000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんかつライブログ

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

海外旅行

2013年06月23日
XML
カテゴリ:海外旅行
二日連続の渋谷O-east。
昔だったら9mmとの対バンとかありえなかったなー。
ゲスト決まったときはびっくりした。
かなり入ってるな。

9mm Parrabellum bullet
フェスのセトリと同じような感じ。
最初二階で踊ってたけど二階と一階の温度差の差に耐えられず二曲目で一階前ブロックへ。

久々9mm前でみたけど常に若いファンが供給されてるんだな。
汗だく。

トーキング外れてpunishmentが入るパターンか。

ドラムのちひろがアベンの宣伝部長だって。いいたいことあるって。
ユニバーのイントロで応えるw

そんなにつきあい長くないけどお互い競いあっていけたらいいと思います。
高めあうか。
カレーとうどんのように。

薄っぺらいMCだなw

avengers in sci-fi
最初は二階でみる。
二階でアベンみるの初めてだな。貴重だ。
タロウさんの華麗なステップと足さばきがよくみえる。

オープニングムービーある。

二曲目にナユタナきてびびる。
ナユタナで緑レーザーとは!

途中から一階でみたけどわりとスペースあってよかった。
踊りたい曲はみんな暴れてonとoffがはっきりしてる。

タロウさんありがとうございますしか言ってない。

途中外人がハセガワ!って叫んでてハッセとイナミさん笑ってた。

久々にいつかまた宇宙のどこかで聞けてうれしかった。
真女神転生っぽくて好きなんだよな。

1st miniから聞いてる人いる?
少ないな。

若者ばっかだもんな。

マネージャーが10年と思ってO-eastおさえたら11年でした。

11年もやってたのか。
聞き始めたときもう三年目だったんだ!
知らんかった。

いいライブだった。

来年はバンアパ呼んでもいいんじゃないかな。
バンアパとのツーマンって初めてアベン見た横浜club24以来ない気がする。






Last updated  2013年06月24日 00時37分51秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年06月22日
テーマ:海外旅行(5550)
カテゴリ:海外旅行
朝起きてホテルの朝食。ビュッフェ。

ジュースのサーバーどうやっても味のない水になっちゃう。せつない。

一旦とってきて再度とりにいって戻ると子供がそのチーズ食べちゃダメ!

え?

鳥がつまんだから!

そうなんだ!教えてくれてありがとう!
目くりくりした子供だった。

宿を後にして最寄りの水上バスの駅へ。
なかなかこないな。
朝は少ないのかな。
教会に座って待つ。

こないな。。

こんなこないんだ!明日の朝駅までまた歩かなきゃかな?

30分待ってもこない。時刻表も案内もないからわからん。

もういいや歩こう。

渡しのゴンドラもいったとこだ!
がっくり。

島の逆がわの路線の駅へ行ってみる。
時刻表ある。もうすぐじゃん!

。。やっぱりこない。
ってか通りすぎてくし。

どゆこと?乗車拒否?

めっちゃアピールしないと止まらないのかな?

あきらめてアカデミア美術館まで歩く。
美術館見る。

そんで出てアカデミアの駅行くと24時間ストライキって書いてある!

マジかい!48時間フリーパス買ったのに!

島巡りの予定が。。

スタッフにムラーノに行きたいというと歩いて対岸の駅まで行けばムラーノ行きはでてるって。

遠いな。でも仕方ない。

延々とまた路地を歩く。
昨日とは別の道だからまた楽しい。

こんなトラブルも旅らしいな。
船の駅どこも大混乱w
今日荷物持ってついた人とかきついだろな。

駅にたどり着いたら確かに船でてる。
よかった。

ムラーノ島へ。

すぐついた。

本島より道が広々としてて人も少なくて落ち着く。
いたるとこにガラス工房が。

中世ヨーロッパでガラス憧れの地だったらしい。

その場で作ってくれるとことかあった。
ハート型のペンダント作るって言われてもw


時間がまったり流れてていいなここ。

地図もないので適当にぶらつく。

また船で戻る。

他にも島巡りしたかったけどストライキの影響で時間のロス大きくて諦める。

後は頼まれた長友のユニとフェラーリ探す。
どこいっても長友あるか?
ない!
そりゃそんな日本人観光客いないのに長友のユニなんて売らないか。

フェラーリショップ行くと何でも高い!ミニカーで84ユーロってw

ハードロックカフェに入るといきなり店員が俺と写真とるか?そしてwebにアップしよう!

