1332079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

にき☆ろぐ

PR

プロフィール


藍依78

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ヒヨコ帝国 熊谷ベアさん
無題 やめたい人さん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
渚の空-アニメの道 nagisa4290さん
物書きチャリダー日記 チャリダー1143さん

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

コメント新着

藍依78@ Re:おめでとうございます(11/27) yan4さんへ いまどうされているのですか?…
つわはす@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) ます!! (6) テーマ:イラスト付で日記を…
http://buycialisky.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) where can i buy cialis soft online with…
http://cialisvbuy.com/@ Re:15万HITありがとうございます!!(09/30) discount cialis pillcialis generika int…
yan4@ Re:海月姫  全11話(01/03) yan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死ねyan4死y…

フリーページ

全227件 (227件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

アニメ感想

2011年07月22日
XML
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
うさぎドロップ 第3話 「ダイキチの決めたこと」
とりあえず大吉かっこいいな~!
ここまでりんのことを考えて接してあげることができるのが凄いとしか
もっと女の子の扱い方がわからなくてあたふたするかと思ってたんですが今のところかなりスマートですよね
(ちょっと理想の男性っぽい感じもしますけど)

今回もりんのために仕事の部署を変えてもらったり
同じ職場の働く女性や大吉のお母さんのお話とか働きながらの子育てについての描写なんかも良かったですね
しかし部署の人に引き止められるとか大吉もかなり仕事できる人なんだな
上司が理解あるってのも良かったなと思います
こういうのって上手く受け入れる側も余裕ないと上手くいかないだろうし

あとはおじいさんのことで死に対して敏感になっているりんに対して大吉がやさしく語りかけるところは良かった
抱きしめて受け止められる大吉は凄いな
そして相変わらずりんちゃんかわいい!!
大吉の実家を去るときのばいばいが良かった
あとCパートのやりとりもほのぼのとして癒されます


NO.6 第3話 「生と死と」
う~んなんでこんなにBLっぽいんだ(笑)
私は原作を途中まで読んでいるんですが、原作よりもアニメはBLっぽい感じでなんだか見ながら笑っちゃいましたよww
やたら脱いでるからなのかやたらスキンシップだからなのか良く分からないけどそんなかんじで笑えます
お話はシリアスなんだけど演出がイマイチなのかな??
あと音楽がところどころ気になりましたしね

お話としては一気にすっ飛ばした印象
今回でイヌカシ登場までやるとは
まぁ飛ばしていかないと終われないだろうしな
イヌカシの雰囲気は割りと原作からの想像通りだった感じです

しかし演劇がかったネズミの仕草がなんか滑稽に見えてしまったのはちょっと残念かな
キャラ設定的に引き込まれるような見せ方をしないと・・・
とりあえず最後の場面、紫苑くんはもっと現実をみて発言しよう!



【送料無料】うさぎドロップ(1)

【送料無料】うさぎドロップ(1)
価格:980円(税込、送料別)



【送料無料】NO.6(#1)

【送料無料】NO.6(#1)
価格:500円(税込、送料別)



【27%OFF】[Blu-ray] NO.6 VOL.1(完全生産限定版)

【27%OFF】[Blu-ray] NO.6 VOL.1(完全生産限定版)
価格:3,066円(税込、送料別)







最終更新日  2011年07月22日 23時05分25秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年07月15日
カテゴリ:アニメ感想
輪るピングドラム 第2話 「危険な生存戦略」
1話は後半のインパクトで持っていった作品でしたが
今回も割りと不穏な話でしたね
まぁインパクトという点では1話には劣った感じですけど

