伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

2015年02月21日
XML
カテゴリ:伊豆大島案内

元町から南、野増方面を見ると東京電力の鉄塔の奥に建物のような見慣れない場所があり数日前から気になっていました。

今朝暖かかったので軽トラックで見に行ってみました。方角から見て大宮沢の上流だと見当をつけて野増集落の墓地上から入ってみました。三原山に一番近い村(ということは急峻な地形)と言うことになろうかと思います。子供の時によく林道を横切り、外輪山の石積みまで結構速く登れたことを覚えています。

集落が横に広いというより縦にも広くてこんなところにも家が、というような場所にも大きな家が建っています。

大宮沢の一番上の展望台まで行ってみましたがそのような場所は見つけられませんでした。都道からは見ることが出来ませんが奥まで入ると「深い沢に土止めを作る工事」をしていました。深い沢です、この沢の怖さを一番知っているのは工事関係者なのかもしれません。

野増林道まで行ってみる気にはならなかったので帰りは堰堤沿いの道を下ってきました。緑化の為に植林したと思われる添え木をした樹木が見えましたが、メインの樹より雑木やススキの方が勢いがよくて効果は期待薄。

家に戻ってデジカメの写真を拡大してみると、肉眼ではわからなかった構造物らしきものがはっきりと見えました。なんだろうと思った場所はさっき行った大宮沢の第一展望台(東屋)の法面のススキらしい植物と傾斜した広場のコンクリートが見えていたのでした。

暇人だと思われるかもしれませんが、好奇心があるんだなー、そう受け取ってもらえるとうれしいのですが。まだまだ不安定な場所がここにもあった、そう実感した沢です。あの大雨の時の雨雲がもう少し北か南にずれていたらあんな長時間の大雨にはならなかったのに、今も天気予報の画面の真っ赤な雨雲の帯が元町から岡田・泉津方面に流れる映像が目に残っています。

P1010131.JPG

鉄塔の右奥に茶色く見える四角い場所です

P1010123.JPG

大宮沢上流の広場にある「東屋」から元町を望む 右に見える山は愛宕山

P1010128.JPG

振り返れば、もうそこに三原山の外輪山が迫っています、大木があります。上に行くほど深くなる沢です







最終更新日  2015年02月21日 11時59分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[伊豆大島案内] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 通りがかりの人@ Re:伊豆大島椿まつりパレード(01/27) タイトルとは違うのですが、 古い記事の h…
 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.