000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あんにょんサヨナラ <日韓共同上映ページ>

PR

プロフィール


ゆっこ@あんにょん

カテゴリ

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2006年11月02日
XML
(3)6月17日(土) 大阪/大阪同胞保護者連絡会 入場者数:32名

<参加者の感想>

●父を物心両面で奪った日本人への憎悪で凝っていたヒジャさんの心が運動を通して次第に解きほぐれ、本来の目的であった遺族の心情に添わぬ合祀の中止を求めるに留まらず、日本人との友情に発展していくところや、さらにはヒジャさん達に共感していく若い世代の姿を通して世界平和に思いを致しました。
国防の整備は国家の安全に寄与していますが、こうした国境・立場・世代を超えた人々とのふれあいの力には世界平和を実現するという視点において遠く及ばないことをよく表現されていると思いました。
活字では伝えきれない靖国の神社という宗教施設としては乏しい反面、国家装置としての役割を浮き彫りにしたと思う。
(40代男性)

●今も日本人は許せない。信じられないと言う。オモニの言葉が胸にささります。
被害者がもういいよと言うまで誠意をつくすべきだと思ってます。
もう少しコンパクトにならないでしょうか。
上映の後で、みんなと話し合う時間が少しなくなりますので、普通2時間くらいでイベントが終わります。
(山中多美男)

●主人公の女性のなんて心の強いひとなのか。さまざまな人々の?や記録フィルムを駆使して、淡々としつつも説得力のある映像になっていてよかったと思う。国家を問い直し人としてありようを求めていくいい映画であったように思う。多くの人に見てもらいたいと思う。
(50代男性)

●新聞やテレビでの知識にすぎなかった「靖国神社」や「戦後補償」問題を身近に感じることができた。多くの日本人に見てほしいと思う。
太平洋戦争、日本の戦争責任が過去のことではなく、現在のかてい課題であることを再認識した。(50代男性)

●イヒジャさんの「私の恨を解いたのは、韓国の政府でも日本政府でもなく、良心的な日本の市民だった」という話に、最後に語るのはやはり人間のつながりだなと思った。そのことが阪神大震災で&&になった人達に「罰があたったのだろう」と言っていたヒジャさんに5年後にそういう言葉を言わせたのだろうと思う。
忠魂碑訴訟の古川さんのお話などが心に染み入られたのではないかと思う。靖国合祀取り下げに向いた人達の話に理路整然とし迫力があった。
靖国側の意見を聞くと&&突破口のようなものを見つけるのはむずかしいとは思うが、合祀が取り下げられ、イヒジャさんの恨が形となって解かれることを願っている。(50代女性)

●私は6年前、42歳のときから本名だけで生きるようになりました。それまで生まれてからずっと使ってきた「高島英男」を生野の役所へ行って抹消したのです。37歳のときから子供の通う小学校の外国人保護者会に入り、少しづつ歴史を学び始めたのです。日本の高校まで行きましたが、まったく「自分自身のこと」「在日」というものを知らなかったのです。それから「人権」「日の丸君が代」「靖国」のことを少しづつ学びました。特に高橋先生の本を読み感銘していました。
絶対に戦争を2度と引き起こしてはならない。あたりまえのこととして「人の命」が一番たいせつで尊いのです。まだまださまざまな差別をうけている我々「在日」という生き証人があります。これを風化させることなく「差別」というものをなくし「平等、平和」に向け、多くの日本人と共にゆたかな日本社会を作っていきたいと思っています。
そのためにはこの映画をひとりでも多くのひとたちに見ていただきたいと思います。そして共に日本社会、世界の平和を築いてまいりたいと思います。
(高用哲)

●テーマが “靖国問題”ではあるけれ、それを通してさまざまなことを教えてくれて考えさせて頂くことのできる映画でした。
いろんな人のコメントをそのまま淡々と流すことによって特に“この人の言ってること間違ってる。絶対おかしい”(たとえば戦争を肯定するような発言)ことがクローズアップされるんだなあと感心してしまいました。
私が一番心に残っているのは、日本のことが大嫌いだったイヒジャさんが祖国の政府にも見放されたのを救ってくださった日本の支援者を通して魂が救われたのだなと感じることができたことです。
最後にひとつ・・・この映画を制作されるにあたって何百時間ものテープをこの時間に編集されるわけなのですが、時間を短くすることは制作にたずさった方々にとっては身を切るように辛いことだと思うのですが、せめて80分程にとどめて下さると一人も多くの方に観ていただけるのではないかと本当に生意気ではありますが、そのように思わせていただきました。いずれにしましても良い映画を本当にありがとうございます。
(金真弓)



(4)6月23日(金) 東京・民団ホール

(5)6月24日(土)19:00- 沖縄・那覇・那覇市NPO活動支援センター/恨之碑建立をすすめる会沖縄 入場者数:20名

(6)6月24日(土) 大分・湯布院/くまのみの会







最終更新日  2006年11月02日 21時16分21秒
[終了した上映会の様子] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.