1746117 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

【亞】の玉手箱2

3.父も成功!姿を消す術~昔我が家に仙人

3.父も成功した“姿を消す術”~少女時代の思い出「仙人」シリーズ  

好評だったのでもう少し詳しい内容で書いています。


少女時代の思い出「仙人」
      体を宙に浮かせる術?
 


我が家の食客となっていた仙人は、
仙人という言葉から想像するに、
痩身(そうしん)で白髪、ヒゲを伸ばして…、
という人物像が浮かんでくるはずだ。


しかし、私が幼かったから、その人が高齢に思えただけであって、
今、父たちと一緒にいるときの仙人が写っている写真を眺めると、
今の私よりも年齢的には遙かに若い。


ともあれ仙人から、わが父は「姿を消す術」を学んだ。
父は前にも書いたように、
当時は数人の従業員を使っていた経営者だった。
東京への出張も頻繁にあった。


その都度、父は、この仙人直伝の「姿を消す術」を駆使した。
父のために断言しておくが、姿を消す術を使ったけれど、
父はちゃんと規定のチケットを購入していた。


新幹線の切符を買い求め、
乗るときは改札を通ってハサミを入れてもらう。
しかし、出札する際には、仙人の術を使うのである。
車内での検札の際は、素直に受けるときもあったし、
術を使って検札を逃れることもしたらしい。


父は、この術を駆使したあかしとして、
必ず切符を家に持ち帰ってきた。
往復だから、一日出張に出掛けるたびに
2枚の切符がたまる。
別に収集していたわけではないだろうが、
この出札を通過した切符の束は、
軽く10センチは超えただろう。


本当に「山のような切符」が
父の書斎の机の上に置かれていた。
父が仙人から学んだ術は、これだけではない。
体を宙に浮かす術も
一瞬体験したというのである。


もちろん私は、それを聞いたときから
父がただ錯覚しただけだと思っている。

               (続く)


よろしければ応援の↓クリック↓を~(^^)
          


大好きな平野遼の珠玉の逸品、水彩『歩く人』
hiranoryouarukuhito1.jpg

平成15年(2003年)に運命ともいうべき出逢いがあり、手に入れました。
我が家の玄関にいてくれる~❤
IMG_0325.jpg







Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.