1557655 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

【亞】の玉手箱2

時の変化の道理

【時の変化の道理】

「易経には何が書かれているのですか?」
と聞かれたなら
私はまずニュアンスをつかんでもらうために
 
「春の次には夏が来て、夏の次には秋が来て、
次に冬が来て、また春が来ると書いてありますよ」
と答えています。
 
ひと言でいうならば
時の変化の道理です。
 
古代で易経は帝王学とされてきました。
もともとが王様のための書だったのです。
民は読む力もなく手にすることも出来なかった。
 
それを現代に生きる我々が、言ってみれば、
ちょっと拝借して役立てようという話なのです。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.