生存戦略のシーンはやっぱりバンクかな?
セーラームーンでもウテナでもバンクシーンはずっと使ってたからな

今回はピングドラムを探せということでしたが
兄弟の違いってものが見えて面白かったかな
しかしあのペンギンは便利だなぁ
さっそく活用しまくってて笑いました

今回出てきたりんごちゃんがまさかのストーカーでやばめな子でしたけど
このこがどう関わっていくのか?
まだまだ見えない部分が多いのでどうなるか楽しみですかね


BLOOD-C 第2話 「きみがため」
さて、2話でしたが今回もかなりゆったりめなテンポでしたね
かなり日常と戦闘シーンの乖離が激しいですね

気になるのは小夜かな
父様への心酔ぷりがいきすぎてるのと、戦闘モードと日常のギャップですかね
日常は今後のために必要なんでしょうけどもう少し面白い見せ方をしてくれるといいんだけどな
次回あたりそろそろ動きが欲しいかな

輪るピングドラム 1(期間限定版)(BD) ◆20%OFF!

輪るピングドラム 1(期間限定版)(BD) ◆20%OFF!
価格:7,392円(税込、送料別)



【送料無料】輪るピングドラム(上)

【送料無料】輪るピングドラム(上)
価格:1,470円(税込、送料別)







最終更新日  2011年07月16日 01時11分26秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
うさぎドロップ 第2話 「ゆび切りげんまん」
いやぁ~良いですねこの作品
今回も共同生活をはじめた大吉とりんの描写を丁寧に描いてますよね

今回も大きな事件はないんですけど、りんの子供らしい言動や心の動き
大吉の初めての子育てに必死になる姿など非常にこちらに共感しやすい描写でしたよね
忙しいだろうし色々とやらなくちゃいけない大吉だけど、一番にりんの思いを考えてあげてるのは本当にえらいなぁ
ハリセンボンを大吉が食べるシーンや夜の街を肩車するシーン、最後のCパートも良かったですね
なんというか過不足なく2人の物語を見せてくれている感じで非常に見やすいですね
りんの母親についてもどこまで掘り下げるのか?
次回も楽しみです


NO.6 第2話 「光をまとう街」
今回もわりとゆっくり展開かな?
1巻の内容を3話ぐらいかけてやるのかな

今回は展開が動き出して1話よりも面白かったですね
沙布ちゃんの爆弾発言は原作でも読んで驚きました
いや、児童書のノリで読んでたので・・・アニメで見てもインパクトありましたねw
でも彼女は上手く自分の気持ちを伝えられなかっただけなんですけどね

あとこの作品音楽が所々で気になるかも
ここでなぜその音楽?ミスマッチじゃ・・・と何度か思ってしまいました
ネズミが助けに来たところはかっこよかったですね
あの後の紫苑とのやりとりはどうなんだ・・・と思いましたけど

次回で一応1巻が終わりかな?
11話しかないのでどうまとめるんだ?という気がしますが楽しみにしておきましょう


【送料無料】うさぎドロップ(1)

【送料無料】うさぎドロップ(1)
価格:980円(税込、送料別)



【送料無料】NO.6(#1)

【送料無料】NO.6(#1)
価格:500円(税込、送料別)



【27%OFF】[Blu-ray] NO.6 VOL.1(完全生産限定版)

【27%OFF】[Blu-ray] NO.6 VOL.1(完全生産限定版)
価格:3,066円(税込、送料別)







最終更新日  2011年07月16日 00時59分17秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年07月08日
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
さて、今期も大体出揃ってきた感じですが
またまた見た作品から感想かいていきたいと思います


輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」
さて、幾原監督の10数年ぶりの監督アニメ作品
色々とオリジナルということで情報がふせられていましたが1話としては色々とぶっとんでましたね
キャラ原案はリリィさんということでやっぱり少女マンガチックでしたね
しょっぱなの家もかなりカラフルでしたし
電車の描写やモブなど色々と独特でした

前半は病弱な妹と双子の兄の描写ということで落ち着いた展開でしたね
ちょっと急いでる感じはしましたけど
しかし後半の生存戦略のキーワードは強烈でしたね
突然の変身シーンにはびっくりですよ
しかもその後の描写がまたきわどい比喩表現っぽくて意味深ですね
一体兄が何を抜かれたのかまだまだ分からないことだらけですが
しかし1話のインパクトとしては上出来ではないでしょうか?

