伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

全405件 (405件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

大島を描いた画家や文人

2019年05月27日
XML
東京七島新聞が第3巻「紀行記編」発刊について記事を書いてくれています。私は第1巻から編集員をしています。これまでにかかった経費を積み上げると1冊1万は超すのだろうと思いますが、資料として残す、身近に置いて親しんで欲しい、というようなことからか、格安で頒布しておりますので、ぜひとも手に取ってお楽しみください。






最終更新日  2019年05月27日 16時50分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月01日


大島町役場広報5月号に発行の記事が載りました。
島外の方には 04992-2-1453にお電話いただき、代金振込、送料着払いにてお求めいただけます。

3巻は「紀行記編」です、100人近い文人が書き留めた伊豆大島のことを900ページ収録しました、初めて目にされる紀行記も多くあると思うので、お楽しみいただけると思います。私は第1巻から編集員をしています。






最終更新日  2019年05月01日 17時40分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月04日
洋画家中村彜は大正4年の暮れから3月まで約100日を伊豆大島で過ごしています。
自身の結核のため、また中村屋の娘俊子との恋愛のこじれから逃避してきた大島だったようです。
一説には死ぬ気で来たとも言われていますが、滞在中に何点もの油絵とスケッチを残しています。
28歳で大島に来てから38歳まで絵を描き続けました。
下の写真は私が伊豆大島木村五郎・農民美術資料館(藤井工房)で大島を描いた画家の作品をアルバム式にまとめてファイルしているものの一部です、今までに大島を描いた画家170人ほどの作品を確認できておりコピーですがファイルして見てもらっています。










最終更新日  2019年03月04日 13時37分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月03日
中村彜(つね)が大正3年から4年にかけて過ごした伊豆大島で、知り合った島人を板に描いた油彩の作品です。100年も前の板画で大分色が褪せていますが間違いなく中村つねの描いたものです。
参考資料として、伊豆大島取材でこの絵に偶然出会ったという米倉守さんの「中村彜 運命の図像」書籍と昭和56年に没後60年を記念して企画された展覧会(神奈川と三重の美術館を巡回)の図録にこの「秋広由太郎像」が掲載されています。
















最終更新日  2019年03月03日 14時27分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月02日
​​

大島町では毎年この時期に町民参加の作品展(絵画や手芸・木工品・写真や陶芸など)がおこなわれています。第35回大島町文化祭作品展です。

今回は特別作品が一点展示されています。それは多くの大人が一度は聞いた覚えがある大正期に活躍した中村彜(つね)が伊豆大島で描きあげた「秋広由太郎像」です。

この絵の存在は大分前に耳にしていました。島外に持ち出されたようだと聞いて居ましたが島にお住いの縁者の方が島の中で所蔵されていたそうです。

大島で一般に公開されるのは今回が初めてだと思われます、島の人にぜひ見てもらいたいと特別展示されました。

多くの作品を残した中村彜のこれまでの展覧会では神奈川と三重県立美術館を巡回した昭和56年の「中村彜没後60周年の展覧会」で公開されただけの珍しい作品になります。

作品展は3月1日から3日まで大島町開発総合センターで行われています。事前に写真を撮らせてもらいましたので見ていただきます。大正3年から4年頃に描かれた作品だそうです。この機会に是非ともご覧ください。



​​






最終更新日  2019年03月02日 10時16分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月08日



12月からずっと「伊豆大島文学・紀行集」(大島町発行)の第3巻の校正を続けていますが、もう少しで再校分の資料のチェックが終わるところまで来てます。
第3巻は「紀行記編」で900ページを超す膨大な資料集になる予定です、それは3月末までに発行されます。私はこのシリーズの編集員の一人です。
4巻目は「絵画・画家の作品」で来年発刊予定です、当然大島を描いた画家の作品には興味津々ですが、今月1月19日に「森鴎外と村山槐多の<もや>」という本が発売される予定ですが、少しご縁があって資料を提供したことがあり、早々に1冊ご本を送っていただきました。

