3005110 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

きれいの秘密を見つけよう♪

全89件 (89件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

私の本棚

2019/10/18
XML
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→又吉直樹 人間 1540円

又吉直樹の3作目の長編小説『人間』を読んだ。
昨年9月から今年5月にかけて毎日新聞夕刊で連載していた作品を
加筆修正したもの。

漫画家の夢が破れた主人公 永山が東京の共同住宅で
同世代の仲間たちと一緒に暮らした過去を振り返る物語。

主人公は現在イラストレーター兼コラムニストだ。
38歳の誕生日に古い知人からメールが届き
20年前の回想へと至る。

漫画家志望の永山は大阪から上京して
『ハウス』と呼ばれる共同住居に暮らす。
そこには、イラストレーター、ミュージシャン、作家
お笑い芸人が集い、日々議論を交わし、確執がある。
どこか懐かしい青春群像劇だ。

新聞連載だったためか
話全体のバランスに違和感を感じたのは私だけでしょうか?

又吉が太宰治の大ファンというのは有名ですが
作中の端々にそれを感じ
太宰の『人間失格』を意識してるなあと思えたのは
前半の回想での主人公が痛々しかったからだと思う。
でも、『人間失格』の葉蔵の切実さは感じることはできません。

又吉直樹の『人間』を読みおえた時
太宰治の『人間失格』が読みたくなってしまいました。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹ランキング



・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/10/18 10:23:21 PM
2019/09/29
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★宇江佐真理 卵のふわふ 660円

宇江佐真理さんの『卵のふわふわ』は時代小説でありながら
美味しそうな食べ物や不思議な料理が登場するので
物語と料理の2倍楽しむことができる小説だ。

この作者はタイトルをつけるのがウマイですね
『卵のふわふわ』も優しくて
タイトルだけで中身を彷彿することが出来る。

主人公の「のぶちゃん」が初々しくて可愛い。
でも夫とは心の交流がなく離婚の危機を迎えている。

食い道楽で優しい舅、口は悪いが心根は暖かい姑に助けられて
椙田家の嫁としてここまでやってこれらたけれど
肝心の夫との心の交流がなく、のぶにはつらい生活だ。

食い道楽で「のぶちゃん、わし、腹が減ったよう」が口癖の
心優しい舅がすごく魅力的。
優しくて、食い意地が張っていて
頭は抜群なのに剣術はからきしという舅。
愛嬌のあるとぼけた感じは、こういう舅だったらいいなあ
と思わせる人物設定で巧い。

舅がのぶを呼ぶ時の「のぶちゃん」という言い方に暖かさがあって
のぶに対する舅の愛情が、読者に伝わってくる。
こういう微妙な言い回しで読み手は幸福感を抱いてしまうものだ。
このあたり、宇江佐真理はつくづくうまいなあと思う。

姑のふでは口が悪くて言いたい放題だけど
意地が悪い訳じゃなくて
カラッとしていて私の好きなタイプの女だ。



太鼓持ちの桜川今助が舅を訪ねてきて
舅と『黄身返し卵』の話しをしているのを聞き
のぶは興味を持つ。

『黄身返し卵』とは、
白身が中で外側が黄身になっているゆで卵のことらしい。
でも、舅は今助のもってきた情報は眉唾だと思っているようだ。

さ~て、黄身返し卵をネットで検索したら20万件もヒットしました。
実際に挑戦して作ってみた方が沢山いて
周りが黄身、中が白身のゆでたまごの画像も沢山ありました。
興味のある方は是非とも
『黄身返し卵』にトライしてみてください。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹ランキング



・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/10/01 08:53:52 PM
2019/09/16
テーマ:お勧めの本(4974)
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→有島武郎 一房の葡萄 453円

日本の名作を読むと日本語は美しいなあと、改めてそう思う。
有島武郎の『一房の葡萄』も子供向けの短編だけれど
何回読み返しても
物語と同じくらい言葉の美しさに感動する。

子供を対象に書かれた作品でも
優れたものは年代に関わらず深い余韻を残してくれる。

子育て中のお父さんとお母さん
そして子供達と毎日接している先生など
きっと一度はこの作品を読んたことがあると思う。

絵を描くのが好きな主人公の少年は
自分の絵の具ではどうしても目で見たままの景色が描けない。
級友のジムが持っている西洋絵具さえあれば
うまく描けるのにと、うらやましくてたまらない。