2クールのオリジナルということでインパクトだけで引っ張っていくことは難しいと思います
今後キャラたちがどういった物語を展開していくの期待していきたいと思います
あと声優さんですが妹はそんなに気にならなかったかな
ジャイアンは叫ぶ部分がちょっと上滑りっぽく聞こえてしまうのが気になります
まぁ慣れていけばいいんですけどね
原画とか1話凄かったですがこのクオリティが続くとよいですね


うさぎドロップ 第1話 「りんどうの女の子」
ある意味予想通りな物語ではありますがそれでも良い1話でした
淡い色合いの世界観やなかなか凝った葬式描写とかもよかったですね
おっさんと幼女というある意味鉄板とも言える組み合わせではあるんですけど

りんがいいキャラだなと思います
レイナちゃんは対比対象としてちょっとアレな描かれ方はしちゃってますが
物静かにしていたりんが泣いたシーンは印象的でしたね
しかしじいさんはいくらなんでも頑張りすぎだろうと突っ込まずにはいられないww
(りんて何歳なんだろう?)

あとはCパートのご飯のくだりとか
ほほえましくてニヤニヤしちゃいますね
テーマは分かりやすい作品ですが、じっくりとりんと主人公の交流を描いていって欲しいなと思います


NO.6 第1話「びしょぬれネズミ」
さて、こちら原作は途中まで読んだ事があります
が、刊行ペースが遅いのもあって途中から読んでないんですよね
完結したらしいですが、途中までのおぼろげな部分しかストーリーは覚えてません
私は原作者のあさのあつこさんのバッテリーという児童書が好きだったんですよね
NO.6はヤングレーベルなので多少児童書よりも上の年齢をねらった原作かな?
ちょっと児童書のノリで読んでたら驚いたので

今回は紫苑とネズミの出会いですがかなりじっくりやったなという印象です
今回の話はAパートぐらいで終わらせると思っていたので
原作も巻数はあるので1クールだと展開を早くしないと大丈夫かな?とは思います
あとアニメで見ると雨の中外に出て高笑いしてる紫苑が本当におかしい人にしか見えなかったww
今後どうするのか少し不安な1話だったかな・・・・?


神様ドォルズ 第1話「神は来たりて」
こちら情報を全然入れてなかったのでタイトルからゆるい萌えアニメっぽいのかと思ってました
なので中身を見たら全然違って驚きました
村のしきたりやらなんやらで結構暗い話でしたね
いきなり人が死んでましたし

色々と狂ったしばりのある村のようですがおやしろなど気になるワードが出てきてましたね
ただ設定は興味が引かれましたが尻つぼみになってしまいそうな雰囲気もあるのでどうなるのかなと
とりあえず全然注目していなかったので今後どうなるのか気になります


BLOOD-C 第1話「あまつかせ」
BLOODシリーズとCLAMPのコラボ作品ですが
1話としてはまさにCLAMP!という感じでしたね
BLOOD+は小夜の性格がどうも苦手で途中から見なくなってしまったんですよね
今回はつながりはまったくない感じですが
1話としては間延びした印象でした
キャラ紹介と戦闘ということでしたがもう少し惹きつける要素があったほうがよかったかなと

あとはCLAMPが原作なのがどう出るかって感じですかね
1話のつかみは弱い印象でしたが
これからどうなっていくのか?という感じですかね






最終更新日  2011年07月08日 22時28分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月04日
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
さてさて、夏の新作も始まってきたので一話の感想をいくつか書きたいと思います

神様のメモ帳 第1話「彼女について知っている二、三の事柄」
こちら原作未読でありどんな話かもまったく知らずに見ました。
ニート探偵ということで結構男キャラが多かったのがちょっと意外でしたかね。
1話が2話分という事で結構ボリュームがありました
ニートの探偵という人たちなど興味深い要素はあるなと思いました
(ニートの定義は大分曖昧だとかんじましたけど)
なぜ彼らがこうやって集まって探偵してるのかがきになりますね

