伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

全279件 (279件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

カテゴリ未分類

2019年05月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
第3巻紀行記編の収録されている100名近い文人のお名前とタイトルのリストです。興味ある方向けの内容です。何かありましたら編集員の藤井までご連絡ください。090-4026-0645です

大島町「伊豆大島文学・紀行集」第3巻紀行記編資料(発表中になっています)

 

アーネスト・サトウ 伊豆大島 (明治14年) 

井上円了 伊豆大島紀行 明治42年 

里見弴  大島ゆき 1909(明治42)年 

幸田露伴 昔日の大島 (大正元)年 大島ものがたり (明治45)年    

巌谷小波 平和の島 (大正3)年 俳味の大島 大正9 

大町桂月 火を噴く島・配所の月 (大正3)年  大島の導者 昭和3年 

素木しづ こゝろ (大正3)年 

松崎天民 大島より (大正4)年 

吉田常夏 泣きに来た島 玉の緒 寂しい大島より 火と花と女の島 大正6年 

吉田静代 ひとつの流れ(一部)(大正4)年頃  

土岐善麿(哀果)孤島雑筆 大正4年 

土田耕平 島日記 大正6年 

椿咲く島(おとぎばなし) 大正6年 

荻原井泉水 椿咲く島へ 大正8年 

今和次郎 伊豆大島の住家 (大正11)年 伊豆大島のキモノ(昭和13)年 

谷川盤雄 大島民俗拾遺 (大正15)年 

田邊尚雄 伊豆大島の民謡  昭和2年 

高田義一郎 らく我記 昭和3年     

徳富蘇峰 大島遊記 (昭和4)年 

中村清二 伊豆大島漫談 (昭和4)年 

三原山 ・伊豆大島のとぼけた話  昭和13年 大島御神火の誇り 昭和2年 

徳田秋聲 大島の一夜  昭和4年

松田解子  大島の半面 昭和4年 大島の海 昭和9年 大島の夏 昭和13年 回想の森(一部)(昭和54)年 

加藤淘綾 伊豆大島 昭和5年 

藤森成吉 大島風物 昭和5年 月と花の島 昭和9年 島に寄せる愛 昭和50年 

大佛次郎  南伊豆の海岸 昭和6年

林芙美子 大島行 (昭和8)

与謝野晶子 大島に遊ぶ 昭和8年 

サトウ・ハチロー 婦人倶楽部爆笑隊 伊豆大島三原山偵察記 (昭和8)年

加藤恵三 伊豆大島の旅 昭和8年

佐藤惣之助 島のぶだひ 昭和9年 

西條八十 私の作詞帖から 昭和9年

わが大島礼讃の記   昭和10年下田から大島へ 昭和11年  

モウリス・デコブラ 椿のマドンナ (昭和9)年 

木村毅 きむら き デコプラと三原山に登るの記 昭和9年 

小島政二郎   大島の話 (昭和9)年 クサヤのはなし(一部) 昭和35年 

井上友一郎  三原火口の悲劇を悼む (昭和10)年 

兼常清佐 波浮の港、差木地村 昭和10年 

浦本政三郎 大島より伊豆の旅(一部) 昭和10年 

杉村楚人冠 大島 昭和11年 

牧野富太郎 大島櫻  昭和11年 

本田正次 伊豆大島の春  昭和11年3月 

萩原朔太郎 大島行 昭和11年 春の旅 昭和13年 

丸山薫 大嶋の娘 昭和11年

井伏鱒二  伊豆大島 (昭和11)年 

坂口安吾 流浪の追憶 昭和11年 安吾巷談湯の町エレジー 昭和25年

消え失せた沙漠―大島の巻― (昭和26)年 

富岡丘蔵 伊豆大島の民家 (昭和11)年 

豊田三郎 火口より (昭和12)年 

山本實彦 大島紀行 昭和12年 

中村草田男 家族・友人への手紙 昭和13年

金田一春彦 伊豆大島を憶う 昭和62年 

大島の春 わが青春の記 平成6年  

斎藤清衛 大島に渡って (昭和14)年 

依田秋圃 大島 (昭和16)年 

中村地平 大島紀行 船出の心 昭和18年 

本山桂川 伊豆諸島の服装 昭和18年 

中村武羅夫 椿咲く島へ 昭和23年  

田村泰次郎  大島 (昭和24)年 

三島由紀夫  修学旅行 (昭和25)年 

小山いと子  こや大島紀行 (昭和26)年 

林甚之丞 苦労した頃の話・伊豆大島の巻(一部) 昭和26年 

古志太郎 こし たろう島の椿 (昭和28年)

