中でも
歯を磨きながらも
食パンをかじりながらも
電車の中でも
レストランでも
スタバのランプの下で
フラペチーノを待ってる間も

ほとんどスマートフォンで
“誰かの近況”をチェックするのに
時間を取られてしまってます

ようやく寝ようと
布団に入って目をつぶっても
“ちゃらららん”
っと友達から
LINEのスタンプがきます

テクノロジーの発達自体は
歓迎すべきことですが
この状態では
自分のことを考える時間は
ほぼ皆無なわけです

ウィキペディアにも
ヤフーニュースにも
フェイスブックにも
自分のことは書いてない

グーグルで
いくら検索しても
でてきません

なので星をながめる
夜空をながめる
自分のことを考える
自分のこと“だけ”を
考える時間こそが
なによりも貴重なわけです

スマホもパソコンも持たず
星が輝く場所に行き
服の汚れなど気にせず
大の字で寝ころび
ひとりきりで
夜空をながめる

そしてゆっくりと深呼吸をし
自分自身のことを考えるのです
...
...
...
答えは既に

あなたの中にあります
 
http://enter.hiroatarashi.com/






Last updated  2013年05月12日 11時06分15秒
2013年05月05日
GWは、BCG大先輩の三谷宏治さんの最新刊、「経営戦略全史」を読んでみた。
いまの本業のコンサルや講師業に役立てようという視点で読んでたのだが、紹介されているいろいろなコンセプトやフレームワークを、ひとつひとつ婚活目線で読んでみるとかなーり示唆が深かったりする。
その一つに、「アンゾフのマトリクス」ってのがある。
言ってることはシンプルで、企業の成長戦略を考えるにあたって、気にする軸は「製品やサービス」軸と、「顧客や市場」の軸をタテと横に引いてみて、それぞれの既存・新規の掛け合わせで考えていこうというもの。
こんなかんじ。
AnsoffMatrix.png

これは相手探しにも同じである。
・左上の「既存・既存」。つまり、既に知ってる相手やコミュニティで、自分なりのスタイルで何らかの知人友人関係が構築されている場合。これは、さらに関係を深掘りして、相手の知らない面を見出したり良さを再認識する、させる、という展開。

・右上の「既存・新規」。既に知ってる相手やコミュニティだけど、自分のスタイルを変化させていくアプローチ。自分の違う面や違う特技、強み、ときにはベタなテクでアピールしていく展開。

・左下は、まだ見ぬコミュニティや相手に、自分の持つスタイルや強みを生かして新規に開拓していくこと、合コンや紹介を積極的に仕掛けるという戦法。

・右下は、一番難しい。まだ知らない相手に、自分のこれまでのスタイル以外のやり方で突撃していく。不慣れな相手に不慣れなやり方なので、難易度は高い。ただ、アンゾフは「だからやめろ」とは言っていない。「ハイリスクなことをよく考えたうえで行え、行うなら最大限シナジーの発揮を目指せ」とのこと。ま、そう考えるとここはやりようによってはチャンスがあるかも。

・・・とまあ、こんなかんじ。
他にも、自分が勝てるマーケットを創り出す「ブルーオーシャン戦略」、自分を取り巻く環境とその変化を分析する「5フォーシス」、軽い試行錯誤を繰り返す「アダプティブ戦略」などなど、考えてみると面白そうなのがたくさん。

そんな目で戦略論の本を見るのは、けっこう知的刺激がありますよ。

ではまた。









Last updated  2013年05月05日 23時37分12秒
2013年04月20日
とても興味深い結婚エピソードが、Facebook上で盛り上がってた。

(楽天ブログのリンク貼り付けがうまくできないので、そのままURLのみ貼ります)
http://liginc.co.jp/news/notice/other-notice/23810

30年間彼女なしの男性が、ネット上で結婚相手を募った。あえて4/1に。
その日のうちに14人から申し込みが来て、うち一人はパワーポイントで提案書まで作ってきた。彼はその内容に惚れ込み、他の13人にお断りを入れ、まだ見ぬその女性と結婚することを心に決めた。

4/12には、女性の会社(トレンダース)を訪問し、自社の社長と先方の経沢社長同席のもと、対面してプロポーズ、了解受諾。で婚姻届にハンコをついて、そのまま渋谷区役所へ。

・・すごい。
こういうのって、大いにありだと思う。
ちょっと昔のお見合い結婚だって、知り合うプロセスとしてはそう変わんないじゃないですか。少なくとも本件は本人の完全なる自由意思に基づいているわけだし。

こういう「勢い」、大事にしてほしいなあ。

ではまた。






Last updated  2013年04月20日 18時34分11秒
2013年03月28日
手抜きの更新で、Facebookシェアからのコピペ。
おもしろい。とくに、PC画面ではなくスマホ画面でスクロールしてくとおもしろい。

知らない単語だらけですけど、まあ、雰囲気だけでも。

-----------------------------------------------

HOW TO MAKE A MAN HAPPY

1. Feed him
2. Sleep with him
3. Leave him with peace
4. Don't check his phone (Msgs)
5. Don't bother him with his
movements
So whats so hard about that?

HOW TO MAKE A WOMAN HAPPY

It's really not too difficult but.... To make a
woman happy, a man only needs
to be:

1. a friend
2. a companion
3. a lover
4. a brother
5. a father
6. a master
7. a chef
8. an electrician
9. a plumber
10. a mechanic
11. a carpenter
12. a decorator
13. a stylist
14. a sexologist
15. a gynecologist
16. a psychologist
17. a pest exterminator
18. a psychiatrist
19. a healer
20. a good listener
21. an organizer
22. a good father
23. very clean
24. sympathetic
25. athletic
26. warm
27. attentive
28. gallant
29. intelligent
30. funny
31. creative
32. tender
33. strong
34. understanding
35. tolerant
36. prudent
37. ambitious
38. capable
39. courageous
40. determined
41. true
42. dependable
43. passionate

WITHOUT FORGETTING TO:
44. give her compliments
regularly
45. Go shopping with her
46. be honest
47. be very rich
48. not stress her out
49. not look at other girls
AND AT THE SAME TIME, YOU
MUST ALSO:
50. give her lots of attention
51. give her lots of time,
especially time for herself
52. give her lots of space, never
worrying about where she goes.