ただ気になったのはアリスかな
なんというか今回だけではあまりキャラが立ってない感じに見えました
(あとニート探偵で部屋にこもってるといってたのに最後あっさり外に出てたのはよかったのだろうか?)
今後彼女も掘り下げられていくと思いますが
ニート探偵の要である彼女のキャラがどれだけ立つのか?というのが気になったかな
今回の事件事態は重いものでしたが推理要素は薄かったかな
今後事件もどういうスタンスでいくのか?ってのは気になりました


うたの☆プリンスさまっマジLOVE1000% 第1話「七色のコンパス」
これ勝手に15分ぐらいのアニメだと思ってました
やたら作画に気合が入ってたのに驚きましたよ
OPがどっかのアイドルライブみたいになってて男性キャラでこういうのって珍しいですよね
ファンの歓声がやたらリアルだった気がしますw

お話としては高校の入学でヒロインがいろんな男キャラとの紹介回って感じでしたね
ここら辺はある意味ギャルゲと同じですかね
若本校長ははじけてましたけどw
あとヒロインの目が少し気になりましたかね
こんなに怖い目のヒロインはララ・ルゥ以来ですよww
(あれも慣れるまで怖かった)
とりあえずはヒロインの憧れる彼がどんなキャラなのかって感じですね
個人的に宮野さんはギャグはいったキャラのほうが生き生きとしてて楽しいんですけどね



セイクリッドセブン 第1話「イシの目覚め」
とりあえず1話目ということで作画に気合入ってましたね
千羽さんキャラデザということで主役の髪や目の感じがところどころギアスっぽい感じでしたね
ヒロインはいのまたさんキャラって感じですね

お話としては1話としては大分詰め込んでいるかんじでした
設定とかは割りと突っ込みどころ満載というか少し昔のアニメっぽい感じですよね
メイド隊については突っ込み待ちということで
個人的に気になったのは主人公かな
1話は展開重視なこともあって主役の性格がイマイチ掴みづらかったんですよね
(序盤と終盤で描かれ方が変わった感じですしね)
2話以降どういったキャラになるのか気になります


異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

なんという癒し雰囲気アニメ
個人的には背景が凄く綺麗で音楽が良かったですね
町並みを見るだけでも良いかんじでした
お話的にはかなりベタベタでしたね
まぁあれで通じないってなると色々と描写的にも面倒ですしね

湯音はかわいらしく描かれてましたし、クロードも嫌味のないキャラですね
今後雰囲気意外に何を見せていくか?になりそうな気がします
まぁ1クールなのでまったり雰囲気を見せるだけでもよいのかなとも思いますけど






最終更新日  2011年07月04日 23時52分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月19日
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
青の祓魔師 第10話「黒猫(ケット・シー)」

今回はOPも出てた猫のお話ですね
というか神父父ちゃんって結構凄い人だったんですね
たった一人の称号者だったなんて!!
なんかあんまりそういう風には見えなかったので驚いちゃいました

あと前から気になってたんですけど燐はあんまり父親のことを引きずらなすぎかな・・・雫
今回雪男とのいいあいではあんまりな物言いでしたし、ちょっと苦手な描写の仕方でしたしょんぼり
父親を自分で手を下したも同然なのだからもう少し思い悩んでもいいもんなんだけどな

まぁ燐が力足らずで悪魔の力にたよりきってたり突っ込む性格なのは本当でしょうね
それはちょっと心配ではあります

それとケットシーの猫又は可愛かったですね音符
(猫又が悪魔って不思議な感じですけどw)
主人を待つ動物とか声もかわいらしかったし、最後の猫又酒に喜んでるところがめっちゃキュートでした
お父さんとの話もよかったですね
しえみもケットシーを可愛いとかってめっちゃ喜びそうですねスマイル

次回はまさかの水着回!?
でも・・・出雲としえみだと水着回でも・・・・どうなんだろう?(オイ)


