1557650 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

【亞】の玉手箱2

6.仙人再会と死~昔我が家に仙人がいた

少女時代の思い出「仙人」
    仙人との再会と死
 


さてこの仙人シリーズ、
前回までは少女時代の思い出ですが、
今回は数十年を経た後の「仙人との再会と死」です。


易経の広報のため楽天ブログを始めたのが2003年5月。
そして仙人の話や仙人の「白い本」を掲載した。
(2009年に楽天が削除した初代ブログ「【亞】の玉手箱」)


ネット時代の恩恵というべきか、私のブログに
仙人の弟子からコメントが書かれました。
それは、わずか2行ほどでしたが、
仙人を知らずには書けないものでした。


仙人は広島、東京、大阪、名古屋を
数か月ごとに巡っているとのこと、
2009年夏の東京出張の折に、
40年の時を経て再会した。


そして・・・
2010年6月1日、仙人が亡くなった。
その連絡を東京出張中に受けた。
遺体は名古屋へ運ばれた。


2010年6月3日朝、仙人の顔、表情は
静謐な面立ちで心が和らぐ思いだった。


師というべき何人かの出逢いはあったが、
人生に決定的な影響を受けた師は二人。
中学時代、実家に食客として居候した仙人(0ちゃん)と、
22歳で出逢い2年間親交のあった~カタカムナの楢崎皐月氏。


※仙人の『白い本』は以前のブログ
初代「【亞】の玉手箱」に掲載していた。


削除されたので、そのまま放ってある。
そのうちに再UPしようかなと思いながら…


よろしければ応援の↓クリック↓を~(^^)
          


大好きな平野遼の珠玉の逸品、水彩『歩く人』
hiranoryouarukuhito1.jpg

平成15年(2003年)に運命ともいうべき出逢いがあり、手に入れました。
我が家の玄関にいてくれる~❤
IMG_0325.jpg


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.