1240800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味の自己啓発

2019.08.17
XML
カテゴリ:国鉄
​​晴れ今朝、大幅遅延で昨日のブログUPを済ませた後
 
とっとと寝る予定だったのですが、寿司を17皿も食べたからか
 
なんか全然馬力が残っていまして、結局そのまんま活動しています(爆)
 

 
事故!? ​  

航空母艦信濃が進水早々沈没したなんてことがありましたが、違います(笑) 
 
あの後、作り終わったスロ54/スロフ62の資料を整理していたところ
 
とんでもないエラーを見つけてしまい急遽、車両工場に逆戻りという有様でして雫
 

 
 
あっかんべー航空母艦信濃というよりもむしろこっちですかねw
  

 
上矢印昔、身延線70周年記念で115系を身延線登場時の復刻塗装にする時、
 

本来は画像右の赤2号が正しいのに、イベント当日、フタを開けてみると画像左の
 
ぶどう色2号になっていて慌てて右画像に塗りなおしたというwww
 
(本職がガチで間違えるなんて都市伝説レベルですが、イベント広報文が
 
「ぶどう色」となっていて塗装担当者が勘違いした、というのが今のところ定説) 
  
 
 
ノートで、こちらのエラーですが、スロ54、再度歴史を確認すると
 
登場したのは1952~1955年、1964年に青15号が採用、検査表記が現在のタイプに変更と
 
26と29が試作冷房改造、1966~1967年に残り全車が低屋根化して冷房改造、
 

1969年に東京の管理局が分割(東オクは北オク)と、等級制廃止(一等→グリーン車)
  

ショックハイ、つまり非冷房のスロ54は1等で東オクでないといけないんですよね雫
 
ということでイチかバチかツマヨージと耐水ペーパーを使って、せっかく転写した
 
グリーンマークを撤去作業中というのが最初の画像です(失笑)
 
ついでにたまたま目についた傾いて転写されちゃっている右下の
 
換算表記も修正することに。
 
 
 
星なんとか無事に撤去でき(おかげで撤去する時の手順がこれで確立しましたw) 
 
またまた米粒サイズと格闘する羽目に(苦笑)
 


上矢印そのうちのひとつ、「北オク」を「東オク」に変更しているところ。
 

因みに定員部分、超拡大してよーーーーーく見ると「寝台数  54」となっているのですが
 
まぁ裸眼視力が5くらいある人じゃないとまず読み解くのは不可能なのでOK(笑)
 
そういえば視力良い人ってマクロ側もよく見えるのでしょうかねぇ? 
  
 
 
星他の修正箇所 
 


上矢印所属を東オク、傾いた換算表記も転写し直し、ドア上表示は一等に変更しました。 

この角度で見るとこれで完成w でも良さげですが、光線具合によってはツヤの感じが
 
グリーンマークのあった部分のみ違うし、ちょっとした拍子にインレタが剥がれてしまう
 
危険性があるので.. 

  
 
 
ほえーまたそこだけのために大工事(苦笑)
  


上矢印トップコートは透明パーツにかかると透明パーツがクモるので窓を全てマスキング(左)
 

反対側面と妻面はトップコートが吹き込んでしまわないようマスキング。
 
一応、万が一(マスキングテープの糊でインレタが剥がれる)を考慮して、インレタ部分は
 
コピー用紙を切り出して保護しています。
 
 
  
星半光沢トップコートを吹き付けですが 
 

 
上矢印持つ部分が無いので半分ずつ乾燥を待って吹き付けています。
 

逆に裏はコピー用紙なのでこんなふうに直置きしても無問題。 

なんか映画「カサンドラクロス」の伝染病隔離列車を思い出しww

 
 
 
星伝染病解決乾燥確認してマスキングを剥がしたところ 
 


上矢印ツヤの具合も整い、窓もクモらず、インレタも保護されて無事成功ですOK
  

 
 
星反対側面も同様に処理してトップコート吹き付け 
 


上矢印こちらも成功OK 因みに台車は作業性やトップコートによる悪影響を考慮して
 
外しているのですが、それに混ざって一部床下機器がありますが、マスキング処理中に
 

本当にカサンドラクロスから転落事故を起こして外れてしまったものです(汗)
 
 
 
失敗全てのトップコートが乾いたのを確認して、そんな転落事故の遺産を処理します。 
 


上矢印再度タミヤセメントで接着、乾燥後、黒色で接着部分を色差しして整え
 

これでスロ54非冷房車が、真・完成 ですグッドNEW
 
 
 
星着色済みエコノミーキットNo.11027 
 
 
 
上矢印スロ53形(青色・淡緑色帯付き)改造、スロ54 18   
 
 
 
星反対側面  
 


上矢印1964年に青15号が採用され、1966~67年に冷房改造されるまでの姿となります。
 

この間、たった2、3年なので、もしかしたら全車両、冷房改造=青15号に
 
塗り替え。という悪魔のようなシナリオも頭をよぎるのですが、まぁそれまでに
 
検査切れになれば必然青15号に塗り替えられる羽目になるから大丈夫でしょう、たぶんあっかんべー 
 
 
 
星残務整理が残ってました(苦笑) 
 

 
上矢印今回の車両では使わない余ったパーツ群、このまんま保管は場所とってしょうがないので 

全て切り出し、ついでにバリやゲート処理して保管します(左画像左上のケース内は

 
絶賛工作中断中のオロハネ10のもの(爆)←これも進めないとイカンのですけれどねぇ
 
 
 
!そんなオロハネ10、スリガラスパーツ(下の右画像)が今と違うことに気付きました。
 

左は今の塗装済みキット付属のもの、右が20年以上前のオロハネ10キットのもの。
 
微妙に茶色く変色しているようにも見えますが、元からなのか経年劣化なのか
 
今となっては確認する術がありません(失笑) ただ、今のより薄い材質なので
 
むしろこっちのほうが作業性は良いのだけれど...

