000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あんにょんサヨナラ <日韓共同上映ページ>

PR

プロフィール


ゆっこ@あんにょん

カテゴリ

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2006年10月18日
XML
(6)
2006/1/13(金)福岡 西南学院大学[入場者:約30人]つづき

◎被害者の立場から歴史の事実を聞くと、何が本当に起こったことなのかが分からなくなる。日本は朝鮮など、隣国と長い間多くの問題を抱えたままであるが、靖国に合祀された遺族たちの気持ちや日本軍慰安婦問題の慰安婦の気持ち、彼らの恨(ハン)は全く晴らされていない。被害者の生の声を聞くと、やはり事実を知ることが必要なのだと考えさせられる。これから日本がどうするべきか、私たち若者たちがどうすべきかを深く考えさせられたドキュメンタリーであった。日韓が協力して問題を解決する中で、「言葉の壁はあるが人間の違いはない」という言葉はすばらしい意見だと感じた。2年 男性

◎白骨化し、そのままになっている遺骨を見て改めて戦争の悲惨さを感じました。戦争を二度と繰り返してはいけないと改めて思いました。「戦争が終わったのに、私の心の中でまだ戦争は終わっていない。日本への恨はまだ晴れていない」というイ・ヒジャさんの言葉を聞き、戦争は肉体的なダメージを与える(たくさんの人々の命が奪われる)だけでなく、精神的に大きなダメージを与え、その精神的なダメージというのは、なかなか癒されず心の奥に深い傷をうえつけるものなのだと痛感しました。今まで靖国参拝の問題についてよく分かっていなかった私でしたが、どうして韓国や中国の人々がこの問題に対して日本に抗議しているのか、良く分かりました。この問題については、それぞれの考えがあってなかなか解決するのは難しい問題だと思いますが、日韓、日中が本当の意味の友好をいつか築けたらよいなと思います。でも、「いくら日本人によくしてもらっても、日本人を信じることができない、好きになれない」という韓国の人の言葉がなんだか悲しかったです。そう思われてもしかたのないことを過去の日本人はしてきたし、そのことについて正当化して謝罪がきちんとされていない状態である以上、そう思われ続けるのかなと思います。私は靖国神社参拝について、参拝に賛成か反対かあいまいです。戦争で死んでいった多くの人がいて、今の日本は平和になったのだと思うし、一方で韓国や中国の人々にひどいことをした日本人をまつる神社に参拝することが許せないと思う人々の気持ちも感じるから。すごくすごく難しい問題だと改めて感じました。2年 女性

◎恨(ハン)と呼ばれる感情は日本に向けられているものだったと知って、納得した。私達は1人1人がもっともっと韓国やその他の被害にあった国々の人達の声を聞く必要があると思った。そして共通の目標である平和のために過去を忘れず、繰り返してはならない痛みとして受け止めることができたならば、このあんにょん、サヨナラの示しているような、そんな世界になることができるのだと感じました。 神学部 1年 男性

◎私は今まで靖国神社は、戦争で天皇のために亡くなった人々が英雄としてまつられていると思っていました。しかし実際は、無理やり、日本の侵略戦争をアジアのため、解放戦争として正当化させるための、神などいないスカスカの神社だと思います。私は日本人として、国のために犠牲となってしまった日本人の方で本当に、靖国にまつられることを望んでいた、もしくは遺族が望むのならその方々はまつればいいと思うけれど、普通に考えて、祖国から無理やり日本に連れて来られた方々がなぜ、靖国にまつられているのか、本当におかしいと思います。日本人の遺族にも侵略国家の象徴の靖国にうちの息子を一緒にまつるなと怒っており、本当に愚かなことだと思います。日本人は武器を用いたのに他のアジアの国々は武器を用いて反撃しませんでした。それは他のアジアの国に良識があって日本はやりたい放題やらかした点で劣っていると思います。靖国は天皇が参拝される尊い所です。その中に、天皇の心とは別に暴力団ともいえる、暴力を使って、楽しむことしかできない恥ずかしい一部の日本人がさわいで注目をあびている最悪な場所となっています。なぜ、首相はわざわざ8月15日に参拝するのか、権力の見せつけとしか思えません。国のことや天皇のことを考えるなら、今すぐやめてほしいです。天皇が公式に参拝され、海外でも立派な所だと言われるような靖国神社になってほしいです。アジアと共に仲良くしていける日本になってほしい!2年 女性