って陽気に語りかけてきた!

いや、いいです。

何で?

何でってw

ニューヨークのハードロックカフェと品揃え同じだな。地名変えてるだけなんだ。


ベネツィア店ばっかり。あちこち入ってたらきりない。

喧騒に疲れて運河のほとりでまったり。
気持ちいいな。

宿のレストランで白ワインたのんだけど飽きて飲みきれなかった。赤なら飲めたけどな。

ベネツィア二日いたらお腹一杯になる。
いいとこだけど。






Last updated  2013年06月22日 11時09分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月21日
テーマ:海外旅行(5550)
カテゴリ:海外旅行
フィレンツェから新幹線でベネツィアへ。
二時間ほどで到着。
最後島への橋を渡ってベネツィアサンタルチア駅へ。

駅出るといきなり運河!
スゲーなここ。
水上バスめっちゃ行列だったので歩くことにした。

歩くと街はまるで迷路。道路とかなくて車は一切いない。
細い路地をひたすら行く。
たまに広場にでて教会がある。

ほとんどが観光客向けの店。

頼まれてた長友のユニ探すもない。
イタリアの選手コンフェデで今日みてあーユニ売ってたとわかったけど今の選手全然わからんかった。

デル・ピエロかトッティくらいしか思い浮かばん。

長友のユニとかイタリアで買う人日本人くらいなんかな。。

途中はいったリストランテでコース食べたらメロンのハム巻きが絶品だった。
デザートのティラミスも。

水路にはゴンドラ。絵になるな。
昔こち亀でみたままだ。

迷路みたいな路地をサンマルコ広場という看板をたどってついに到着!

感動する風景だった!
道のり遠かっただけに。

教会と宮殿みる。
中世の武具のコレクションが凄い。
はがねのよろい、はがねのつるぎ、てつのよろい、てつのむねあて、ボウガン。バックラー。

ドラクエの攻略本の武具をみてるみたいでテンションあがった。

あんな超重そうな装備全身にまとって戦ってたのか。

途中嘆きの橋を渡って牢屋へ。
一気に雰囲気かわって牢獄。
ドラクエの城の地下に牢屋あるみたいな感じだよね。

人全くいなくて恐い。

見ごたえあった。

外でて水上バスのることに。翌日離島巡りするので48時間フリーパス購入。

2番の船一周してみることに。
見所を運河から鉄道駅に向かってあがってく。
鉄道駅すぎると島の外側を一周する。

島の外側でるとモノレールや高速道路、近代的なビルが出てくる!

ずっと中世みたいな景観だったので急に現実戻ったみたい。

さながらディズニーランド出て京葉線乗ったみたい。

それだけ島の中は街全体が中世の景観が完璧に保たれてる。

宿は島の中高いけどあの雰囲気の中いられた方がいいだろうな。

宿へ。急遽ネットでとったとこだけど運河の目の前で洒落てた。
水上バスの駅近くでわたしのゴンドラ乗ればすぐサンマルコ広場という立地。

レストラン併設なのでそこで食べる。
気にせず酔えるのがいい。
一人でワインあける。
ピザもおいしかった。

ここは楽園だな。







Last updated  2013年06月22日 02時06分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月18日
テーマ:海外旅行(5550)
カテゴリ:海外旅行
朝から列車でピサへ。
二時間くらい。
ピサ駅からはバスで15分くらいで斜塔につく。

歩き方には斜塔のぼるのに二時間とか並ぶって書いてあったけど、朝からいったからか待ち時間0だった!

ラッキー!