 


上矢印あと、処理していたパーツからいくつか。
 
左画像左から、●ダミー連結器、ぶっちゃけ胴受けすら無いこのパーツを、台車から
 
アーノルドカプラーを切り飛ばしてまで使う人って居るのだろうか(苦笑)
 
●ガーランドベンチレーター(と、その半分サイズのもの)、旧キットは左側のただの
 
十字型(半はT字)のパーツでしたか、塗装済みキットには別ランナーで最近の
 
ちゃんとスリットが表現されているもの(右側、因みにどちらもひっくり返してあります)
 
が添付されます。つまり大量に余りまくる旧パーツはもはやゴミ同然なんですけれど...
 
グリーンマックスでランナーやこうした使うことのないパーツを回収して
 
何グラムあたり100円引き割引券進呈とかしてくれればいいのに。
 
●蓄電池箱ですが、これは北海道に見られた本州のより大きいタイプ。
 
今まではこのパーツが無かったのですが、これで北海道車をより忠実に再現できるように
 
なりました(因みに今回作ったスロ54 510には不要なんですけれどね(失笑)
 
●床下冷房装置... っぽいパーツ? オロハネ10のキットにくっついていたのですが
 
オロ54の冷房試作車のプロトタイプ画像と比べるとなんかそれとして使えそうです。
 
前記した「悪魔のようなシナリオ」がもし本当だったという根拠でも見つかった時は
 
これを利用して冷房試作車に再改造も考慮しておこうと(笑)
  

 
  
星余りパーツといえばコレも。 
 


上矢印これまでグリーンマックス製台車のスタンダードだった台車ケース(左)
 

製作中の細かいパーツを保管したりデカールの水槽に使ったりと何かと便利なのですが
 
数が増えると結局邪魔なだけになり、自分もかなりの数を破棄してきましたが
 
今後、値段が400円から600円に値上がりした製品からは右のようなチンケな紙箱に。
 
こうなると俄然捨てたくなくなっちゃうわけですが、かとて用途も無いんですよね(失笑)
 
因みに画像のTR232、うちにもマニ44の手つかずキットがあるので自分も欲しい
 
のですが、2両分1200円もするし、キットにタイプとして付属のTR50台車が2両分、
 
華麗に余っちゃうのでどうしたものかなんですよねぇ(鬱) 
  
 
 
星そんなグリーンマックスのHPを見ていたら、秋葉原店ではなにやらイベント開催中と。
 
 

上矢印トレジャーワールド! 今まで制作した客車群、形式番号以外のインレタは全てこの
 

トレジャータウン製w 自分はググってピンポイント爆撃でしたが実はこんなに製品が
 
あるとは!! 使いこなせばかなり精密で実車に忠実な作品を作れるでしょうが
 
価格もそれなりにするということを覚えておかないとです(苦笑)
 
そして隣の金属キット工作実演、これは是非見てみたいけれど秋葉原は遠いし
 
オカネもかかるんですよね。いやコレ、販促名目で動画サイトにUPすれば
 
これまで金属キットにとっつきにくさを感じているモデラー啓発にもなって
 
売り上げ伸びると思いますよ、ボナファイデ氏www 
 
そして下、横浜駅界隈で唯一、ガレージメーカーパーツを取り扱っている 

イモン氏からのDM。今、ビックサイトはアツいことになっているらしいですが
 
人混み苦手だし糞猛暑だし無理~ でも昔みたいに高校生のバイト代で買えたのが 

今や誰が買うんねん! みたいなボッタクリインフレ価格になった鉄道模型、
 
一体どんな人が会場に訪れているのかはちょっと興味があります。
 
たぶんアラブの石油王とかでしょうなwwww 
 
 
 
ショックもはや趣味というよりノルマになり果てている気もするこちらも。
 


上矢印サンダーバードプラモの消防トラック、残す反対側の側面ですが
 

左右対称にしなくてはカッコ悪いので裏側からチェックしながら
 
削り込んでいきました。 
  
 
星というわけでようやくベースとなる車体部分が。 


 
上矢印ただ、ライトまわりとかにハッキリ出ていますが、粗削りしただけなので
 
細目の耐水ペーパーで仕上げないとなりませんが、流石に眠くなってきたので
 
次回に繰り越し(爆) 今度こそ、ブログUPしたらとっとと寝ます。
 
ってホント、生活リズム滅茶苦茶うっしっし​ゞ​

 ​






Last updated  2019.08.17 18:06:21
コメント(6) | コメントを書く

PR

Profile


シャク返せでごんす01

Calendar

Favorite Blog

JAL旅客機コレク… New! エンスト新さん

3DCGを造る..… New! MOTOYOSさん

EF65 2057牽引 日鐵… New! 鉄人騎士。さん

奈良線に乗って(^-… New! こたつねこ01さん

宝塚の前にはやっぱ… New! ヴェルデ0205さん

十六夜の月 New! MoMo太郎009さん

バッグの中身に、L80… New! Grs MaMariKoさん

利口な力士は残らな… New! 歩世亜さん

初日は出ず・・・ New! ナイト1960さん

ネット銀行の、キャ… 'Klavierさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.