1620627 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

【亞】の玉手箱2

1.姿を消す術~少女時代の思い出「仙人」

昔、我が家に仙人がいた~少女時代の思い出「仙人」シリーズ  

好評だったのでもう少し詳しい内容で書いていきます。


少女時代の思い出「仙人」
     ~1.姿を消して改札口を通った…
 


最初にお断わりしておくが、私は決して
「エディプス・コンプレックス」ではない。
こう書いておかないと必ずと言っていいほど、
ほとんどの人は勘違いをするからだ。


父親のことを話す。
私は父親を少し変人であるとは思っていたが、
「普通の人」ではないなどと思ったことはなかった。
どこにでもいる父親だと思っていた。


その父親の知り合いもまた、私にとっては「普通の人」だった。
その普通の人の1人に「仙人」と呼ばれた人物がいる。


中学2年生の春、学校から家へ帰ると
その仙人はいた。
「食客(しょっかく)」、今でいう居候のことだが、
ふらっとやって来て5~6年滞在していた。

 
仙人が我が家を訪れたのは
「熊本の山奥で数理学を研究していたとき
 夢の中にこの家がでてきたから」
という理由だった。

 
こんな胡散臭い話で居候させた父も父だ。
勿論、母は信用せず反対したのだが、
途中からは諦めてしまった。


仙人はある時、私にこう言った。
「自分は姿を消すことができる」
ウッソーと少女の私は素直に疑いの奇声を発した。
彼、仙人は私を連れて駅まで出かけた。
「見ておいで」というと、
切符も持たないで改札口をスタスタ…。


駅員は何も言わない、周囲のだれも
この「タダ乗り」行為をとがめない。
再び仙人は出札口から出てきた。
今度もまた、駅員は彼に何も言わない。


もしかしたら、
駅員には仙人の姿が見えないのか…。


               (続く)


よろしければ応援の↓クリック↓を~(^^)
          


大好きな平野遼の珠玉の逸品、水彩『歩く人』
hiranoryouarukuhito1.jpg

平成15年(2003年)に運命ともいうべき出逢いがあり、手に入れました。
我が家の玄関にいてくれる~❤
IMG_0325.jpg







Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.