TIGER & BUNNY 第12話「Take heed of the snake in the grass(草の中にいる蛇に用心せよ」
今回は前半の大詰めですかね
オリガミについては私はまったく心配してなかったので大丈夫で何より

ただ、今回意外だったのでバニーと虎徹の関係に亀裂が入ったこと
前回までで、かなりバニーがデレデレだったので
しかも信用してくれなかったという理由なのがね
ここら辺は今まで人間関係を築いてこなかったバニーだからなんですかね

虎徹についてもバニーに対して心配しすぎな感じはしましたけどねしょんぼり
パートナーというよりは虎徹にバニーが寄りかかってた感じ
といっても今までのバニーの暴走見てたら心配になってもしょうがないと思うけどね
次回にはこの亀裂も修復されるのか!?
今回はどっちも悪いと思うので上手く仲直りと、さらなるパートナーとしての関係になると良いんですけどね

あとはまさかのジャンプ漫画展開w
個人的にはスカイハイと牛さんがあまりにもテンプレのかませキャラだったのは残念下向き矢印
牛さんが活躍するときはくるのだろうか
前回今回といい市長の描写あたりは少し酷いと思ってしまいますね雫
あとアニエスも数字の亡者過ぎてちょっと引いてしまったかな
ベンさん再登場はうれしかったです

それとジェイク役の藤原さんはよいですね!!
次回でいったんけりはつきそうですがどうなるのか?
死人が出ることはないと思いますが、気になりますね


【漫画】青の祓魔師 (1-6巻 最新刊)

【漫画】青の祓魔師 (1-6巻 最新刊)
価格:2,760円(税込、送料込)











最終更新日  2011年06月19日 22時12分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月05日
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
青の祓魔師 第8話「此に病める者あり」
さて、今回は結構アクションな感じでしたね
学園内の結界については気になってましたけど一応気にしてたのね
でも内部を疑うレベルにはなってないみたいだけど

今回はみんなで力を合わせて退治って感じで結構好きでした
それぞれのキャラが一生懸命になってる部分とか
黒巣はあんなナリですが真面目で結構いいやつなんだなとか
しえみも色々言ってましたが今回活躍してちょっと驚きました
あとずっとあのフードかぶってる生徒が気になって仕方がないんですけど
やっぱ今後実は敵だったとかになるんだろうか・・・・

神木に関しては前回あんまりいい印象はなかったんですが
性格悪いって自覚してんですね
というかわっかりやすいツンデレで笑っちゃいましたよ
これはしえみは雪男に神木は燐にフラグって感じなんですかね

しかしそう考えると燐の力って凄いですよね
今回も難なく倒してたし
先生が悪役としてばらしてきたんで次回はお話も大きく動きそうですね


TIGER & BUNNY 第10話「嵐の前の静けさ」
タイトルからしてもう少し穏やかかと思いましたが結構お話として動いてきましたね
楓ちゃんと虎徹のやりとりはお父さんの悲哀を感じちゃう感じですね
あとはヒーローたちの普段の姿が見れたのは面白かった
ネイサンのシャワーシーンとか嫌な予感がしましたけどそのまんまである意味笑いました

ウロボロスについてはこんなに堂々と出てくるとは思っていなかったので驚き
しかもクリームのあの衣装といいなんか一気に敵の組織(朝の番組的な)になった感じ
もっと現実的な路線で良くと思ってたのでこれは驚きかな
ちょっと世界観が変わってしまったような気はしますけど
あとバニーの親殺しの犯人がすげー雑魚キャラっぽいキャラデザなのがびっくり
あの男がウロボロスのトップかどうかはまだ分からない感じですね

それと今回はヒーローたち全員の活躍が見れたのもよかったかな
オリガミサイクロンも見切れだけじゃなくて活躍してたし
スカイハイのエアカッターとかかっこよかった
ただ怒涛の展開に対してちょっと演出的に盛り上げが足らないと感じてしまう部分があった気がしますが
戦闘シーンはもう少し頑張ってもらいたいかな