歩き方には陽気な旅人が斜塔を倒れないように支える写真とってると書いてあったけどほぼ全員やってるw

スゲーな。

さすがに一人で写真頼むのに支える真似できないな。

確かに斜めってる。
特に遠くから対称の建物と一緒にみると顕著。

近くにいくとあんまわからない。

中入ると傾きが体感できる!
気抜くと傾斜側に体ふられる。

かなり傾いてるわ。

他の施設も抱き合わせの入場券だったので見る。
人ガラガラw

帰りは駅まで歩く。
商店街がいい雰囲気。

列車でフィレンツェ戻る。

フィレンツェからさっと行ってさっと帰ってこれるな。

フィレンツェ戻って駅前のサンタマリアノベッラ教会やメディチ家の礼拝堂へ。

アカデミア美術館はやはり長蛇の列。
やはり閉館間際に再訪して並ばず入れた。

ミケランジェロのダビデ像あがる!
本物はすげーな。なんかオーラある。
入り口はいってすぐにどーんとある。

模型屋あったので入ってみる。

鉄道模型で落書きバージョンのやつあったw
500円くらいのガンプラ30ユーロとかで売られてた。どんだけ!
ミニ四駆も20ユーロとか。
ハイパーダッシュモーター売ってたw
懐かしい。


そのあとはミケランジェロの丘のぼる。
夕焼け見にたくさんの人集まってた。

自分もビールのんで夕焼けを待つ。
九時過ぎくらいにようやく。

一斉にシャッターを切る人達。
中国人がやけに多かった。

陽が沈みきると拍手と歓声!

丘にフェスのステージみたいの設営中だった。週末MTVのイベントあるみたい。
行きたかったな。
ロケーションやばい。

フィレンツェいいとこだった。
ローマより好きだな。






Last updated  2013年06月18日 23時33分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月17日
テーマ:海外旅行(5550)
カテゴリ:海外旅行
宿をチェックアウトし地下鉄でテルミニ駅へ。
自動販売機で切符購入。
行き先入れると直近の列車一覧が出てくる。
フィレンツェといれて購入。
リッチに一等にしてみた。

イタリアの新幹線はTGVみたいな感じ。一等はシート三列なので広々。

飲み物とお菓子、新聞のサービスあり。
一等だからかビジネスマンしか乗ってなかった。

ビール頼んだら無いって。
じゃワインは?

でてきた。
ワインはあるんだw

車内wifiあり。でもsms受信できないとアカウントもらえない。
でもtwitterのアプリだけは認証スルーして使えた。

一時間ちょいでフィレンツェ到着。
下車。

ホームおりるとえらいこじんまりした駅だな。日本の普通の田舎の駅みたい。
いきなり路地だし。
観光客いないし。
逆側にでちゃったかな?
逆もなんか寂れてる。。


地図見ながら歩くもなんか違う。

っかしいなぁー。

ってよくみるとフィレンツェの別の駅だ!

ガーン。なんか所要時間ガイドブックに書いてあるのより短いなとは思ってたんだよな。

券売機でフィレンツェででてきた最初のやつ迷わず買ってた。
紛らわしいな。


もう一度券売機でフィレンツェsmnといれるとすぐ電車あった。
助かった。一つ手前の駅だったのか!

リッチに一等にしたのに行き先間違ってりゃ世話ないな。

ちゃんとターミナル駅の感じ。阪急梅田駅みたいな。
これだよこれ!

駅前にサンタマリアノベッラ教会もある。

街の中心のドゥオーモにいく。
これは凄い!道の間からちょっと見えた瞬間圧倒される。

街のつくりがローマより広々としてて居心地がいい。そんなゴミゴミしてないし。
こっちのが好きだな。

昼はリゾットを食べる。
Wifiあったので宿を探してとる。
アプリで近場を検索してとった。

けど。。

予約した後に行き方調べたらまた遠い!