BUT MOST OF ALL IT IS VERY
IMPORTANT
53. never forget
*birthdays
*anniversaries
*valentine
*arrangements she makes. —






Last updated  2013年03月28日 09時42分49秒
2013年03月15日
NHKのドラクロアで、恋愛特集でいくつかクイズをやっている。

Q) 結婚相談所で、プロフィールを見てなかなか合うかどうか決めないのは、男性?女性?

ほとんどのゲストは女性と答える。
→これは当然女性ですね。テレビの解説いわく「年収とか見かけとか長男・次男とか、一つでもダメなところがあったら会おうとしない」。そうそう。拙著を紹介していただきたい。

Q) 結婚相談所で、一度お断りした人にまた会いたいと言ってくるのは、男性?女性?

これは、ほとんどのゲストが男性と答える。
えー?そんなわけないでしょ、と実情を知る私は思う。

→やっぱり、正解は女性。
そうなんですよ、女性は譲れないファクターが多いのですぐに断るんですが、常に比較をし続けている。しばらく何人か会ってみて、ダメなら初期の人に会いたいと思うことはけっこうよくある。
でも、そういう「また会いたい」と思う男性に限って、素直でいい人なので、その後に会った女性ところっと恋に落ちて結婚を決めてしまっているのがこれまた大半。
運命の女神には、前髪しかないから、その場でつかまえないとダメなんですよねー。

これ、ゲストの人たちは別れた元彼とか振った男性から再度アプローチされることが多いからだと思う。でも、それってはたして「素直でマジメ」な男性なのかどうか、が隠れたポイントかもね。

ではまた。






Last updated  2013年03月15日 23時23分10秒
2013年02月25日
キレナビ編集長、はあちゅうさんの今日のブログ。

36歳以上の独身オトコには、何かしら問題がありそうだということで、洗い出したもの。

(以下抜粋)
・女性を(心から)愛せない体質 ←自分のことが彼女より大事
・そもそも結婚願望がない ←でも子供は欲しいという矛盾した男性多し
・稼いでない ←フリーターとか。(ミュージシャン/アーティスト志望率多し)
・放浪癖がある ←突然、世界一周行っちゃったり
・マザコン ←母親との同居含む
・結婚できない商売についている ←アイドルとか
・夢追い人 ←夢を叶えるまで結婚しないパターン
・暴力をふるったり酒癖が悪かったり、性格に大いに問題がある ←一番嫌…
・何かに熱狂しすぎ ←対象は車から仕事まで様々
・バツイチ ←バツイチですって、顔に書いてないとわからないよね
・おかしな性癖がある ←歴代彼女が毎晩鬱になるような何かが…ある…
・元カノが猟奇的でないこと

該当ブログはこちら

なるほど。
観察眼と舌鋒の鋭い女子たちで集まったのであろう。客観的には、けっこう言い得てると思う。

一方で、このブログエントリはいろんなところで叩かれたようである。
それは、「私たちは選ぶ立場だもんね、問題なんかないもんね」という隠れた前提に立ってる(ほんとは違うかもしれないけど、少なくともそう見える)から。

かつ、このエントリの中でも最後の一つは後から追加されている。つまり、こういうネガチェックリストは、積み上がることはあっても、減ることはまずありえない。これも女性が陥りがちな罠。ネガチェックが増える=「ものがわかっているオトナの女性」みたいな。

これって、男性から見ると、しょーじき「可愛い」とはみなされない。あ、私はdisってるわけじゃないですよ、客観的なファクトですから(もっときついか^^;)

まー、叩いてる側もお互いさまですけどね。いざ自分たちがこんなふうに評されて初めて気づくってこともありましょう。

気をつけよう、自戒の念も込めて。

ではまた。







Last updated  2013年02月25日 20時48分10秒
2013年01月30日
雑誌プレジデント最新号より。

元Microsoft社長の成毛さんが、相変わらずズバズバ語っている記事。
このプレジデント、タイトルが「一億稼ぐ人の悪知恵51」。
その特集トップのインタビューである。

いくつか抜粋。
「ある思想や理論は、もしかすると、過去においてはその瞬間正しかったとしても、次の瞬間には時代遅れになっているかもしれません」「ビジネスにとって最も大事な『変化すること』を忘れてしまうということも問題」

「大事なのは『判断すらしない』ということです。まずやってみなければ、運をつかむことは
できません」

「『思いついたから』やる。『面白いから』やる。あるいは、『新しいから』というだけの理由でやってしまう。説得力がある理由は、ないほうがいいのです。そして、うまくいけば続けて、うまくいかなければどんどんやめることです」

「時間をかけて判断しても正しい答えが得られるかどうかわからないのなら、とりあえずやってみて、マーケットに答えを聞くほうが早いのです」

「ただ一つ確かなこと、つまり『新しいことをした者が勝ち、しない者は負ける』ということだけを胸に刻んで行動することが大事です」

おもしろーい。「マジメの罠」みたいな話ですね。
あ、このブログに書いてるんだから、何に当てはめて考えるかなんて、自明ですよね。

ではまた。






Last updated  2013年01月30日 20時18分25秒

全304件 (304件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.