斎藤吉永 伊豆大島の秘境 (昭和29)年

江口渙 真夏の大島の一夜 (昭和29)年 

川端康成 伊豆の思い出(一部) 昭和29年 

河上徹太郎 大島の猟(一部) (昭和30)年 

辻まこと 大島のうらおもて (昭和30)年 墓標の岩 昭和37年

アレクサンドル・ワノフスキー 火山と太陽(一部) (昭和30)年 

戸川幸夫 大島の裏道に鹿を追う (昭和32)年 野犬物語 昭和40年

白鳥省吾 伊豆大島ゆき 昭和32年 

宮尾しげを ひいみさまほか (昭和36)

パール・バック 火山の島・大島の椿 (昭和36)年 

篠原一 牧歌  昭和36年 

安良岡康作 伊豆大島 (昭和38)年 

宮本常一 伊豆大島 昭和39年 明治初年の伊豆諸島(一部) 昭和59年 

宮本アサ子 逝きし夫の思い出 伊豆大島の家のこと (昭和62)

斉藤潤 常さんに誘われて 伊豆大島(上)(下)平成19年 

中川善之助 御神火の島 (昭和40)

田中芳雄 大島回想記 (昭和40)年

小松左京 黒潮に秘められた伊豆七島の謎(一部)(昭和42)年 

加藤輝男 波浮の港  昭和42年

上林暁 大島野増にて (昭和43)年 

林浩二郎 八月の北東風 44年  夜へ 昭和48年

一色次郎 夜の草(三原路)(昭和45)年 流人の島を行く 昭和50年 

上村占魚 御神火 昭和48年

松川伊勢雄 ひいみさま 昭和48年   

真壁仁 大島の旅 1977(昭和49)

長部日出雄 アンコ娘のいる町(大島)(昭和49)

竹内勉 古い「あんこ節」を求めて(昭和53)年 

三浦綾子 大島にて 1983(昭和58)年 

猪谷六合雄 大島行(三原山)(昭和61)年 

宮地佐一郎 伊豆大島紀行上中下 (昭和61)年 

伊豆大島余聞上中下 (昭和61)年 

鈴木亨 伊豆大島 昭和61年 

辰濃和男 椿の島 1987(昭和62)年 

吉行淳之介  鋸山心中(一部) 平成元年 

高田宏 浄化する火の下に (平成3)年 伊豆大島噴火  

嵐山光三郎 大島 1991(平成3)年 

立松和平 終わりない旅伊豆大島へ 平成5年 

早坂暁 伊豆大島に訊く 平成10年 

小島英記(ひでき)(筆名英熙 ひでひろ) 一刀斎を追い伊豆大島へ 平成10年

石川好 南海の稲妻 大和の虹(一部)(平成11)

赤坂憲雄 幻の「大島雑記」 (平成12)年 

宮本一宏 宮沢賢治と大島農芸学校 (平成13)年 

赤瀬川原平 伊豆大島 散歩の学校 (平成20)年 







最終更新日  2019年05月02日 13時44分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類






1月27日昼前に椿まつりパレードがドームのそばを通ってゆきました。
例年のように三原山とお神輿と工房を入れて写真を撮ってきました。

それから「あんこ猫」は居ないかと探してみたら、こんなところにいました。こうやって毎日お目見えしてくれれば人気者になれるに違いありません。









最終更新日  2019年01月27日 12時20分23秒
コメント(1) | コメントを書く
2019年01月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
1月24日毎日新聞に「伊豆大島のあんこ猫」の記事が載ったようです。
担当の記者さんから電話で知りました。​デジタル配信もされていますが​、まだ新聞記事は見てません。






最終更新日  2019年01月24日 13時47分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類


不染鉄の山海図絵が美の巨人たちで放映されました。
大正12年に発表された「海村」という作品は、岡田村高台の塚の本というところから見下ろした「岡田村と海岸の様子を描いた絵」です。おそらくこの絵は不染鉄が最初に大島を描いて発表した作品だと思います。
展覧会カタログを見るとこの作品は個人所蔵となっていましたが、画像は暗いモノクロ写真でした。不染鉄の展覧会がおこなわれることが決まった後に、奈良美術館の学芸員さんが大島調査に見えた時には所在が分らないということでした。しかし経過は分かりませんが、作品が見つかったから、という連絡を奈良から頂きました。その絵は東京ステーションギャラリーに展示されていました、大きな絵でした。
「山海図絵」を上において、「海村」を下に配置して見てみたい、と図録に書かれていました。どんな風に見えるのかピンときませんでしたが、昨夜の放送でようやくわかりました。
塚の本から見た風景のその先の海を越えたところに伊豆半島があり富士があり日本海まで続く風景が繋がっているんだということでした。
「伊豆大島文学・紀行集」第4巻絵画編で不染鉄大島作品を紹介する時にはこのように並べて掲載してみたいと思います。大島の時得先生もお元気そうにお話しされていました、よかったです。