てか遠すぎて厳しい。。

なくなくキャンセル。

したらキャンセル量全額って!
さがるな。地図ちゃんとみときゃよかった。ネットワーク不安定でよくみれないんだよな。。さがるわ。


歩き方に書いてある宿に行ってみる。
したらあっさり部屋あった。
ジャッポーネって日本て意味の宿。
狭いけどきれいでドゥオーモから徒歩三分くらいの立地。
おばちゃんが品ある。
いいとこだな。

チェックインしてからまた繰り出す。

ウフィツイ美術館最初覗いたとき長蛇の列だったけど部屋で休んでから閉館間際にいったらまたずに入れた。

ボッティチェリのビーナス誕生とか生はあがるな。


広場では流しのギタリストが演奏してたりジャズトリオがいたり。
子供たちのオーケストラあったり。

夜中までずっと音楽が鳴り響いてる。
広場でぼーっとそれらを聞きながらまったりすごすのが気持ちよかった。






Last updated  2013年06月17日 23時19分26秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:海外旅行(5550)
カテゴリ:海外旅行
朝起きて食堂へ。
めっちゃ広い施設だな。
運動場やら教会まである。
なんなんだここは。

朝食とってるとテーブル空いてるのにあえて隣にアジア人がきた。

香港人だった。
哲学の教授だって。
そうは全然みえないけど。チューヤンみたいw
バングラデシュの話で盛り上がる。
自分以外にいってる人初めてあった。

昨日知り合った日本人と待ち合わせ。
同室で知り合った人も一緒にって!
久々旅らしい感じだな。

トルコ人でめっちゃいいキャラしてた。
よく喋る。
あれこれ仕切るw
とりあえずromanパスを買えと。
とりあえず購入。

既に行ったところまで一緒に行ってくれるんだ。いいやつだな。

そこら中の人に話しかけまくる。
凄いなこのフランクさ。
見習いたいわ。こういうの日本人なかなかできないんだよな。
一つ殻を破りたい。

まずは地下鉄B線でコロッセオへ。
地下鉄B線がひたすら落書きで埋め尽くされててビビる。ニューヨークでもこんなんなかったからな。
よく映画ででてくるやつみたいだ。

そして事件が!

この地下鉄で同行した日本人が財布をスリにやられた!
バック開けられて財布とられて札だけ抜かれて下にほっぽられてた。。

カードは無事だった。

自分も前にフィリピンでやられたけど財布持ち歩いたらダメだな。

めっちゃ混んでて出入り口付近にいたのもよくなかった。
歩き方にある手口そのままだし。

犯人っぽい隣にいたおっさんはしらばっくれてたけど、多分途中でおりたやつとグルだったんじゃないかな。。

イタリア危険だわ。

これを教訓に財布は奥にしまって必要な分だけポッケにいれるようにする。

いきなりテンション下がる一行。

気を取り直してコロッセオへ。

romanパスで並ばず入場。
得意気なトルコ人w

一目見てテンションあがる!
これヤバイわ。

2000年前にここで戦士が闘って観客が見てたんだよな。甲子園より全然でかいし。

ファイアーエムブレムの闘技場とか聖戦士星矢の世界だな。

隣にあったフォロロマーノも行きたかったけど時間に縛りのあるバチカンへ移動。

バチカンの美術館に行くと長蛇の列!
これは厳しいな。

トルコ人romanパスで入れるか確認するもダメ。
ばつの悪そうなトルコ人w

諦めて宮殿へ。
こっちも行列ヤバい。

諦めて城へ。
入り口どこかと訪ねると休館日!

仕方ないのでランチ行こうかといい店あるんだとトルコ人。

つくと休みw

どんだけw

代わりに近くのレストランに入ったら旨かった!
ラザニア頼もうとしたら豚は無理って。
そうかイスラム教徒だもんな。


昼からワインボトルあけてテンション↑↑
しかしいつの間にかトルコ人が頼んでたカルボナーラはやはりぼてっとしてた。

こういうもんなんだな。
ピザとトマトのパスタはうまかった。

美術館に戻る列なくなってる!
閉館間際が狙い目だな。
トルコ人ひたすら人差し指あわせてこのやつはまだか?と毎回絵画のあるところで言ってくるw


ようやくあったけど天井の上で遠い!
あれが超兄貴のアダムのもとになったやつか!

トルコ人隠し撮りしてたw


その後宮殿も再チャレンジ。並んでたけど荷物チェックに時間かかってただけだった。

どっちも中入る甲斐はあったな。


さらにフォロロマーノも再度チャレンジ。

が既に入場終了。
日没一時間前って書いてあるから20時くらいまでいけるのかと思った!
実際は18時半までだった。残念。

トルコ人途中から疲れて口数減ってきたw

適当なピッツェリアに入ってディナー。
シェフと意気投合!
昔はアメリカでソフトの開発やってたって。
奇遇だな。

自慢のジェラートを振る舞ってくれた。

ワインかけて食べるとうまいと。

試すもうまくないw


二人と別れを告げて宿に戻る。
するとサッカーやってる。

普通の宿じゃなくて大学の合宿場だった。


思いがけない出会いで楽しかった!






