231831 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんかつライブログ

2022年05月05日
XML
カテゴリ:ライブ

羽田から関空へ始発の便で。
南海の空港急行飛び乗る。
目的地の泉大津を通過し難波へ。


今月で運行終了するHYDEサザン乗車。
これはテンションあがる。
鉄コレ予約したし乗れてよかった。
友人がサインあるの教えてくれてギリギリ見れた!
2箇所もあるんだ。ファンの方が猫の人形置いてた。
写真撮らせてくださいとお願いして撮らせてもらった。
泉大津二度も通過し岸和田から戻る。
バスは並ばずスムーズに乗れた。
ラッシュボールの過酷なイメージあったけど快適。


羊文学


勝手に羊毛とおはなと勘違いしてた。
ひつじぶんがくだった。


フジファブリック


フジファブリックがトップバッターなフェスやばいな。
総くんの祖父母が大阪で銭湯やってたって。
なので一番風呂の大事さは理解してますってw
番台が居場所でしたって。
若者のすべてエモかった。
またフェスで台風とサーファーキングいつかぶちかましてほしい。


Sugar!!
SUPER!!
Green Bird
光あれ
君を見つけてしまったから
楽園
若者のすべて



クラムボン

まきではじめていい?まきで始まる。
ミトいわく胃もたれするメンツ。
中学の同窓会だって。
楽屋が同窓会会場。
シカゴあがるな。
KANADE danceの途中でキーボード音でなくなって終了。
作戦会議始まるw
タイムラインやって終了。


波寄せて
ウィスキーがお好きでしょ
シカゴ
lush life
サラウンド 
KANADE dance 途中まで
タイムライン


little creatures


かっこよかった!


iri


独特だった。


GRAPEVINE


めちゃ久々みる。
野音でパーマネンツとして出てるのみたぶりかな。
田中さん変わらないなぁ。白シャツで。
懐かしかった。


くるり


上海蟹から。
ばらの花教科書掲載と思うとなんか重みある。
野外で聞くハイウェイ最高。
暑いですか?大丈夫そうだね。
忙しいやつやります。
スケベな女の子!
everybody feels the sameで久々野外で気兼ねなく踊った。
ラスト虹か街かなと思ったらこぬぅおーー来てガンアガリ。


琥珀色の街、上海蟹の朝
ばらの花
ハイウェイ
すけべな女の子
everybody feels the same
愉快なピーナッツ


Cocco


クソやばかった。
これまで気になってた顔出しを一切やめて気が楽になったと呟いていた。どんな感じになるのかと気になってた。
全身黒の網みたいなのでベールみたいに顔半分覆って背中と脚と腕は出してるというパリコレみたいな衣装。
鬼気迫るライブ。
いきなり儚い者たちやって後は沖縄民謡ブラックメタルみたいの。そして音速パンチ。


The Birthday


チバしょんべんちびるくらいかっこよかった。
お前の想像力が現実をひっくり返すんだ!
痺れるな。


ハナレグミ


日が傾く時間帯のハナレグミ最高すぎた。
自然と手が挙がるピースフルな空間だった。


NUMBER GIRL


サウンドチェック始めましょうか。
音の調整大きすぎる!!バカタレが!
ブチギレる向井。
さらに何分にはじめたらよか?言ってくれんとわからん!
やってくれ?わかりました。
凄いなこの空気感昔のフェスこんな感じだったのかな。
バチバチの感じ。
福岡市博多区から参りましたナンバーガール、ドラムス!アヒト・イナザワ!
記録全集でしか聞いたことなかったこのフレーズ生で聞ける日がくるとは!
イントロ流れるたびに会場わく。
水曜ロードショー、シルベスター・スタローン主演でコブラ!
意味不明の曲紹介とともに始まる。
初めてナンバガみたけどバケモンみたいなバンドだな。
メンバー全員やばい。
バリやばい。


タッチ
ZEGEN VS UNDERCOVER
透明少女
水色革命
CIBICCOさん
TATTOOあり
omoide in my head
I don't know



TESTSET

夜の野外にめちゃ映えた。
レオの気合乗り半端なかった。
パラ!パラ!が気合い入りすぎてマイクボンボンなってた。
カウベル叩く前にカウベルぐるんぐるんするのあがる。
まりんも、気合入ってるのが伝わってくる。
初めて見る人たちが度肝抜かれてるのがわかるライブだった。


Full Metallisch
The Paramedics
Snappy
Musical Chairs
新曲
Don't Move
Communicator


AJICO


トリ圧巻だった。
UA見るのYMOの東寺での復活ライブ以来か?全然変わってない。
ベンジーが歌い出すと会場から思わず歓声が。
とんでもない面子のトリを見事に飾ってた。
数多のフェス参加してきたけど一日でここまでの強力面子みたことない伝説的な一日だった。
各バンド負けないオーラが凄かった。
次から次へとヤバい奴でてきてドラゴンボールみたいなフェスだった。
往復のバスは全く並ばず、ステージ間の移動もスムーズで全バンドフロントエリアで快適に見れてこんなフェス初めて。難しい時期にこんな素晴らしいフェスを開催してくれた清水音泉さん、関係者の方々には感謝しかない。







Last updated  2022年05月05日 23時13分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[ライブ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.