ここにきて一気に怪しいマーベリックさんですけど
中盤でこの展開だともう一ひねり何か来る可能性もあるのかな
中盤に向けて次回はオリガミがついに能力を生かすときでしょうか
楽しみですね


【漫画】青の祓魔師 (1-6巻 最新刊)

【漫画】青の祓魔師 (1-6巻 最新刊)
価格:2,760円(税込、送料込)











最終更新日  2011年06月05日 21時24分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年05月22日
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
おひさしぶりですがアニメ感想でも


青の祓魔師 第6話 「まぼろしの料理人」
今回は完全なるギャグ回でしたね
どうやら原作にはないオリジナル話だったようですね
話としてはなんという料理アニメw
料理で深め合う友情とか笑えました
燐のキャラで料理得意って良く考えたら珍しいですよね

でも料理ができる男子は凄く良いと思うけどな
料理って作って美味しいって言われると凄く嬉しいってのはわかります
これが毎日の義務になっちゃうと面倒になるときもあると思いますが

でもストーカー女の子たちはちょっとやりすぎて引きましたけど
雪男も色々と大変そうだ
というかしえみちゃんって雪男のことが好きなのか
いきなり雪ちゃん呼びになってて驚きました

今回は単純にギャグ回で次回でお話が動くのかな
原作のストックがあまりないからか結構オリジナルやゆったりしたペースですよね
まだキャラ紹介的な展開ですし


TIGER & BUNNY 第8話「必ず機会は来る」
今回はやっとスポットのあたった折り紙回
彼の素顔や性格が出るのは初めてでしたがこんなネガティブなキャラだったんですね
でもそんなに違和感はなかったかも
あのござる口調やハイテンションはキャラ作ってたのか

今回は彼の過去が明かされましたが割りとヘビーだったかな
虎徹にさとされて友人を盾になってまで守ってた姿は素直にヒーローでよかった
ただヒーローアカデミーなどについてはもっと詳しく知りたかったかな
ブルーローズやキッドは学校を出ているわけではないみたいだし

あとは虎徹とバーナビーの微妙な関係性も変わってた感じでしたね
今回割りとバーナビーがクールキャラじゃなかったのが印象的かな
だいぶデレてきたというか本気で心配してる虎徹に心を開いてきたかんじ?

CEOは相変わらず怪しいしルナティックさんはタナトスの声をきけとかいっちゃったりですが
今回は前回気合が入った分作画なんかは不安定でしたがお話としては悪くなかったしネタも色々と面白かったです

次回もこれまで出番が少なかったドラゴンキッド回
どうなるか楽しみにしてます


【漫画】青の祓魔師 (1-6巻 最新刊)

【漫画】青の祓魔師 (1-6巻 最新刊)
価格:2,760円(税込、送料込)











最終更新日  2011年05月22日 21時37分27秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年04月17日
カテゴリ:アニメ感想
とりあえずこれで今期アニメは出揃った感じですね!!
個別に感想書くのは難しいので曜日ごとに感想かいていきたいと思いますスマイル
一回書いた長文が消えて心折れかけてますががんばります雫


青の祓魔師 第1話「悪魔は人の心に棲む」
日5枠が最後というのも珍しいですね!
原作はジャンプSQの作品ですが読んだことはないです
エクソシストものなのでファンタジーかと思ってたら1話の前半はそんな要素が薄くてちょっと驚きました!?
個人的に兄弟のやり取りや神父とのやり取りは結構好きでしたかね
あの弟は今後絶対関わっては来るんでしょうけど
しかし藤原さんもこういう役多いなあ雫

ただ後半の中二的な展開は少し笑ってしまったかな?
いや、いきなりサタンの息子とかいわれちゃったらはぁっびっくりてなると思いますけど雫
まだまだこれからだと思うので様子見ですかね
とりあえずいいたいのはCMでネタバレするのマジやめてください!!
しかもあれってかなり重要なネタな気がするんですけどアニメスタッフさんいいんでしょうか?


