000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あんにょんサヨナラ <日韓共同上映ページ>

PR

プロフィール


ゆっこ@あんにょん

カテゴリ

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2006年11月09日
XML
K塾 
<参加者の感想続き>

★多くの事を考えさせられました。
大きなメディアを通して得られる情報とはまた違った切り口で、靖国や日中韓における問題を映像やお話を通じることで立体的に捉えることができたような気がしました。
複雑な事情も絡まってくるだろうけど、イヒジャさんのシンプルで力強いメッセージが必ず叶ってくれば良いなと願ってます。
誤解を恐れずに、今回の様に語れる場が国同士でも実現することができれば良いなと思いました。
男性    文系

★私がプロモーションを見て思ったのが、韓国人には日本人に対する差別心があると思いました。
「日本に強制連行させられた」「名前を変えられた」「勝手に靖国に合祀された」など、マイナスの感情しか持っていないようでした。それをいいと思えません。それをプラスの感情でとらえれば「国のために戦うことができた」「日本人との差別が無くなった」「英霊として祭られた」ととらえることができるからです。なぜこういう感情が起きないかというと日本人に差別心があるからでしょう。韓国人は自分達のことばからい主張してますが、日本人の神道や当時の情勢を考えて言ってほしいです。
男性

★靖国問題について自分はわかったつもりでいて、実際はわかっていなかったんだなぁと思った。日本のメディアで「靖国参拝反対!!」というような事実は知っていたけれども、日本にとって都合のいいことしか流していないような気がする。小泉首相などが参拝するのが「軍国社会を作る」のが目的だと初めて知って、正直ショックだった。きっと東南アジア諸国ではこういう問題をきちんと教育を受けているだろうけれど、どうして当事者である日本人があまり理解してないのだろうか。このような大きな問題なのに、韓国人などの被害者と日本政府がきちんと分かり合えていないと思う。今日、このVTRをみて、学んだことが多かった。今はまだこの問題が自分にとって難しいのでどちらか一方の立場に立つことはできないが、もっと深く知るべきことだと思う。
女性     文系

★靖国神社の問題についてほとんど何も知らなかったことを思い知らされた感じがしました。首相が軍国主義の方向にもっていこうとしている考えでの行動をしていたとは知りませんでした。靖国神社に名前しかないことも知りませんでした。色々なことを知らないからこそ、靖国問題について「関係ない」とする立場の人が多いのではないかと思います。特に若い人がこれからも政府に利用されないよう、もっと勉強していかなければならないのではないかと考えました。たくさんの人がこの映画を見ることのできる機会があったら良いと思います。
女性    文系

★靖国の問題は首相たちがなぜ参拝にこだわるのか、中国の人や韓国の人がなぜそんなに参拝に反対しているのか全く知らなかったから、日中韓係とか日韓関係とかに影響があるなら、参拝やめればいいし、逆に日本のことなんだから中国の人や韓国の人には関係ないと思っていたんで、そんな簡単なことではないし、これからも考えていかなくてはならないとすごい実感しました。
こういう機会がないと何も知らないまま生きていったと思うんで、この講座に参加して良かったと思いました。日本人はこの立場を知るべきであろうと思います。
女性  文系

★これまで靖国神社参拝の問題というものを全くて言っていいほど考えていなかったが、この講座を受け、様々な考えをめぐらせた。その中で政治関係者、小泉らの参拝について日本国民らは何が問題なのか分からない人が殆どだと思う。自分もそうだった。しかし、外から見ると、韓国や台湾、朝鮮の人から見ると、明らかに軍国国家を宣言している風にしか見えないと言う。実際そうだと思う。日本国民は小泉のパフォーマンスに踊らされ、戦争が起きてからようやく気付くのかもしれないと思うと恐ろしい。そうならないためにも自分たちの世代がこの問題と向き合わなければならないと考えさせられた。
男性 文系

★政府は、しっかりと中国や韓国、台湾などに説明すべきであると私は考えます。今まで僕は歴史をその事実があっただけと受け取ってきましたが、歴史が何を今の人達に伝えるのか、歴史が何を残してくれたのか、いろんなことを歴史から学ばないといけないと思いました。それが歴史を学ぶことだと感じました。首相が国の代表として行くのは問題がありますが、以前のように私的に一人の人間として行くぶんには私は小泉さん自信の勝手だと思います。そこを強く非難するのは、私には首相は自分を持てないみたいな感じがしてなりません。首相を支持するわけではありませんが、これから政権交代があり、この問題は再度浮上してくると思われますが、靖国神社の説明のような神がどのこうのという説明じゃなく、なぜ祈りなぜ靖国合祀中止できないのか、これは一国の問題として話し合ってほしいです。こういう機会を持っていただいてありがとうございました。多くの人にこうした国の持つもんだを投げかけてください。
文系

