伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

2005年10月18日
XML
カテゴリ:伊豆大島案内
一時期大島の牛乳風呂は評判を呼んでいた。知り合いから何時頃の話なのか調べて欲しいと頼まれたので、分った事を忘れないように書いておこうと思う。
江戸時代に江戸から荷役用の馬や牛が持ち込まれ繁殖したが、明治後期になってホルスタイン種が移入されお乳を搾るようになる、大正末の全国畜産博覧会でエリザベス吉川号は1ヶ月の搾乳量日本一になっている、どの家でも飼っていて1200頭も居たという。豊富にあったお乳を搾ったカスなのか何だか良く知らないが、脱脂乳を使って「牛乳風呂」を観光客向けの宿のサービスとして出し始めたのが昭和の初期だった、私が小学生時分に給食に出た牛乳が脱脂乳だったと思うが、ああやって粉を溶かせて風呂に使ったのだろう。昭和8年頃に来た版画家棟方志功の挿絵には「牛にのぞかれながら牛乳ブロに入っているところ」がおかしく描かれている。戦争の影響で酪農は一時衰退したが、今も大島牛乳や牛乳煎餅が好評を得ている。何故大島で牛飼いが成功したのか、餌となる茅(かや)やアシタボ、さつまいもなどが沢山あり、オマケに海から飛んで来る『潮のしぶき』が作物について適度な塩気も摂取でき、島人が大事に育てたせいだと伝えられている。病弱や結核療養で大島に来た画家たちも牛乳ブロやミルクを飲んで元気をもらった、そういう紀行記も残っている。質問の答えは、「牛乳風呂は旅館の入浴サービスで昭和はじめから昭和20年頃まで行なわれていた」だ。






最終更新日  2005年10月18日 15時12分36秒
コメント(1) | コメントを書く
[伊豆大島案内] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。

コメントに関しては、こちらをご確認ください。


 Re:牛乳風呂の頃(10/18)   後藤久太郎 さん
 僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿(大学の)で訪れた際、牛乳風呂に出会いビックリした思い出がある。ということはこの頃にもまだあった事となる。
 あわせて、小学生の頃、米軍が強制したという、家畜用の脱脂粉乳の給食の「ミルクもどき」の臭いも思い出した。 (2017年05月05日 08時27分22秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…
 靭帯5号@ 遅れて拝見しました。  二けたの釣果おめでとうございます!!…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.