デッドマン・ワンダーランド 第1話「死刑囚」
こちらめずらしく原作既読作品です
なのでちょっと感想は書きにくい作品かもしれません雫
弟が持ってたのを読んだので詳しい部分はうろ覚えな所も多いんですけどね
アニメは漫画に比べて色や動きがつくせいかより悲惨な雰囲気が出てたと思いますね音符
シロはやたら白くて驚きましたけど
花澤さんはちょっとイメージした声と違ったかな?
まぁぜんぜんアリですけどね
原作もまだまだ続いていてあまり区切りがない作品なのでどのようにアニメは作っていくのか?きになりますかね
マングローブということで手堅い感じだったと思います


TIGER&BUNNY 第3話「嘘から出た真実」
今期のダークホースきらきら
私もまったく気にしていなかった作品なので驚きです
2話は展開的に荒さを感じたんですが下向き矢印3話は面白かったですねスマイル
この作品特にキャラが良いんですよね!!
主役が子持ちおっさんてのはもちろん
オリガミサイクロンやスカイハイ、オカマ、牛さんなどまだほとんどしゃべってないのにすでにかなりキャラがたってて上手いなと思います
だから今後彼らがより掘り下げられていくのが楽しみなんですよね音符
あとは個人的にバディものが好きみたいですね
今回の虎徹とバーナビーにしても最初のやり取りからラストまでうまく流れができていたように思います
タイトルの掛け合わせ方もよかったです
次回はブルーローズ回ということで彼女の掘り下げも楽しみですねスマイル


DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド! 」
う~ん個人的には視聴がつらくなってきた感じですね雫
いまいちこの戦争ごっこに面白みを感じられないというのがやっぱり痛いかなと思います下向き矢印
あと女の子だらけですがいかにも萌えなキャラがおおくてそんなに入り込めないっていうのも大きい気はします
主人公が帰れないって設定も何とかなっちゃいそうですし、やっぱりこのノリで進んでいくのかな?という感じです
しかし姫様誘拐もルールがあるって・・・・どんだけルールだらけなんですかこの世界はw














最終更新日  2011年04月17日 18時59分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年01月11日
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ感想
以前も参加させていただいた企画です!!
年も明けて今更ながらの記事になってしまい申し訳ないです下向き矢印
アニメブロガーのおちゃつさんからお誘いいただき参加させていただきますスマイル

今年は就活もあり、前半はあんまりアニメみれてないんですよね雫
とりあえず全話見たアニメを書き出したいです!!
リンク先には個別の感想が書いてあるので気になった方はどうぞ。
個人的に今年に終わったアニメという基準で書きますね音符

・フレッシュプリキュア!
・とある科学の超電磁砲
・こばと。
・Angel Beats!
・四畳半神話大系
・鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST
・戦国BASARA弐
・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
・世紀末オカルト学院
・ヨスガノソラ
・伝説の勇者の伝説
・探偵オペラ ミルキィホームズ
・おとめ妖怪 ざくろ
・海月姫
・屍鬼

相変わらず途中脱落なアニメが多いです
一話完結の日常系とかは後回しにして結局最後までは見なくなってしまうんですよね・・・・。

放映終了後の一気見したアニメ
・ゾイドジェネシス
・トップをねらえ!
・トップをねらえ2!
・機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
・よみがえる空 -RESCUE WINGS-

あと少女革命ウテナを再視聴で一気見しました。

今年はそこまで過去のアニメも見れなかったかな?
1年物のジェネシス以外はOVAか1クールなので。
(ウテナはもう一回みたことある作品だし)
でもどれも面白い作品でしたね。見て良かったですスマイル




