伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

2012年12月22日
XML
もう20年以上も磯に通ってきました。
どういう訳か「初物のはんば」には縁がなく、年明けてから一回目の大潮(15日ころ)から出かけていたので、いつも誰かが採った後の短い硬いはんば(海藻の一種で岩につく)ばかり採ってきた、12月ではまだ早いと思ってきた、様子だけ見に行った年もあった。
この前の休館日(20日の木曜)に元町の磯で2時間ほど「ブダイ釣り」をしたが、全くアタリがないのですぐに引き上げた。
その時に少しだけだが「長いはんば」を見つけたのだった。
あれーもうこんなに育っているのか、しかし私がこれまで採ってきた場所にはカケラもない。
そこで考えた、椿や桜と同じように海藻にも早咲き、遅咲きがあるのではないか、と。
昨日は小潮回りで夕方6時過ぎが潮が引く時間(あまり引かないが波が穏やかなら可能性がある)だったので、閉館時間をフライング気味に飛び出して「私がいつも採っているハンバの磯」に電灯を持って行ってみた。
いつもだったら「何もない岩」にまだ短いがびっしりとハンバが付いていた。ちょっと離れた毎年付く岩場に行って見たら影も形もなかった。
やっぱり早く成長する岩と遅い場所があったのだ、いつも遅い場所に毎年行っていたことになる。今度の大潮は26日ころだ、昼間はあまり潮が引かないから夜の9時頃が狙い目となる、それまで軟らかいハンバがゲットされることなく残っていることを願いつつ、じっと待つことにする。
初物は1キロくらいありました、一冬分くらい楽しめる量です。
今シーズン何度か磯に通い早生のハンバの岩場の情報を仕入れて次回に備えるつもりです。

  • 2012122118400000.jpg






最終更新日  2012年12月22日 15時31分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[島で咲く花や生き物] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) New! 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…
 靭帯5号@ 遅れて拝見しました。  二けたの釣果おめでとうございます!!…
 あんこさん26@ ぜひ見せてください 書き込みありがとうございます カラーの…
 名無し@ Re:データーを引き渡す(02/13) 藤田嗣治の「大島の娘」について記述があ…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.