何と表紙には大島の差木地のポンプ庫のそばで7人で写した古い写真が掲載されていました。当時一緒に大島にいて絵を描いたと思われる画家たちが写っているようです。
左から2人目が村山槐多、一番右が山崎省三、3人の顔は削り取られており誰だかわかりません。右から3人目は東郷青児ではないか、そう筆者は書かれています。
これまでの我々の調査で二人が一緒に大島にいたというような記述は見たことがありませんが、滞在時期だけでいうと重なっている部分があるのでその通りなのかもしれません。
こういう一人の画家を一人の研究者が長年追いかけて本にする、何ともすごいことだと思います。これからじっくり読ませていただきます。
パソコンで検索するともう通販で買えるようですので、興味がある方はぜひともご覧ください。
筆者は佐々木央氏、出版社は神奈川新聞社で本体1300円+税になります、村山槐多没後100年記念出版 夭折の天才洋画家の出生をめぐる深淵に波紋を投じる問題作、と書かれています。






最終更新日  2019年01月08日 17時29分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月10日
11月10日宮川哲夫作品を娘が歌う、ライブが藤井工房で予定通り行われました。
ほとんどPRが出来なかったミニライブ、お客さんが見えるかどうかちょっと心配でしたが幸いにも20数名のご参加をいただきました。
娘の洋子さんがこれまでのコンサートで一番気持ちよく歌えた会場だったと言ってくれました、ドームの強みだったと思います。
人を呼び集めて何かをするということはなかなか難しいことですが、「大島で父の作った歌が歌えてよかった」という感想が聞けて会場を提供できたこと、もう大満足です。

どこをステージにして歌うのかはすぐに決まりました、まだリハーサルの写真です。





いよいよ本番です、こっちがステージだとは思わなかったのです、もう少しきれいにしておけばよかった






明日ダンスフェスティバルに出演されるダンサーの飛び入り参加シーンです






最終更新日  2018年11月10日 17時37分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月07日


大好評だった画家不染鉄を特集した「日曜美術館」が再放送されますから、と番組に出演された時得先生のところに連絡があったそうです。反響が大きかったのだろうと思います、アンコール放送です。

時得先生が多くの人に見てもらいたいと、PRのチラシを作って届けてくれました、見逃した方はどうぞご覧くださいませ。

 5月20日朝九時からEテレ にて放映
 5月27日夜八時からEテレ にて放映






最終更新日  2018年05月07日 17時06分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月04日

私は伊豆大島文学・紀行集の編集員をしています。
第1巻の詩歌編は既に昨年の3月末に発行されています、第2巻は納品され、まもなく頒布がはじまる予定です。
第2巻は「小説編」です、長編小説が多くあり総ページ数は800ページを超すことになりました。

頒布がはじまりましたら、ここでお知らせいたしますのでいましばらくお待ちください。







最終更新日  2018年04月04日 20時57分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月07日



画家の企画展があるといつも案内を下さる京都の星野画廊さんから

「没後40年/幻の画家 不染鉄遺作再見展」のハガキが届きました。

まだ一度もこの画廊には行った事がありませんが、無名の画家の発掘や作品の収集を積極的にされている画廊です。

これまで画壇では無名に近かった不染さんの作品も多くお持ちです、不染鉄が描いた大島波浮港の作品も所蔵されています。日曜美術館に出て何かしゃべらないかな、と思っていましたが出ていませんでした。

 

案内のハガキの一部です

 

昨年夏に東京ステーションギャラリーで開催された不染鉄の遺作展は、会場を訪れた数多くの美術愛好家に大きな衝撃として受け止められました。

「日本にこんな画家がいたなんて、知らなかった」「凄い絵描きだ!」

そうした評判はまるで不染鉄の描いた波の如く関東平野へ浸潤していった。会期中に展覧会図録が4000部も売れ、同館開館以来最高の観客が押し寄せたという。画家人生の大半を過した奈良の県立美術館での展観では、新発見の作品が勢揃いしたこともあり、正倉院展を押しのけてこれまた新たな感動を呼び起こした。

この2月25日に日曜美術館での放送があり、3月中には求龍堂から『不染鉄画集』の刊行が予定されている。・・・

 

今回の星野画廊では画廊所蔵作品30点を展示するそうです。







最終更新日  2018年03月07日 16時53分25秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全405件 (405件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 通りがかりの人@ Re:伊豆大島椿まつりパレード(01/27) タイトルとは違うのですが、 古い記事の h…
 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.