伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

全3302件 (3302件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018年12月14日
XML

秋に咲いたホトトギスのタネの収穫期を迎えました。今年は大きな台風があり大分塩害で枯れてしまっていますが、きっと今年は地上部分を諦めてしっかり根だけ残して春に芽を出してくれると思います。
種の採り頃はタネのサヤの先端が開いてくるからわかります、私にはエサを欲しがっている小鳥のくちばしのように見えます。
サヤひとつに結構な種が入っていますが、サヤごとにずいぶん量も大きさも違います、写真は3つのタネをそれぞれ分解したものです。












最終更新日  2018年12月14日 14時33分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月08日
カテゴリ:伊豆大島案内
天気と波の具合に阻まれて伸びていた今シーズンの「ブダイ釣り」の初回が実現しました。吉兆でいえば大吉です。
8時に家を出て14時まで粘りました、午後から風が強い北風に変わりうねりが出てきたので終わりにしました。
釣果はブダイが12枚、それに黒いカサゴと赤いヒゲダイのような、それぞれ1匹ゲット全部で14匹でした。島人はコマセの海藻を投げて魚を集めて浮かせて釣る人が多いかもしれません、うまく集められれば大漁です。
私はブッコミというオモリを仕掛けの先端に付けて海底に落とし込み、たまたまエサを探しに通りかかったブダイがカニエサを見つけてくれて食いついてもらう釣り方なので効率が悪い釣り方です。それでも約半日で12枚のブダイ二桁釣れたということは長年の念願が叶った今シーズンの初日でした。型もよく大きいので1キロ小さくても600グラムとよく肥えた身厚のブダイでした、一荷といういっぺんに2匹食いついて連れたりしたのでちょうど魚が集まっていた良い場所だったに違いありません。
家に戻ってから魚をさばき、もう十分に満足のはずでしたが、翌朝になるとまた行きたい、そう思う釣ってよし食べてヨシの癖のある魚です。写真が12枚+外道が2匹の証明です。







最終更新日  2018年12月08日 10時42分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
去年の夏から冬にかけての展覧会が大好評だった「没後40年幻の画家不染鉄」、一躍時の人となり一気に幻の画家ではなくなった。画集も出た。
そして来年の一月中旬にはテレビ東京系列の「美の巨人」でも取り上げられるそうだ、先日取材班が大島に見えました。作家の一枚の作品にスポットを当てた番組なので、不染鉄の大島を描いた作品が紹介されるのかもしれない。
冷静に考えれば、大島から伊豆半島・富士山を見た「山海図絵(伊豆の追憶)がふさわしいと思うのだが、さてどうでしょうか。






最終更新日  2018年12月04日 11時28分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月30日


「山頂カルデラのサクユリ7を保護しましょう」のポスターはサクユリを守る会と環境省伊豆諸島管理官事務所と大島町の三者連名で作られています。






最終更新日  2018年11月30日 17時00分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月29日







今日の新聞に「サクユリを守る会」のチラシが大島全島に折り込まれました、百合の惨状をはじめて知った方が多いのではないでしょうか。

私は大島に自生する自分が好きな野草や樹木を殖やしてきましたが、「三原山のサクユリ(山百合)が大変なことになっている」ということを聞き、百合のことは何も知りませんが保護活動をしている会に入れてもらいました。

何度か打ち合わせを重ね、まず現状を知ってもらう為にポスターとチラシ(新聞折り込み)を作ろうということになりました。

ポスターはヤマユリを守る会と大島町、環境省伊豆諸島管理官事務所の三者連名で、チラシはヤマユリを守る会発起人5名の自腹で新聞折り込みしました。

 

何かありましたら、会の5人の発起人にご連絡ください。

続報は随時このページで紹介させていただきます。







最終更新日  2018年11月29日 20時44分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類



いつも催し物があるとハガキで連絡を下さる(株)椿さんからのご案内です。

講演会のご案内
「日本から世界に広がったツバキの仲間」
11月28日(水)18時から19時30分まで
開発総合センターにて
大島ツバキ協会の会長さんがお話されます

聞きに行ってみようと思っています。






最終更新日  2018年11月27日 13時34分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日の午後4時過ぎ、あんこ人形を作りにお客さんが寄ってくれました、椿の木を彫って色付けする体験です。
小学4年生の女の子とそのお母さん、どこへ行っても何かを作っています、面白かったと言って暗くなった道をお宿へ帰ってゆきました。右が女の子の人形です、家で飼っているのか聞くの忘れてしまいました。







最終更新日  2018年11月25日 14時56分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類




昨日私の女房殿が磯へ付き添ってくれて、釣った魚を描いてくれた2枚分のはがきを合体させました。
下の絵は絵手紙のお師匠さまの「ブダイ」です、2枚分が合体になってます、迫力満点でさすが先生の作品です、両方ともオスですね。先に尻尾の方を出して届いたころに顔の方を出すそうです。
 お化粧してどこへ行くの ブダイさん ちょっとそこまで







最終更新日  2018年11月24日 14時51分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月23日
2015年12月に大きな手術をしましたが、順調に回復してきた春先、どうしてもブダイ釣りに行きたくて女房殿にいうと、まだ心配だから駄目だと言われた。それなら保護者でついてきてくれと頼んで一緒に行ったブダイ釣り、その釣果を女房殿が描いてくれたものです。絵手紙2枚に分かれています。何枚釣ったかわかりませんが坊主(一匹も釣れないこと)ではなかったようです、モデルがいたのだから。こんな付き添いは生まれて初めてだった。












最終更新日  2018年11月23日 16時28分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月22日


狙っている魚はこんな姿をしています、ブダイ(舞鯛とかきます)色鮮やかで釣りたてはこのようにきれいです、これはオスです、鯛の仲間ではありません。

すっかり寒くなる前に、今シーズン初参戦一度磯場へと思いすっかり用意して寝たのですが、昨夜の豪雨の後北風が強まり私が目指す北部の磯はうねりが出てしまっていました。
折角泉津まで様子を見に行ったので、女房殿の畑に寄り「3雑草(トバクサ・スギナ・コウブシ)に占領されつつある耕作地」の土の掘り起しに挑戦。思うようにははかどりません、もうくたくたです。






最終更新日  2018年11月22日 15時57分48秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3302件 (3302件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…
 靭帯5号@ 遅れて拝見しました。  二けたの釣果おめでとうございます!!…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.