伊豆大島木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館

フリーページ

全545件 (545件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

あんこ人形・木工芸・資料館

2018年05月28日
XML
5月26,27日に竹芝桟橋(広場とテラス)で伊豆諸島・小笠原諸島の町村が2年一度竹芝に集まる「島じまん」がおこなわれました。
私はおおしまの体験ブースで「あんこ人形ストラップの絵付け」に出店して今朝戻ってきました。
パソコンで検索してみてもどのくらいの入場者があったのか見つけられないので主催者に聞いてみました。2年前の前回が約10万人で、今回が11万人くらい、明らかに多かったと思います、という話でした。

1998(昭和63?)年から始まり今回で14回目の島じまんだそうです、最初の頃は開催が不規則だったようで、2年に一度になったのは最近のことのようです。
私は平成11年から大島で工房を開いています、多分2年目くらいから声がかかりずっと参加してきたと思うのでもう8回目くらいになると思います。
最初は彫るところからの体験で、ノミや木槌や作業板を持って行き2日で80人くらい受け入れたと思っています。今では用意したストラップに色付するので450人分持ってゆきましたが、1日半で在庫がなくなってしまいました、大盛況でした。
「あんこ猫」がご縁で造形作家のエサシトモコさんが来てくれることになり、大きな人形を2体作って持って行き色付してもらいました。その人形はまだ私のところまで配達されていないので、今日のところはブースの画像をアップさせてもらいます。
テントにテーブルを2つ置いて一度に体験が16人くらいできる場所で作業をいました、最盛期には外にもテーブルを1台増設しました。
エサシさんは自作の猫おめん、あんこTシャツで2日間通って完成させてくれました、ありがとうございました。











最終更新日  2018年05月28日 17時49分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月29日

いつでもやっている「あんこ人形つくり体験」に2組来てくれました。
午前中が4年の女の子と2年の男の子とそのパパさんの3人が挑戦です、ママさんは2年生の補助です。
まあ完成品を見てください。


左から2年の男の子、真ん中がパパ、右が4年生の女の子、みんな笑ってますね、そう見えますか。

午後から若いカップルです。


どっちが彼氏でどっちが彼女の人形か、ちょっとわかりずらいかもですが、楽しそうでした。
長くても2時間あればどなたでもできますので大島に見えたらチャレンジしてみてください。おひとり千円であそべます。










最終更新日  2018年04月29日 17時39分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月30日
お客さんの特注で「椿の枝を削って作ったストラップ」を50個作り納品しました。

あまりこういう特注はないのですが、使う主旨に賛同して協力しました。

枝を5センチに切って先っぽを鉛筆の芯に見せてからニスを塗ったストラップです、請け負ったお値段はシックレット秘密です。











最終更新日  2018年03月30日 17時16分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月28日


昨日は珍しく同じ時間スタートで2組のお客さんが木彫り体験をされました。
2体並んだ人形は中年カップルのあんこ人形です、お二人ともせっかちだから、とおっしゃっていましたが要領よく短い時間で出来上がりました。多分左が男性の作品だと思います、アッという間だったのではっきり覚えていませんが。

もう一体は前日にウルトラランニング100キロに挑戦されたアスリートーの女性の人形です。比較できる写真がないですが、普通の体験用の人形の10倍は大きな椿の木で作られています。
毎年ウルトラランニングに参加され、翌日は藤井工房で人形つくりをされており家にはもう4体あるそうなので今年で5年大島に通われているということになります。
今年は生憎の終日の雨降りと寒さの中でのランニングとなってしまい500人ほどの参加者のうち200人くらいが途中でリタイヤされた、と聞きました。彼女もその一人で70キロで走るのをやめたそうです。人形には「次は完走」と書かれています。

今年の大会の入賞品として私の父が彫った「あんこ人形」と人形を載せる台を椿の木を輪切りにして大会名などを彫り彩色したものを主催者に納品したのですが、その時に試作として父が一本の木から彫り出したあんこ人形の台の部分に大会名などを彫って見たのですが、さすがに小さすぎて地味で目立たせられなかったので、椿の輪切りの台に変えたのでした。その試作の人形はほかに使い道がなかったので、ちょうどアスリートが100キロに挑戦をしたというので記念にあげることにしました。何かコメントを彫りますから、というと「頑張れ」と希望が出たので「ガンバレ!!」と彫って記念にあげました。
また来年も元気でチャレンジしてくれることでしょう。






最終更新日  2017年03月28日 13時38分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月20日
P1010001.JPG


連休中の「人形木彫り体験」
お母さんと二人の娘さんの人形が完成です
椿の木をノミで彫って絵付けする体験です、一時間半から二時間くらいの時間が必要です、駆け足の旅ではなかなか難しいので、ぜひとも一泊されてチャレンジください。
こういう木彫り体験をメニューにしてもう14年くらいやっていますが、島の女性(あんこさん)がモデルですが、2年ほど前から「あんこ猫タイプ」が増えてきています、エサシ猫のおかげです。