Last updated  2013年06月17日 05時33分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月16日
テーマ:海外旅行(5550)
カテゴリ:海外旅行
出発三日前に何とか航空券取ってイタリアへ。エミレーツドバイ経由で12万円だった。
土曜に細野さんと岸田のライブどうしても見たかったので土曜深夜羽田発の便にした。

いつのまに羽田に国際ターミナルなんてできたんだな。
こじんまりしてて小綺麗だ。

飛行機乗ってすぐ寝る。機内食もパス。深夜一時半発でいきなり夕食とか厳しい。

10時間ほどでドバイ到着。
上空からは一面砂漠。
中心にくると同じような高級住宅が立ち並んでた。
空港も立派。

トランジットで係りの人に場所聞いて向かうとローマ行きどうみても見当たらない。。

再度別の人に聞くとここじゃないって!
マジかよ!
モノレールみたいの乗って移動。

トランジットなのにこんな離れてるんだ。
ゲートにつくとひとしきり搭乗終わってたけどセーフ。
危うくドバイで置いてきぼりになるとこだった。


ローマへ。
エミレーツ機内の音楽がいい。
なぜかロックによってて色々聞けていい。

五時間程でローマ到着。

空港ボロい。そしてイミグレ長蛇の列。
これはインド並みだな。。
Euアメリカ、カナダ、オーストラリア意外は後回しでひたすら待たされる。
対応する列増やせばいいのに。

結局入国に一時間強かかった。

ヨーロッパでもこんなもんなんだ。
ちょっとげんなり。

入国審査自体は一瞬だった。
日本人かオッケー!

軽いノリだな。
入国スタンプも無いんだ。こんなん初めて。

電車でローマ市内へ。

驚いたのが車窓から見える壁という壁が落書きだらけ。
これはアートなの?
日本の落書きよりはカッコいい感じはあるけど。
停車してる車両も落書きまみれw

車内で日本人に話しかけられる。
同じ便だったみたい。
とりあえず一緒にまわることに。

その人はwebで宿押さえてたらしくとりあえずいってみることに。
三泊で54ユーロって安。駅前なのに。

自分もと部屋見せてもらうと一泊30ユーロだって。値段全然違うな。。
他のジェントルマン達と一緒だがいいか?

部屋をみせてもらう。

どうみてもジェントルマンじゃない感じの方達がベッドにねっころがってるw

昼とっくに過ぎてるのに。
丁重にお断り。

宿のwifi使って適当に他の宿予約。

ローマ適当に歩いてると見所にぶち当たる。
人がわんさかしてる。

道はすべて石畳で歴史的風情が保たれてる。首都でここまで歴史的景観残してるって凄い。
近代的ビルとか一切ない。

トレビの泉やナボナ広場とかどれも一目で感動する。

ひとしきり歩いたので適当なレストランへ。

ピザとパスタ。ピザは普通に美味しかったけどパスタカルボナーラがめちゃぼってりしてる。
1日前に作りましたってくらいw

これが本場のカルボナーラか!

それからバーでちょっと飲む。
Midoriってカクテルあったから頼んだけど確かに緑だった。そしてまずいw

日が異常に長い。
20時でもまだ明るい。
結局21時くらい日没。
夜が短い。
長く活動できていいな。
これでもサマータイムで一時間後ろだおしてるのに。

適当に押さえた宿が実は遠い!
地下鉄A線の終点出前。
終電間際の地下鉄で向かう。

駅でて探すもその番地がどうしてもない。。ひたすらさまよう。

でかいホテルあってここかとフロントで聞いてみる。

一番違いなので向かいだ!と冷たく突き返される。。

向かいになんてないのに。。

再度探すと高い門にそれらしき名前の看板あった!

