132099 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小説メインHPです!=暗黒神剣のHP

忘れられしK

あれは、私が大学生の時だったと記憶している。
今から考えると、あそこまで自己を貫き、どこまでも他人を拒絶した者を私はお目に掛からない。
平気で嘘はつく、相手の話を聞かない。
これは、普通の嫌な奴であろう。
しかし、彼は…違った。
否、そもそもの前提が通じてはいなかったのだ。
もう、誰もが忘れてしまった…Kの事を。
私は、思い出そうと試みる。
あの、彼と出合った大学での事を。
                       謎の男 ~??~

彼と私の出会いは本当に偶然だった。
どちらかが、何かをするわけでもなくただ偶然だった。
「お前さ、あれ知ってるか?」
これが、彼の第一声だった。
初めて出会った相手に、図々しくも場違いな話題を振ってくる。
私は、思った。
こいつは…何だ?
と思わずには居られなかった。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.