1469018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

にき☆ろぐ

PR

X

プロフィール


藍依78

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ヒヨコ帝国 熊谷ベアさん
無題 やめたい人さん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
渚の空-アニメの道 nagisa4290さん
物書きチャリダー日記 チャリダー1143さん

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月

コメント新着

藍依78@ Re:おめでとうございます(11/27) yan4さんへ いまどうされているのですか?…
つわはす@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) ます!! (6) テーマ:イラスト付で日記を…
http://buycialisky.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) where can i buy cialis soft online with…
http://cialisvbuy.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) discount cialis pillcialis generika int…
yan4@ Re:海月姫  全11話(01/03) yan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死y…

フリーページ

2011年06月02日
XML
カテゴリ:映画感想
さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います!!
ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりましたスマイル
ちなみに原作は読んだことないです
ドラマと映画両方作られた作品は多いですが、こんな風に比較するように見たのは初めてかもしれません


まずは映画版
事前情報だともっと親子の描写が多いのかと思っていたので
現在の恵理菜と千草の描写が思いのほか多くて驚きましたびっくり
役者としては恵理菜も希和子も良かったと思いますよ
ただ個人的にイマイチだったのは劇団ひとりかな?
なぜこの人なんだろうと見てて違和感というか、気になってしまいました
千草は映画だと結構掘り下げられてましたがちょっとくどく感じる部分があったかなと思います

あとはエンジェルホームの描写もエンジェルさんがトリックに出てくるような人って感じでちょっと最初ひいてしまった部分はあります雫
(トリックはああいう作品なんでそれでいいとは思うんですがこの作品では浮いてた)
怪しげな団体という意味では映画のほうが雰囲気は出ていたと思いますけど

それと映画はやっぱり時間が少ないためところどころ展開が速く感じてしまいましたねしょんぼり
久美が帰ってくると言っていたのにその後スルーだったのは気になりました
両方見て思ったのは映画は焦点がかなり現在に向けられてるんですよね
血のつながらない誘拐犯に4歳まで育てられた恵理菜が小豆島で誘拐犯だった母の愛に気づき、前向きに生きることが主題になっていたと思います
そういう意味では後半の盛り上げ方は凄く良かったと思います
エンジェルホームあたりはイマイチでしたが、小豆島での親子の交流あたりは凄く良かったきらきら

あとは母親と恵理菜の部分だと希和子に言った言葉がそのまま娘から言い返される図ってのは結構えぐかったですかねしょんぼり
まぁどうやって恵理菜がその言葉を知ったんかいっていうのか気になりましたけど
実母と恵理菜のやり取りは映画のほうが印象的でしたね
裁判所の言葉の冒頭でインパクトがありましたし

最初の駆け足展開は残念ですが後半にかけてよくなっていたのが映画という印象です
その代わり希和子についての描写は薄くなってしまったなとは思いますが雫



そしてドラマ版
こっちは尺が多くあるためかなり多くのことを描くことができたなと思います
映画と違ってこっちは希和子が主役で彼女に感情移入させるようなつくりになってましたね
ドラマ版に関しては前半の3話がかなり良かったと思いますきらきら
壇さんの演技も良かった
映画だとさらっと流されたりカットされていた部分が多く、物語に厚みが出たような気がします
特に久美のお話は子供をとられた側の母親ぼ描写ということで面白かったですねスマイル
エンジェルホームの描写もこっちのほうが現実味がある感じ
エンジェルさんも普通のおばちゃんだったし
まぁ正統に描きすぎかもしれませんが雫
雰囲気としては映画よりもこっちのほうが良かったかな

ただ後半はちょっと間延びしてしまいましたねしょんぼり
文治さんはドラマオリジナルらしいですが、個人的にはそこまで楽しめたわけではないかなと
交流自体はほほえましかったし上品な描き方だなと思いましたけどね
6話での手を振る場面は好きでした音符
ただ引き伸ばし感が強く色々と濃かった前半に比べると見劣りしてしまう部分も

あとはきいちゃんも個人的にはあんまりぴんときませんでした
ドラマはあくまで希和子が主体で恵理菜の描写が少なかったからかもしれませんが
小豆島で希和子の愛を知る部分は映画版のほうが畳み掛ける演出で好きでしたかね
希和子の叫んだせりふを思い出すって場面でのせりふがイマイチしっくりこなかったので雫

あと最後に希和子のその後がありますが
最後の薫という叫びと振り返りながらもそのままいく恵理菜という閉め方が個人的には微妙でしたかね
恵理菜がどう思ったのか?がまったく見えなくてもう少し表情とか動きとかで終わりとして恵理菜の感情の決着を見たかった
え?これで終わり!?と思ってしまったので

映画もこれで終わりなのか・・?と思う部分がありましたがドラマ版はそれ以上にちょっともやもやしてしまったかな
前半がかなり良かったので後半はちょっともったいなかったと思ってしまいましたかね
映画版を先に見ていて話の筋がわかっていたからって部分もあるかもしれませんが雫

あと音楽はテレビ版のエンディングが凄く良かった音符
沖縄民謡みたいでしたが母の子を思う歌で雰囲気があってこの作品の余韻を凄く良くしてくれたと思いますきらきら
映画のEDはあまり印象に残ってないので


結局映画もドラマもよい所と微妙なところそれぞれあるなという印象でした
個人的には全体の雰囲気はテレビのほうが好き
後半の部分や終わり方は映画のほうが好きでしたかね
原作も読むとまた印象は変わるかもしれませんが
なんにせよ2つの違った解釈の八日目の蝉を見ることができて面白かったですスマイル

ただ一番最低なのは旦那なんだよな!!
そこらへんはあえてですがスルーしているのがちょっと気になりましたかね雫


[DVDソフト] 八日目の蝉 DVD-BOX

[DVDソフト] 八日目の蝉 DVD-BOX
価格:9,216円(税込、送料別)




八日目の蝉

八日目の蝉
価格:619円(税込、送料別)







最終更新日  2011年06月02日 23時54分32秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.