1423961 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

にき☆ろぐ

PR

X

プロフィール


藍依78

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ヒヨコ帝国 熊谷ベアさん
無題 やめたい人さん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
渚の空-アニメの道 nagisa4290さん
物書きチャリダー日記 チャリダー1143さん

バックナンバー

2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月

コメント新着

藍依78@ Re:おめでとうございます(11/27) yan4さんへ いまどうされているのですか?…
つわはす@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) ます!! (6) テーマ:イラスト付で日記を…
http://buycialisky.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) where can i buy cialis soft online with…
http://cialisvbuy.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) discount cialis pillcialis generika int…
yan4@ Re:海月姫  全11話(01/03) yan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死y…

フリーページ

2011年10月01日
XML
カテゴリ:映画感想
さて、久しぶりに映画館で見た実写映画です。
予備知識は大学生のボランティアの実話映画ってだけでした。
個人的には面白そうだな~と思っていましたが見てよかった映画でした。
あとタイトルがなんだかラノベっぽいなぁとか思ってしまいましたw


あらすじ
医大生のコータ(向井理)は友人たちと楽しい日常を過ごしていたが、何か物足りなく感じていた。ある日、海外支援のパンフレットに目が止まったコータは、すぐに知り合い全員に「カンボジアに学校を建てよう!」とメールを送る。実際に現地へリサーチに行くまでに活動を本格化させるが、そこには想像以上の現実が待ち構えていて……。



ということで若者が一つのことに向かって頑張って挫折してそれでも何か掴むという青春映画としては王道な映画でした。
ただ、実話がもとになっているためかドキュメンタリー調の演出が多く、カンボジアのシーンではどこまでが演技でどこまでがアドリブや素なのか分からないぐらいの表現になってます。
また、映画に出演したカンボジアのガイドさんは実際に彼らをガイドしたかたらしく、彼の語るお話は真に迫るものがありましたね

前半は充実しているはずなのに満たされない、このまま大人になってよいのだろうかという大学生の主人公の現状
そしてそこから何かしたいと動き出すまで
ここはまさに青春映画らしいかな
最近の学生っぽい描写が良くでていたと思います
まぁ医大生ってもっと忙しくないのかな?とかボランティアについても考えが軽薄すぎる部分があるなーとか資金集めの方法ってクラブイベントかよ!?とか突っ込みどころはいくつかありましたが
社会を知らない学生だからの思い込みや行動なんだなーとあまり気にならずに見れましたね

私自身まだまだ視野が狭くて知らないことばかりだけれど
やっぱり大学生ってある意味中途半端で知っているようで何も知らなくてでもそれをよくわかってないような気もするので


やはり引き込まれ始めたのは彼らがカンボジアに旅行に行ってからですね
現地の映像もよかったですし、彼らがそこで知る現地の状況というのが興味深かった
エイズの感染者との交流や悲惨な過去の歴史を知ること

私自身ポルポトのことは歴史の知識としては知っていましたが
実際の収容所のことやそのときの国民のお話などは初めて聞くことばかりでとても興味深かったです
子供を木に殴りつけてとか、実際に骨がとかはなかなかきついものがありますよね
正直この部分は映画というよりもまさにドキュメンタリーであり、ある意味ずるいんですけどね

その中での彼らの顔つきとかはある意味本当の部分もあるんだろうな・・・とか
そこから帰国して色々とトラブルもあるんですがある意味大学生らしいかなというような展開だったかな
まぁ主人公の思いつきで始まったことで芯や団結がないままだったからってのもありますが

でもしゃべったりまとめることが苦手だった主人公が最後の演説で思いのたけをぶつけるシーンやひとりではどけられなかった切り株をみんなでどけるシーンなんかは良かったな
男の子が学校行けるようになったシーンはちょっと出来すぎにも見えちゃいましたけど
あとは青空を歌うシーン
エイズの彼女が亡くなってしまったことはショッキングですがちょっと演出をくどくしすぎちゃったかな

ただ作中でもこんなことは偽善じゃないか、ちっぽけなことで世界が変わるはずがない
そう思いながらも学校をたてることをなしとげたことは大きいだろうし
彼ら自身が得たものも大きいんじゃないのかなと思う
少なくともここまで行動したことは凄いなと感じます


少し残念だったのは主人公たちがちゃんと実話では学校だけでなく教師や文具のことなどにもきちんと配慮したことが描かれなかったこと
この原作の本の売り上げも寄付されるんですよね
そういった彼らが一番難しいとされる継続的な支援に動いてるってことが映画では上手く伝わっていなかったのは少し残念かな
まぁどちらかというと青春映画としての意味合いが強いからかもしれませんが

役者としては向井理が頑張ってましたね
まぁ大学生は年齢的にちょっときつい部分もありましたが頼りなさって部分ではうまくはまっていたと思います
あとは若手の俳優さん
松坂桃李は知ってましたがこういう役は初めて見たので少し新鮮でした
チャライようで見えて実はかなり真面目な役でしたからね
(シンケンジャーもまともに見たことはなかったけどね・・・・)
あとの柄本佑と窪田 正孝は初めて知る方々でしたが皆さん良い感じだったと思います
(ある程度素の部分もある映画だとは思いますけど)
あと脇を固める阿部ちゃんやリリー・フランキーが良い感じでしたねw

何にせよいろいろと思う部分のある映画で見ることが出来てよかったです









最終更新日  2011年10月01日 22時30分58秒
コメント(5) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


pcgZGDjVCHfu   lkjiyiclpug さん
4Ft7gt <a href="http://ehsxcompekxp.com/">ehsxcompekxp</a>, [url=http://tvmnsxfjxtoq.com/]tvmnsxfjxtoq[/url], [link=http://qffrwpjiqejh.com/]qffrwpjiqejh[/link], http://qtbffpekouqq.com/ (2012年12月12日 15時02分21秒)

yrKloPIKMEOqjnUbY   yqhbzycjw さん
oXkHZR <a href="http://rmdvfkvtmuvq.com/">rmdvfkvtmuvq</a>, [url=http://wdycsytwwdeq.com/]wdycsytwwdeq[/url], [link=http://xdqhejwlsmhe.com/]xdqhejwlsmhe[/link], http://yicglnyeshus.com/ (2013年02月13日 12時54分11秒)

zodGNKdcPrvPK   vdrtllrsixa さん
rQV3Ke <a href="http://pjtdordshuul.com/">pjtdordshuul</a>, [url=http://sozximzmcsvy.com/]sozximzmcsvy[/url], [link=http://dxgaqdlfzqto.com/]dxgaqdlfzqto[/link], http://zoawumdrrqbq.com/ (2013年04月15日 00時09分58秒)

chQocZaNUTBg   svyzuy さん
kI6dUe <a href="http://yezndlvdulpd.com/">yezndlvdulpd</a>, [url=http://nrekbdjqgsna.com/]nrekbdjqgsna[/url], [link=http://xnhkiyckyidt.com/]xnhkiyckyidt[/link], http://lozvanfgidua.com/ (2013年11月11日 19時50分31秒)

pPcOJwujcPGaCxGNt   magpiuk さん
XtTPfk <a href="http://talwmvazdnlh.com/">talwmvazdnlh</a>, [url=http://hakuengtnxok.com/]hakuengtnxok[/url], [link=http://qbfkreduwlyn.com/]qbfkreduwlyn[/link], http://ladabyrmumyb.com/ (2013年11月19日 10時20分20秒)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.