ある日、誰もいない教室で
ジムの持っている藍色と洋紅色の絵の具を盗んでしまう。
しかし、すぐにジムやクラスメイトに知られて
大好きな先生の前に突き出されてしまう。

先生は少年を叱らずに静かに諭し
一房の葡萄を与えて明日は必ず登校するように言う。

次の日、ゆううつな気分のまま少年は登校する。
すると、待ちかねていたようにジムがやってきて
少年の手を握ると、昨日のことは忘れたかのように
親切に先生の部屋まで連れて行く。
キツネにつままれたような少年。
先生はにこにこしてこう言うのだった。

『ジム、あなたはいい子。
よく私の言ったことがわかってくれましたね。ジムはもう
あなたからあやまって貰わなくってもいいと言っています。
二人は今からいいお友達になればそれでいいんです。
二人とも上手に握手をなさい』
そう言って先生は一房の葡萄を二つに分け
それぞれの手に持たせてくれた。

このお話を読むと色が見えてくる。
西洋絵の具の藍色、洋紅色。
そして先生の白い手に乗るむらさき色の葡萄。
どの色も鮮やかに目に浮かんできて
映像はなくても登場人物の姿まで見えてきます。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹ランキング



・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/09/16 08:22:58 PM
2019/09/03
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→デカ文字文庫 森鴎外 高瀬舟 626円

私は森鴎外の高瀬舟を時々思い出したように読む。
島送りになった罪人の喜助と、護送する同心の庄兵衛。
ふたりが高瀬舟の上で
しみじみとした会話をする場面が好きなのである。

弟殺しの罪で島に送られる喜助は
これまでの貧しい暮らしと決別できると顔をほころばせ
遠島を申し渡された際に与えられた二百文の鳥目を
ふところにした幸せを同心の庄兵衛にしみじみと話す。

喜助の弟は病気で働けず、兄の負担になることを苦にして
剃刀で自害するのだが死にきれずに
『待っていてくれ、お医者を呼んでくるから』という兄の喜助に
『医者が何になる、ああ苦しい、早く抜いてくれ、頼む』
と剃刀を抜いてくれるよう兄に懇願する。

弟はかみそりを抜いてくれたら死なれるだろうから
抜いてくれと言った。
喜助は弟の苦しむ姿を目の前にして、
苦しみから救ってやろうと思って
剃刀を抜き死なせたのである。

『これが果たして弟殺しというものだろうか
人殺しというものだろうか』
同心の庄兵衛は本当に弟殺しと言えるのだろうかと
思えてならない。

『弟はかみそりを抜いてくれたら死なれるだろうから
抜いてくれと言った。それを抜いてやって死なせたことで
弟を殺したのだといわれる。早く死にたいといったのは
苦しさに耐えられなかったからである』

『喜助はその苦を見ているに忍びなかった
苦から救ってやろうと思って剃刀を抜いた、それが罪だろうか』

鴎外はこの小説で
『安楽死や自殺幇助は罪なのだろうか』
と疑問を投げかけており
それを同心の庄兵衛の感慨として書いている。

安楽死については議論があるところだ
苦しむ弟を楽にしてやった、と喜助は自分を納得させていた。
はたして、もしもこの場面に立たされた時
私は、そして他の多くの人々はどうするだろう・・・


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹ランキング



・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/09/03 11:47:56 PM
2019/08/29
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→中島義道 私の嫌いな10の人びと 496円

中島義道が『私の嫌いな10の人びと』の著作の中で
嫌っている10の人とは

1・笑顔の絶えない人         .
2・常に感謝の気持ちを忘れない人   .
3・みんなの喜ぶ顔が見たい人     .
4・いつも前向きに生きている人    .
5・自分の仕事に「誇り」をもっている人.
6・けじめを大切にする人       .
7・喧嘩が起こるとすぐ止めようとする人.
8・物事をはっきり言わない人     .
9・おれ、バカだからと言う人     .
10・わが人生に悔いはないと思っている人.