真ん中の猫は「とら」、お飼になっているそうです、私と同じ名前です。

2年に一度竹芝桟橋でおこなわれる「島じまん」が5月最後の土曜日、日曜日におこなわれます。
体験コーナー出店に今回もお声がかかり「椿の木で作ったストラップに絵付け体験(無料)」450人分を持って伺います、猫顔がますます増えそうな予感です。






最終更新日  2016年03月20日 17時19分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月22日
世の中は3連休、船が元町港に入り、C級グルメや産業祭がとなりの町役場公共駐車場でおこなわれていたので今日は一日藤井工房もにぎやかでした。

あんこ人形彫刻体験に2組来てくれました。

一組はあんこ(島娘)のてぬぐいを被った2人連れ、お店で頭にかぶせてくれたそうです。とても似合ってました、被ったままで明日はい帰りになるかもしれませんね。ストラップと飾るタイプの人形ができました。

もう一組も若い女性です。でっぱり引っ込みがあって苦労して彫っておられましたが、何とか合計2時間で完成です。

PB220554.JPG

PB220557.JPG

PB220555.JPG






最終更新日  2015年11月22日 16時51分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月04日
当方の資料館たより21号10月号が刷り上がってきました
新聞折り込みは10月6日火曜日になる予定です。

年に4回発行を目標にしています、10月号はお知らせしたい情報が多くあり、「あんこ人形誕生記」は次号回しになりました。

img225650.jpg

img226650.jpg






最終更新日  2015年10月04日 13時06分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月01日
大島の広報誌が昨日届きました

秋だからでしょうか、ずいぶん行事の紹介やチラシが折り込まれています。

私も年に4回の資料館たよりを出しており、今回で21号目になります。自分の記事よりも島の人に知ってもらいたいという情報が多くあり、自分の分はひとつ次号回しにしました、急いで載せねばならないものではないので。

字が多すぎるとおしかりを受けますが、今号もそんな感じになっていますが、ずっとこんな感じです。
興味を持ってくれる人がいればよいのですが、10月8日ごろまでに新聞折り込みにできれば上出来です。






最終更新日  2015年10月01日 13時02分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月02日
昨日から準備していた企画展がはじまりました

はじまったと言っても「これから足して作ってゆく、会期終了間際にコーナーがいっぱいになる、そんなイメージです

ちょうど来島されていた某大学の先生方にも説明しながらちょっと見てもらいました。古いものを観光の方がみても全く分からないだろう、そうも言われました。

私が見たり聞いたりして興味を持ったことを島の人にも見てもらい、観光で見えた人にも「へーそうなんだ」と思ってもらえればよいとおもいます。

展示室一部屋の壁に

 大島いまむかし 古い写真・絵葉書と今の写真をくらべています

 元町大火から50年 火災前の町並みを所在平面地図に再現して、その当時の町の写真を掲示、元町港の桟橋が沖に伸び           て行く過程を紹介

 三原山旧登山道をゆく 昭和初期から戦前くらいまで三原山旧登山道には多くの休憩茶屋(15軒くらい)が出ていまし            た。その茶屋とそこで働いていたあんこさんの姿を紹介

 この3つの展示となります

 わからないことが多いたぐいのテーマの展示なので、島に暮らすお年寄りに聞きながらの作業なるので、会期終了時に壁が情報でいっぱいになるような資料が集まると良いなーと思います。

今はここまで、6割くらいの出来です。

P8020273.JPG

P8020274.JPG

P8020275.JPG






最終更新日  2015年08月02日 15時20分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月01日
盛夏の8月がついにやってきました、待っていたというより来てしまった、そんな感じです。
気のせいか、蝉の声も近くて大きく聞こえます。

大島の夏は今日からお盆までというより、2日連続の夏まつりがおこなわれる日の翌日10日くらいまで人が集まる短期の夏休みの期間になります。

どんどんその日数は短くなっているように感じます。

今日から当館(伊豆大島木村五郎・農民美術資料館(藤井工房併設)では「大島いまむかし写真・資料展」をおこないます。まだ半分くらいの作業が残っていますが会期中にも【資料探しをしながら】、内容を濃くできればと思います。

写真展だと私の写真が「写真」として飾ってある、そう思われかねないと思い直して急きょ(資料)も付け加えました、そうしたらちょっと安心しました。

展示したことで、自分の資料棚が増えた、そう実感できれば、やった甲斐があったというものです。






最終更新日  2015年08月01日 14時41分17秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全545件 (545件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


あんこさん26

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 あんこさん26@ Re:鶯茶屋(10/30) みみんがさんへ コメントありがとうござい…
 みみんが@ 鶯茶屋 場所は不明ですが、鶯茶屋の写真手元にあ…
 GINZA絵画館@ Re:うれしい受賞です(08/14) 富山市のギャラリー「」と申します。 藤田…
 後藤久太郎@ Re:牛乳風呂の頃(10/18)  僕は、昭和40(1965)年に伊豆大島を合宿…
 靭帯5号@ 遅れて拝見しました。  二けたの釣果おめでとうございます!!…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.