最終更新日  2019年01月20日 11時02分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日夜10時からテレビ東京「美の巨人たち」​で不染鉄の作品が放送されます。
伊豆大島野田浜海岸から伊豆半島を見た大きな作品ですが、その中には海の中の魚から伊豆の町並みや富士山、その奥にある山々からその奥の日本海まで細かく描かれている傑作の一枚の絵「山海図絵(伊豆の追憶)」が取り上げられます。NHKの日曜美術館でも前に取り上げられましたが、今回はどんな切り口になるのでしょうか、楽しみです。

1月19日テレビ東京午後10時から30分放送

1月26日BSテレビ東京午後6時から30分再放送 です






最終更新日  2019年01月19日 16時08分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類


大島町が刊行を続けている(今までに2巻発行済み)「伊豆大島文学・紀行集」第3巻の2回目の校正原稿のチェックがようやく終わりました。
第3巻は「紀行記編」になります、100人の文筆家が大島を訪れた時に書かれたものを探し出して、本にできるように打ち込んだ文章を間違いがないかチェックしている最中です、3巻は全部で900ページを超す大作になります。
私はこの町の事業の出版編集員の一人としてずっと係っています。
出版社との発刊契約では、校正は3回と決められていますが、2回目のまだこれだけの修正箇所があります、1回目より増えているような気もするので、どうなるのかちょっと心配になります。
何とかひとつでも間違いを減らして、後世に残せる大島の宝シリーズ4巻を完成させたいと思っています。






最終更新日  2019年01月14日 13時54分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
若くして永眠した洋画家村山槐多の伊豆大島作品です、画像が悪くてすみません。
この2点のほかに「大島風景」という作品があるようです、一度画像で見たことがあるのですがこの2作のような印象に残る作品ではなかったと記憶しています。









最終更新日  2019年01月10日 08時01分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類

しばらく離れていたオス(とおもわれるメジロ)は近くまで寄ってきて気配を見ながら知らん顔をしています、奥にいるメジロです。
メスが腹八分目になった頃にエサに近づき、めでたく食事ができるのです。この間合いを前倒しにして近づくとくちばしで追い返されて囲いから出されることになります。もうメスは腹いっぱいで目がとろんとしているように見えます。




姿勢よくミカンを食べていただけるようにエサを前より高い場所に置くようにしました、背伸びして食べるようになりました。






最終更新日  2018年12月30日 11時43分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
来年​1月19日夜10時からのTV東京の「美の巨人たち」に不染鉄の「山海図絵(伊豆の追憶)」​が登場。
この番組は画家の一枚の絵を取り上げて紹介するものです。
東京と奈良でおこなわれた展覧会を経て、忘れられた画家・幻の画家から「天才画家」へと評価されるようになった画家の一枚は大島から望む富士山とその奥に日本海まで見渡した俯瞰図です。







最終更新日  2018年12月28日 12時08分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類



ちょうど今頃がシーズンだと思って「ホトトギス」のタネをもらいに行ってきました。株によってまだサヤが堅いのもありましたが、おおよそ全体のタネの数の2割ほど、ビニール袋の中でサヤを振ってもらいます。あとの8割のタネはサヤがもっと大きく開いて風が吹けば自然に飛んで地面に着いて春に芽が出ます。

この大きな群生は山の中腹の町道に面した土手に約30メートルにわたり自生しているのですが、前はこの時期に草刈り除草の作業の人たちが入りきれいに地上部分を刈ってしまうので、タネをもらうための競争をしていました、競争と思っているのは私だけですが。
どうやら財政的に厳しくなっているのか、もしかしたら今の時期の草刈りはやめたのかもしれません。これまではまだ若いさやの段階で刈られていました、分類から言えば雑草扱いですから。
地上部分が刈られても根がそっくり残っているので毎年絶えることなく土手で育っています。

これまでの経験から思うことは、種から育てた株や他から移植した株のタネは付きにくいなということです。根がしっかり張っていなくて実らす力が蓄えられないのか、ほとんど種が採れません、何が原因なのかわかりません。だからと言って本を読んで勉強しようという気にはならず、一向に疑問は解決には至っておりません、こうしたまとまった株の自生地はタネを確保できる貴重なエリアです。花は皆どこでも見る普通の花でこれといった特徴のある「ホトトギス」ではありませんが毎年咲いているところをみるとホッとする野草です。






最終更新日  2018年12月23日 12時08分08秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全279件 (279件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 通りがかりの人@ Re:伊豆大島椿まつりパレード(01/27) タイトルとは違うのですが、 古い記事の h…
 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.