◎戦争の悲惨さを改めて感じさせられた。今でも戦争で家族を亡くし悲しみに暮れている遺族がいる。戦争が終わって長い年月が経ったのにも関わらず、今も日韓の間には歴史認識の矛盾が生じ、外交問題にまで発展している。そこには靖国問題や歴史教育の問題がある。ヒジャさんのお父さんの名前が刻まれていない墓石を見ると、何か深い悲しみや苦しみが感じられるようであった。歴史教育にしても、かつての歴史的事実が歪曲されて、叉は日本の侵略行為が美化されて教育されるという動きが見られている。そういうことは決してあってはならないことだ。私たちは両国共々、互いに向かい合い、昔の正しい歴史的事実から目を反らすことなく過去を精算し、今後、良い関係を築いていかなくてはならないと思った。3年 女性

◎私は首相が靖国神社に参拝することに反対です。靖国神社の使命は、戦争を正当化することだと考えています。首相が靖国神社を参拝することで「正しかった戦争」にしようとする使命におすみつきを与えているようなものだと思います。
この映画を見て感じたこと
韓国では「未解決の過去の歴史」と考えられている歴史。
現在、日本で生きている私達若者の中でこの歴史をどれだけの人が知っているのでしょうか。知りたいと思った者が自ら勉強するだけで平和ボケした日本人の多くは、そんな事実が起こっていたことも知らずに朝鮮人や中国人が怒っているのを見て笑っている現状。同じように戦争で傷ついた日本人のことも知らない若者達。実際、私も何も知らない人です。だけど戦争は日本から遠く離れた国であっても絶対に起こってほしくない。この意見は、深く勉強していなくても小中学校で平和教育を受けた人なら誰もが持つものだと思います。誰もが願う戦争の起こらない平和な世界を実現するために、日本の学校教育でまずは日本が関わった戦争について靖国神社が存在すること、役割について学ぶことが必要なのかもしれないと感じました。私は世界共通の一つの教科書ができたらいいなぁと思っています。ディズニーがキャラクターになって世界の平和について豊かな国から貧しい国まで世界各国(北朝鮮の様な国も含む)が同じ教科書を使い勉強する世界。これができないうちは、平和な世界とは呼べないのかもしれません。3年 女性

◎日本がいかに悲惨なことをしてきたのかが、少しだけかもしれないが、理解できた。沖縄戦のことを知り、涙がでた。どうしようもなくて集団自決したことは胸をしめつけられた。日本人は確かに被害者の面があるかもしれない。大勢の日本人が命を落とされたし、ひどい状況であったと思う。しかしやはり植民地支配をはじめとするアジア侵略、戦争自体については、本当に加害者だ。そういうことや背景も知らずに「他国が靖国参拝について口を出してくるな」と言う意見は、浅はかだと思った。しかし私達は戦後の豊かになった時代に生まれて、戦争体験がないので、簡単に片付けてしまう様な意見が多いと思う。そういうことに気付かなければ、どうして他国の人々が反発しているのかも正しく理解できないと反省させられた。また日本の対応には私としても残念だ。戦後も他国の人々の心をふみにじっているのはとても悪いことだと思う。戦争を美化したり、正当化してはいけない。しかしこの映像を観る限りでは、日本は他国から認められる様な真の反省はしていないと思った。けれども私がこう思えるのも、私自身が昔に生まれていなくて、つらい戦争体験をしていないからだと思う。もし私が体験していたら他国の人々の気持ちや涙や悲しみを何とも思わないかもしれない。私は日本人だ。改めて複雑な気持ちである。私の先祖も戦争へ行った。そのことを考えると、何とも言えなくなってしまう。でもやはり戦争はいけない。どれだけの人々を傷つけ、そしてそのことが将来にも忘れられないものとなり、尾を引くかを忘れてはいけないと思った。戦争は恐ろしいと思った。この映像は両者の意見をとり入れていて、色んな話をきけたのでとても有意義であったと思う。李さんは西南にも来てくださったので本当に観てよかった。また戦争体験者の中でも靖国合祀に反対されている活動をされていることも知った。私は靖国に行ったことがないけど、あんなにすごい雰囲気だということを知り驚いた。何も知らなくて恥ずかしかった。李さん達の苦労し、頑張ってらっしゃる姿を観て本当に申し訳ない気持ちになった。そして、辛いのに涙を流しながらも、活動を続けていらっしゃる姿をみて本当に強い意志なんだと思った。私自身もっと考えなければならないと思った。2年 女性

<写真なし>






最終更新日  2006年10月18日 16時16分09秒
[終了した上映会の様子] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.