伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

2006年12月27日
XML
大島の陶芸家「元浪窯・川浪ときわ」のてびねり作品を今日から置けることになった。まだ展示頒布できる点数はごらんのとおり少ないが、椿釉や桜釉を使った温かみ溢れる花器や小物類。時々取り換えてもらいながらお客さんに見てもらいたいと思っている。(3000円から40000円くらいまで)
平成5年第18回日本手工芸美術展理事長賞、平成8年女流陶芸主催第30回女流陶芸展(毎日新聞社)入賞。
     
     栞には  土・水・木・炎・時、ただただ自然の恵みに生かされ生まれたこの土のかたち、
          唯一私がなし得たことは無心でありたいとの希いをひとゆびひとゆびに託した
          こと
         「我」の存在が段々消えていく、そして光と闇のもっとむこうの大いなるものへ
         「在るべきもの」が「在るべきように」と想いが祈りにかわる






最終更新日  2006年12月27日 15時08分32秒
コメント(0) | コメントを書く
[あんこ人形・木工芸・資料館] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) New! 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…
 靭帯5号@ 遅れて拝見しました。  二けたの釣果おめでとうございます!!…
 あんこさん26@ ぜひ見せてください 書き込みありがとうございます カラーの…
 名無し@ Re:データーを引き渡す(02/13) 藤田嗣治の「大島の娘」について記述があ…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.