この10項目は、理想とされる人物像で
世間一般では『善い人』と言われている人びとである。
著者はそういう人達の打算と鈍感に切り込んでいる。

『ひとに迷惑になることだけはするなよ!』
と言い続ける人に対し
筆者は『思考の脳死状態』と断じている。

子供の教育や躾に
人様に迷惑をかけるなと教える事は大切だけど
迷惑を掛けないと生きられない
と教えることも大事だと思う。

かなり面白い本です。
普段あまり本を読まない亭主に薦めたら
『へえ~』とか『ウ~ンッ!』とか言いながら読んでました。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹ランキング



・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/08/29 07:30:47 PM
2019/08/21
テーマ:お勧めの本(4974)
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→永井均 子どものための哲学対話 453円

難解な学問というイメージが強い哲学が子供向けに書かれている。
哲学書が難し過ぎると尻込みしていた大人の入門書としては
子供向けということで敷居が低いので
読んでみることをお奨めする。

対話形式で本質的な問題に切り込んでいるので
哲学に苦手意識を持っている人でも
哲学の面白さが伝わってくると思う。

『元気が出ない時どうしたらいいか』の問いに
『時がたつのを待つだけさ
たいていのことは時が解決してくれるからね』
という明快な回答は見事で
子ども向きだからと侮れないほど中身は深いです。

この本はペネトレという猫と中学生のぼくが
本質的な疑問について対話しながら
読者を哲学の世界にいざなっていきます。
ペネトレという猫は著者の分身であり、
著者の永井さんはペネトレを通して哲学を語っているのです。

40の対話はどれも興味をひく内容だったのですが
私がペネトレの言葉で心を引かれ、何度も読み返したのは
どうしても好きになれない人格についての一文でした。
なぜか凄く納得できて
自分の心のなかにあったシコリが解けていくような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえばね、きみのクラスに、嫌なやつがいるだろう。
きみがどうしても好きになれないやつ。
でもね、どんな嫌なやつだって
そうならざるを得なかった必然性というものがあるんだ。
どうしようもなく、そうなっちゃっているんだよ。
その人はね、自分が出会ってきた色んな問題を
自分の中でうまく処理するために
そういう人格を作ることがどうしても必要だったんだよ。
そうでしかあり得なかったんだよ。
その人がそうでしかあり得なかった理由が
ぜんぶすっかり理解できたなら
その人に対してきみが抱いている感情は消えてなくなるんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ペネトレのこの言葉、説得力ありますね。
哲学に興味が沸いたときに入門書として価値のある本なので
子供だけでなく大人にも読んで欲しいと思います。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


育児・3人兄弟/姉妹ランキング



・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/08/22 12:14:01 AM
2019/08/07
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→岡田淳 びりっかすの神さま 1296円

小三の次男の夏休みの読書感想文を書くために
借りたのですが、大人の私が読んでも面白かったので
中3の長女にも奨め、長女も面白いと言って読んでいます。

始が転校してきたクラスでは成績順に席が決まっていて
始は一番後ろの机に座らされた。
クラスのみんなに笑われるが最初は理由が分からない。
しかし、隣のみゆきだけは笑っていなかった。

テストの時間になると
みゆきのまわりをなにかが飛んでいるのが見える。
良く見ると背中に翼の生えた男が
パタパタと飛んでいるのだが他の人には見えていないようだ。

どうやらテストでびりを取った人のところに出没する様子に
面白くなった始は、算数の計算テストから漢字のテスト
本当は速いかけっこまで、びりを目指すことになった。

そんな『びりっかすの神さま』 と会うために
わざとビリばかりとるようになる始だったが
ある日、劣等生のみゆきがその存在に気づいた。

本物のびりだったみゆきとその神様を共有するうち
クラス内にはだんだん
『びりっかすの神さま』が見たいために
びりを目指す子が増え
クラス総出の『びりっかす作戦』が始まった。



ネガティブなイメージの『びり』を楽しく
そして友情を育むカギとして使ったストーリーの面白さは秀逸。
びりを目指すためにクラスのみんなが
少しずつレベルアップしていくという逆説的なお話に
読者はどんどん引き込まれていく。

子どもを成績で決めつける担任は
クラスの異変に精神的に追いつめられて
一時休職となった。

その担任が復職し、眼鏡を外したら
『びりっかすの神さま』にそっくりだったという
オチだったのですが
それは担任の心境の変化を表していたんだなあと
唸ってしまいました。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/08/19 12:52:26 AM
2019/08/06
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです


