1281365 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

にき☆ろぐ

PR

プロフィール


藍依78

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ヒヨコ帝国 熊谷ベアさん
無題 やめたい人さん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
渚の空-アニメの道 nagisa4290さん
物書きチャリダー日記 チャリダー1143さん

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) where can i buy cialis soft online with…
http://cialisvbuy.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) discount cialis pillcialis generika int…
yan4@ Re:海月姫  全11話(01/03) yan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死y…
yan4@ Re:海月姫  全11話(01/03) yan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死y…
yan4@ Re:海月姫  全11話(01/03) yan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死y…

フリーページ

2008年06月21日
XML
カテゴリ:
さて、いよいよこのアニメも最終回

前回ボロボロにやられてしまった真九朗たち
しかしそれでも紫を取り戻しに一人突っ走る真九朗
それを車で追いかける紅香

ということで前半はカーチェイス
この作品でこんな場面がみられるとはちょっと意外でした
しっかし色々壊しまくってるし凄いハンドルさばきだな紅香さん雫


さて一方真九朗は蓮杖と偶然会います
その中で紫の自由を要求します

そしてこのおかしな九鳳院の女の運命と奥の院について糾弾する真九朗
ここで色々と言ってた蓮杖ですが
結局あれって蓮杖のことなのかなぁと?

蓮杖も若い頃は紫の母をなんとかしたいと思いながら結局九鳳院の家に囚われたままでどうにもできなかったのあかなぁと
だから若さゆえに見えていない部分があるような真九朗がまぶしくかつ無鉄砲にしか見えなかったとか


あとこの作品
戦闘もリアルよりに肉弾戦で描くのは良いのですが
逆にそのせいで色々と突っ込んでしまいたくなってしまっているようにも感じます雫

今回の弥生さんとリンの再戦にしても
前回あれだけリンにボッコボコにされていた弥生さんがアッサリ勝ったり
前回紅香さんもしのぐような実力者に見えていた竜士がアッサリ真九朗にやられちゃったのは見てて思わずオイオイ!!と突っ込まずにはいられませんでしたほえー

弥生さんと真九朗の技が同じだったりひそかに伏線があったりはしたのですが
どうにも唐突感がぬぐえず残念な感じだったかなぁ・・・と雫


あとは紫の意思
この物語においてはいくら真九朗が助けを出しても
結局は紫が自分の意志で九鳳院からでなければ意味はないと思っていたのですが
今回その流れがちょっと唐突に感じてしまったかも

前回今回とかなりバトルに描写を割いていましたが
今回の後半のながれがかなり詰め込んでいるように思えてしまったので
もうすこし紫の意思の部分や蓮杖の感情面での部分の描写に当てた方が良かったのでは?と思わず思ってしまったり雫


また結末については無難なところに持っていった印象です
もちろんずっと続けられてきたしきたりであるものを1話か2話で何事もなかったように撤廃することはできませんし
蓮杖に当主とはいえそこまでの力があるような描写もされていませんでした

だからこそ紫が自分の意志で立ち上がり
自分で色々なことを学びながら未来や自由を選択していくというのは物語の着地点として良いと思いますスマイル

ただ最後に色々とその部分を足早に説明台詞で済ましちゃった部分が多いかなぁというのが残念かもほえー
角についての発覚のながれも本当の終盤に一気にやっちゃった感じですしね雫

最後の紫と真九朗のお別れもやけにあっさりでしたしね
ただ紫と語り合う蓮杖の姿は印象的でしたきらきら
やはり彼には紫の母のことはかなり大きかったんだなぁと

まぁこの後のことを考えると竜士が黙ってはいないでしょうし色々と大変なんだろうけどなぁと思ったりもするのですけれどね雫



総評
こちらの作品私の中では今期のダークホースでした
まったく見る気がなかったのですが感想ブログさんの中でやけに評判が良くて見て良かった作品でもありました

やはりこの作品はプレスコの醍醐味とも言える掛け合いが面白い作品でした
また日常の中の何気ないやり取りや紫の子供らしい細かい描写などがとても丁寧で
見ていてその雰囲気が楽しくて面白かったです

また沢城さんや碧木さんの演技も素晴らしかったですきらきら
特に碧木さんについては今回初めて知った方なのですが
上手く紫というキャラクターを魅力的に演じてらしたと思います音符

ただこの作品そういった日常描写が素敵な作品だっただけに
後半の紫奪還あたりの流れで少々まごついて結果的にちょっともったいない作品になってしまった印象ですほえー
今回も書きましたが最後はかなり詰め込んでしまった感じですしね雫

でも作画レベルも高かったですし
1クール私は楽しませていただきましたスマイル


こちらにとりあえず総評としてかかせていただきましたが
より客観的な総評を今期終了アニメの評価をしてみないかい?に参加させていただいて後に加筆か別記事であげようと思いますので



紅 kure-nai  1~3巻目セット 著:片山憲太郎 スーパーダッシュ文庫 


紅 kure-nai ED 「clossingdays」 新谷良子


にほんブログ村 アニメブログへ←もしよろしかったらクリックお願いします♪




拍手する






最終更新日  2008年06月21日 21時51分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[紅] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.