★小泉総理の考えていることが良く分からない。遺族側の主張は道理が通っているが、靖国神社が主張を拒否している理由には道理が通っていないし、矛盾する部分が多い。
実際、東京地裁の判断は公平な立場ではなく国の立場に立っているように思える。
男性 

★自分は小学校から高校まで九段下にある学校に通っていた。靖国神社から徒歩3分もかからない。なのにあまり合祀問題や参拝問題について考えもしなかった。私はこのドキュメンタリーを見て恥ずかしく思った。
男性   文系

★時間がなくて、全ては言い切れなかったが、深みがある講座だったと思った。
男性   文系

★勉強の息抜きにと思い、参加しましたが、大変良い経験ができました。靖国問題にはいつも興味を持てず、自分の中では未解決のままにしていたのですが、今日のイベントのおかげで少し理解することができました。はっきりいって自分が恥ずかしくなりました。これからも頑張って下さい。
男性    文系

★今まで本当の深いところまで知らなかった問題だったので、この講座はとてもためになるものでした。まず驚いたことに、韓国の人々は国全体で靖国問題に対してほぼ同じ意見であるということがありました。たしかに日本はサッカーとかになると一丸になる(私は見てませんが)のに、なぜ戦後60年続いている問題にばらつきがあるのか、が不思議です。子供の時に韓国に行ったときは、韓国の人々が日本人をあまり良い人々と見ていないという風には感じなかったので、中学生ぐらいにそのような問題があると知ったときも驚きを感じました。この靖国問題にしても、その他の今もなおひきずっている国家間の問題は相対的にみなければならないとあらためて思うようになりました。
男性    文系

★すごく恥ずかしい。これでは完全に戦争を肯定している。メディアに操作されているとはいえ、日本人は本当に国際社会で生きているという意識が足りなすぎる。歴史を見ればわかるのに・・・。謝ってすむとは思わないけど、これからの態度でしめさなくてはならないのに、何やってる人だろう。朝鮮人、台湾人はまつってない?!勝手に侵略しといてなに言ってるの?そしてなんて主観的なんだろう。加藤さんもおっしゃってたけど、「いいかげんきちんと」してほしい。そんなに戦争したいならどうぞ先頭に立ってくださいってかんじ。靖国の前で止めてた人たちは理解してる人だろうか。まわりの国の人達の目を考えなくちゃいけないと思う。小泉首相のやってることがぜんぶこれにつながってる気がして怖いです。貴重な機会を本当にありがとうございました。もっとこんな風に学生に伝えてください。
塾生の中でもいろいろな意見があるのを知ってよかったです。
女性    文系

★今まで知らなかったことをたくさん知ることができてとてもよかったです。靖国問題については日韓には温度差があり、まだまだ解決すべき問題は多いと思いました。
男性      文系

★靖国問題について知らなかったことを知れてよかった。映像を作ることに興味があったがドキュメンタリーを制作するのはとても大変だと思った。双方の国の意見や様々な感情もあると思うので、自分の意見はあまりなく難しい問題だと思ったが、真実を(悪い面も含めて)伝えることのできるものを作っていくのはとても大切なことだと思うし、自分も何か作ることができたらいいと思った。
女性     文系

★韓国人遺族やそういったひとたちの関わった人達の話が聞いたのは貴重な経験となった。容易には解決できない。その故これから大学で学んでいく自分たちにとっては大切な問題だと思うので、これからもこのような企画をしてほしい。
男性    文系

★韓国側からの靖国問題を見れ、視野が広がりました。靖国はいろいろな含みを持つ問題だと思います。今までは考えないようにしてきた部分が若干ありましたが、これからは自分から考えていきたいと思います。
男性    文系

★生徒のみんな恥ずかしがらずに自分の意見を述べ(僕は2番目に発表し、雰囲気作りできたかな?)すごく充実できたと思えたし、うれしかったです。
今後、社会の中心となる僕達だからこそ、今回の問題を考えなければいけないと感じました。
男性   

★靖国問題をどういう視点で考えていけばいいのかが少し分かった。
相手の立場になって考えることの大切さを感じた。
男性    文系

★今日の日本では、韓国や中国に対する意見が様々にある。僕も韓国や中国に対して少しかたよった意見を持っている。今日の講座を受けて僕の考え方が180度変わったわけじゃないけど、韓国の人々がなぜここまで日本を毛嫌いするのかが少し理解できた気がします。僕達日本人も歴史認識を改めていく必要があるということもわからせてくれる講座でした。
男性    文系

★私達若者が意見はどうあれ歴史について考える必要があるのではないだろうか。日本の若者の大半は近代の歴史について何も考えていないのだから。
男性    文系







最終更新日  2006年12月01日 18時23分16秒
[終了した上映会の様子] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.