とてもホテルに見えない。

門は閉ざされてて気づかなかった。

呼び鈴ならすと空いた。

なんとかチェックイン。ホテルって感じじゃないなぁ。でも部屋はそこそこだった。

疲れきって就寝。






Last updated  2013年06月17日 01時02分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月09日
カテゴリ:海外旅行
5/1
いくつかの遺跡をバスでまわる。オリャンタイタンボが特によかった。
マチュピチュだけじゃないんだな。
ガイドが日本人並みに時間きっちりしてる。毎回時計確認して10分後に集合とか。
遅れたフランス人しかってたしw


5/2
リマ行の飛行機が遅れてる。レストランで食べてまってろと券が配られる。
レストラン行くとその客達で大混雑。
なんとかサンドイッチ食べて3時間遅れで飛んだ。
こりゃナスカは無理かな。。痛い。
ペルービアン安い分遅れるってのは本当だな。。
リマつくとおばちゃんいた。
ピスコからナスカ行けるって。
よかった。
靴はきかえたいとよくわからん理由で家に招待された。
かなり立派な家。
クスコで世話してくれた元旦那の写真も。今は娘と息子とくらしてるらしい。昼飯をご馳走になる。

色々話してたら明日休みだからピスコまで一緒に行くとかいいだしたw
それはちよっと。。

一般のバスだから危ないとか。
いや自分はあちこち一人で旅してて大丈夫だからと力説。
とりあえず宿と飛行機の予約だけしてもらった。

そしてバスターミナルまで一緒にきてくれた。トモダチだからって。

バスは道もよく快適だった。
5時間くらいかかったが。。
ピスコついてタクシーで宿へ。
安いわりにはプールもあってかなり高級感ある宿だった。

5/3
朝タクシーでピスコ空港へ。
空港着くと日本語話せる人が対応してくれた。
ちゃんと予約入ってた。よかった。
他はみんなツアーの日本人だった。

地上絵のマップも日本語つきだし。
それにしても日本人多い。他の国だとアジア人だと中国人か韓国人なのにな。まぁGWってのもあるだろうけど。

セスナで40分くらいでナスカ到着。そこから地上絵ツアー。

ガイドが宇宙人羽のした!とか案内するw
ひたすら旋回するのがマジ怖い。
うっすら見えるやつとか認識するの難しい、でも凄いわあんなもん作ってるのが。
当時書き終わった後できばえを確認する手段なかったろうに。

着陸するときはガイドが操縦した!ガイドと思ってたけど副操縦士だったのか!

おもろかった。
タクシーとバス乗り継いでリマへ。
強行だったけどナスカも見れてよかった。






Last updated  2012年05月10日 06時14分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月08日
カテゴリ:海外旅行


4/29
朝2時頃目覚める。寝れない。これが時差ぼけか。

4時に迎えがきた、でも何故か二台。前日と同じ運ちゃんの方に乗ったが多分こいつは勝手にきたんだろう。もう一人は怪訝な顔してた。
なんかごめん。

空港ついたらおばちゃんいた。クスコで友人がまってるからと。それは旦那さんかと聞くと元旦那だって。
色々話をきく。

一時間でクスコ到着。おっちゃん待ってた。ホテルチェックイン。バストイレつきだ。
電気もつく。

少し休憩して市内観光。
日本人ばっかだ。
教会と近郊の遺跡を見学。
英語ガイドだったけど日本語もうまかった。
途中アドボの看板がたくさんあった。フィリピン固有の料理じゃなかったのか!ガイドにたずねるとペルー料理だという。材料がペルー固有だからって。どうなんだろ。スペインからきたのかな。やっぱり。

教会の最後の晩餐の料理がペルー料理のネズミだったり、マリア像が山の形をしてたり、ローカライズされてた。フィリピンもそうだったのかな。

教会の石垣の部分はインカ時代の建造で地震でコロニアル建造物が倒壊してもそこだけはびくともしなかったらしい。
確かに巨大な石で繋ぎ目もぎっしりしてて頑丈そう。

ツアーが押して日が落ちてもう遺跡とか見れない感じ。

それでも後二つ行きますって。。
見えないじゃん!