~2010年アニメアウォーズ~
・最優秀作品
「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」

2009年部分については色々と不満もありますし、もったいないなと思うとこは多いです雫
ただ2010年になってからの描写は凄く良かったし、毎週楽しみに見ることができたってのが大きいと思いますスマイル
特に大総統が出てきたときの戦闘描写、終盤のそれぞれのキャラの活躍を見ることが出来たのはよかったきらきら
昨今のアニメ作品の中ではきっちり大人やおっさんたちなどを活躍させた!!
魅力的なキャラが多かったというのも大きいですグッド
原作も今年大団円で完結しましたが、アニメはアニメでしっかり終わってくれました。
最近リアルタイムで5クール全部見たっていうのも大きいと思います。
こういう風にじっくりと一つのお話をやってくれたし、それを見ることが出来たっていうのがとても楽しかったです音符

次点作品
「四畳半神話大系」

素直に見終わった後にスッキリして楽しかった作品ですねスマイル
 
・特別賞 
「屍鬼」

この作品の場合私は原作である小説も漫画版も全て見ている作品だったので、アニメだけ見ている方とは少し違った見方だったと思います雫
終盤の展開は特にアニメ化する場合どうするんだろう?と思ってはいましたが、深夜とはいえあれほどの描写をよくアニメでやったなと思います!!
アニメは尺が少ないため、カットされた部分も多いのですが、それでも頑張っていたと思います。
ホラー作品ではあったのですが、後半はそれよりも違うテーマが出てきました。
人間と屍鬼という相いれない生き物の戦いや、生きることと死ぬこと、村の閉鎖的な雰囲気の中での彼らのもがき生きる姿というのを描写してくれていたと思います。
色々と考えることのできるアニメという意味では貴重な作品だったと思いますきらきら


「世紀末オカルト学院」
屍鬼が原作つきならオカルト学院はオリジナルアニメとしてよかったと思いますスマイル
昨今はオリジナルアニメが少ないですし、アニメノチカラ枠の最後として良いアニメだったと思います音符
1999年という時代設定やオカルトを扱うなど万人受けのなさそうなテーマを上手く色々と絡めて最終的に綺麗にまとめてくれたと思います。
途中の魔法バトルはびっくりしましたが、ある程度トンデモでも色々と伏線やらキャラやらをきっちり描いてくれたオリジナルアニメと言う意味では凄く良かったなと思いますグッド

・キャラ部門 
男性
まったくと言っていいほど思いつきませんでした
ネタ枠だったらミルキィホームズのトゥエンティなんですけどねw

女性
こちらも特に思い浮かばず。
しいて言うならイカ娘ではなく、ミニイカ娘ちゃん可愛いよミニイカ娘ちゃんw


・OP部門 
神のみぞ知るセカイ「God only knows」

もともとELISAさんのこういう英語曲が好きだったんで良かったですね音符
映像もインパクトありました。

あとはヨスガノソラの「比翼の羽根」伝説の勇者の伝説の「Last Inferno」も好きでしたスマイル

・ED部門 
鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST「瞬間センチメンタル」

とにかくEDの入りが毎回良くて聞くとテンション上がりまくる曲でした上向き矢印
アニメ自体もこのことからぐんぐん面白くなってて次回へのひきとか特別EDとかの仕様も色々と良かったきらきら

あとはパンストの「Fallen Angel」も好きだったな音符
あとはフレプリのCGダンスEDも結構好きでした。


さて、ちなみに放映終了後に見たアニメだと「トップをねらえ!」が印象的でしたねきらきら
もともと名作と言われていて見たかったんですが、見たらかなり面白かったですスマイル
特に4話5話6話と後半全ての話でテンションを上げる盛り上がりを見せ、なおかつ最終的にそのテンションが最後まで落ちなかったのが凄いなと!!

そしてウテナ再視聴も楽しかったです音符
初見では気付けなかったことも多く、理解が深まった感じですかねきらきら
未だ分からないこともある気がしますけど雫

相変わらず最後まで見た作品が少ないですが、色々とアニメを見ることが出来て楽しかったですスマイル
今年も素敵なアニメをたくさん見ることが出来たらいいなと思います。
大笑い






最終更新日  2011年01月12日 04時22分11秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全227件 (227件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.