2538371 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【亞】の玉手箱2

4.仙人「無銭飲食の術」~昔我が家に仙人

4.仙人、今度は「無銭飲食の術」~少女時代の思い出「仙人」シリーズ

※これだけは掲載するのを迷ったけど…UPしちゃいます!


    無賃乗車と同じ方法で堂々と…
 (1983年名タイ寄稿)


ある時、私たちは東京で食事をすることになった。
父と私と、ほかにも何人かが同席したと記憶している。
しかし、その顔ぶれがだれであったか、確かな記憶はない。
そんな記憶など、吹っ飛んでしまうほど、
私の頭の中はぶっ飛んでいたからだ。


「今日は、もう一つすごく面白い術を見せてあげよう」
突然そう言いだした。
「0(ゼロ)ちゃん、今日の術はなあに?」
0(ゼロ)ちゃんというのは、仙人のニックネームである。


私にだって、こういう愛くるしい言葉遣いが
似合う時代があったということを、
声を大にして言いたい。それはともかく…。


「無銭飲食の術」と仙人は平然と言う。
無銭飲食は現実に犯罪なので、こういうことは本来、
書いてはいけないかもしれないが、
不謹慎だと叱られるのを覚悟して書かせていただく。


仙人は私たちとは離れた席で1人座った。
普通と同じだ。
料理と飲み物を注文して、
出てきた料理を美味しくいただく。


私たちは仙人とは別のグループとして、
仙人のことなど無視して食事を楽しんだ。


さて、帰り際だ。
無銭飲食とは、飲み食いして、
その代金を払わないことをいう。


仙人は脱兎(だっと)のごとく逃げ出したのか。
いや、違う。
それなら、単なる食い逃げである。


勘の鋭い方ならお分かりのことと思うが、
既に書いた、あの電車での
無賃乗車の術と全く同じである。


お金を支払うことなく、
仙人は堂々と店を出ていく。
たったそれだけである。
店の者はだれもそれをとがめない…。
何も言わない。

          続く (2018年名タイ寄稿)


よろしければ応援の↓クリック↓を~(^^)
          


大好きな平野遼の珠玉の逸品、水彩『歩く人』
hiranoryouarukuhito1.jpg

平成15年(2003年)に運命ともいうべき出逢いがあり、手に入れました。
我が家の玄関にいてくれる~❤
IMG_0325.jpg


© Rakuten Group, Inc.