携帯のフラッシュでかろうじて見るw

宿戻ってから友人と会う。1日づれたばっかりに結局会えたのはこの晩御飯だけw
まあ会えただけよかったな。
話によると鉄道のチケットは普通にあったらしい。。まぁ飛行機無かったから厳しかったけど。

4/30
朝6時に出発しバス鉄道を乗り継いでマチュピチュへ。
ビスタドームといって屋根がガラスばりで景色がいい。さらにバスでマチュピチュへ。
英語ガイドだけど日本人ばかりだった。二時間さらっとガイドしてもらいその後はじっくりインカトレイル歩いたり6時間くらいいたかな。
おおって感じ。でも棚田はフィリピンも負けてないと思った。

途中阪神の帽子かぶってるペルー人いてテンションあがる!
大阪に五年住んでたらしい。
和田とか新庄とか八木とか知ってた。

日本人向けのガイドでその雇ってる人はフィリピンいったことある人だった。まさかマチュピチュでジョリビーの話するとはw
タガログ語のいくつかがスペイン語からきてる話もした。
帰りのバスがなかなか出発しない。一人何やらもめてる。添乗員がひたすらセニョールってなだめてる。まわりは恐らくスペイン語で帰れコールw
凄いな。

険悪な雰囲気のなか添乗員の子供が泣きそうな顔しながら歌うたいだした。  和ますためか偉いなと思ったら、その後チップ受け取りにまわってたw
たくましい。
結局ホテルついたの12時過ぎ。日帰りはきついわ。
まぁ十分堪能したけど。






Last updated  2012年05月09日 00時14分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月07日
カテゴリ:海外旅行


4/28
リマに到着し、コンドルツアーという代理店へ。
一緒にペルー行く友人が一足先にツアーを申し込んだので同じツアーできてくれとのこと。担当にその旨既に伝えあると。

カウンターに行き友人と同じツアーで行きたいと告げる。

調べると今日は飛行機無いので無理だって。えー。
それとマチュピチュから帰ってくる電車のチケットもないって。

マジかよ。

そういや非公開予約してたな、帰りの電車なかったらマチュピチュで泊まればいいしな。

予約番号を渡しみてもらう。

予約ヒットしないって!

またかい!
今日行くなって運命なんですよってw

もういい。自力でチケット探すよ。

各航空会社のカウンターへ直接いく。

すると全社チケットなし。。

こりゃどうしょうもないな。

途方にくれてるとトモダチと声かけてくるおばちゃん。

クスコ行くのか?チケット探してくれると。もうこれにすがるしかないな。。

930の便ならある!カウンターへ走れってもう9時過ぎてるし!

ダッシュでカウンターいく。
もうクローズしてるって。。
がっくり。

また調べてくれるもやっぱり今日は無理だって。明日なら260ドルだって。もうそれにするか。

発券してもらう。名前確実すると間違ってる!

ダメじゃん。なおすから待ってって。
修正に一時間以上かかった。疲れた。
ついでにクスコのツアーも申込んだ。現地で自力で手配する気力もなくなってたし、全込みで330ドルなら悪くない。
リマの宿も手配してもらいタクシーで宿へ。
疲れた。

宿はミラフローレスという高級住宅街にあった。でもトイレバス共同で35ドル。電気もつかないし。。

腹へったので近くのラルコマルというモールへ。
太平洋が見渡せて絶景。ミラフローレスは太平洋沿いの垳の上にある。あちこちにtsunamiの標識があったが避難経路か?こんな崖の上でも津波くるのかな。自然の堤防だな。

レストラン探すとフライデーズ、アウトバック、チリスとマニラにある店ばかり。。

あきらめてメトロポリターノという専用レーンを走るバスで旧市街へ。
バウチャーを自販機で買わなきゃいけないのだけどスペイン語のみ。

きついな。

でもなんとなくnovaって書いてあるのが新規発行だろう。無事購入して旧市街へ。

綺麗な街だな。教会をいくつかまわる、地下にある墓場が凄かった。大量の遺骨がむきだしで置いてあった。

疲れたので宿へ戻り早めに就寝。






Last updated  2012年05月08日 00時57分49秒
コメント(0) | コメントを書く

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.