初めての相手がどんな人間が知りたければ
何を読んでいるか聞くのが手っ取り早い
というのを、新聞か雑誌で読んだことがある。
なるほど、一理あるなあと印象に残っている。

自分の本棚を見られるのは何だか気恥ずかしい。
別にエロ本を隠している訳じゃないけど
自分の内面を探られているような気がするからかもしれない。

自分の部屋の本棚を改めて見てみると
ダイエット本から純文学まで雑多でポリシーが感じられない。
もう内容さえ忘れてしまった本もかなりある。
小学校の時に光GENJIの諸星和己の大ファンだったからか
北公次の書いた『さらば!光GENJIへ』
なんて本まであるのは、ちょっと笑える。

ベットに寝そべって本を読む
時々、クククッと笑ったり、ホロホロと泣いたりする。
主人公を応援しながら大きな溜息をつくこともある。
そして、いつのまにか眠っている・・・こういう生活は好きだ。

時として、無口な人ほど強い主張を持っていたりする。
そんな人に逢うと
この人、本が好きなんだろうなと、勝手に想像する。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/08/18 09:37:14 AM
2019/08/02
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→泣いた赤鬼 1512円

『泣いた赤鬼』は日本の童話の中で一番好きなお話です。
鬼が出てくるお話は、桃太郎の鬼のイメージが強くて
悪い鬼と思ってしまいますが
このお話の赤鬼は優しく
そして青鬼はもっともっと優しいのです。
じんわりと心に染み入る良いお話です。

心の優しい赤鬼は人間と仲良くなりたくて家の前に貼り紙をする

『心の優しい赤鬼の家です。お茶とお菓子を用意しています。
どうぞ遊びに来て下さい。 赤鬼』

村人は鬼を怖がって誰も赤鬼のところに遊びにいきません。
悲しむ赤鬼をみて、青鬼が一計を案じたのが
青鬼が暴れて村人を困らせ、それを赤鬼が退治するという芝居だった。

その作戦は大成功し
そのおかげで村人が赤鬼の家に遊びにくるようになり
赤鬼は村人と一緒にお茶を飲んだり、子供と遊んだりして
楽しく暮らせるようになった。

しかし、それ以来、青鬼が姿を見せないので
心配になって青鬼の家にいくと家の入り口に貼り紙があった

『赤鬼君へ 村人と仲良くなれて良かったね。
僕と君が仲良くしていると村人が君を疑うようになるので
僕はこの村を離れます。
さようなら、いつまでも君の友達 青鬼』

貼り紙を読んだ赤鬼は大声でワンワン泣いた。
青鬼のおかげで村人と友達になれたけど
失った友情は、それよりもはるかに大きかったのだ。

この物語を読んでから鬼に対するイメージがガラリと変わった。
青鬼の強い優しさと男らしさに私は惚れたね。
こんなに余韻のあるラストシーンの
『泣いた赤鬼』は名作中の名作童話
大人にもお奨めの一冊です。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/08/19 12:22:28 AM
2019/07/26
カテゴリ:私の本棚
キレイになりたい気持ちが最高の美容液。ワタシらしいワタシでいるために使っているものです



★商品を見る→中川李枝子 子どもはみんな問題児 1080円

『子どもはみんな問題児。』は友達に教えてもらって
読んだのですが、読み進むうちに
自然に涙がこみ上げてきました。

著者の中川李枝子さんは17年間保育士をされ
『ぐりとぐら』『いやいやえん』など
絵本の作者としても有名です。

自分の子育てはこれでいいんだろうか?
と迷っているママに絶対読んでほしい1冊です。
中川さんの言葉に共感したり、反省したりしながら
子供達に対する温かい眼差しに感動しました。

『子どもはみんな問題児』と言われると
なんで? どうして? こんなことをするの?
という困った場面で『でも大丈夫だよね』と思わせてくれ
ママたちを勇気づけてくれる素晴らしい言葉と思います。

子育てに自信がなくなったり
子育てが辛いなあと思うことがあったら
ぜひ読んでほしい1冊です。


 

ランキングに参加しているので応援クリックしてくれたら嬉しいです♪

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




・ + ・ + ・ + ・ 暇があったらあんずの本館にも寄って下さい ・ + ・ + ・ + ・








Last updated  2019/07/26 12:00:07 PM

全89件 (89件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

Profile


あんずの日記

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.