2006年06月05日

ひぐらしの鳴く頃に   7・8話

(1)
テーマ:アニメ!!(3834)
一気に綿流し編の最後まで見ました
でも今回の話ははたから見てもなんだか展開が速くて詰め込んでるな・・・と思ってしまいました

結局雛見沢の人間には鬼というもう一つの人格があるのでしょうか??
園崎家はその鬼の血を引くものの長としてこの雛見沢を総括してきた家柄だと
だから鬼の血も濃かったのかな??

要するに魅苑は圭一が好きで
失恋(じゃないけど)のショックで抑えられてたたがが外れて鬼が出てきちゃったってことかなぁ
などと色々考えていましたが
最後の魅苑はもう死んでいたのに圭一や詩苑を殺しに来たってのが
生身の魅苑は圭一を思う気持ちが残ってたけど鬼だけとなった彼女には容赦がなかったってことなのかな?
魅苑が以後の自分にあったら自分じゃないとかなんか言ってましたからね
でも結局圭一は魅苑に対して最高の親友扱いですからねぇ
結局まだ謎は大量に放置ですね
今回のは原作読んだ方が面白そうだ

しかしおやしろさまヴァージョンの魅苑怖すぎショック
というかあの笑い方が逝っちゃってて過ぎて・・・・・
さすがにはしご揺らしのところは顔が崩壊してて笑っちゃいました雫
なんだかんだ出てきた詩苑が結局アッサリ殺されちゃってビックリ
この子はこの子でなんかあるのかと思ってたんだけどなぁ
沙都子もりかも殺されちゃうし
あのりかの意味深な猫のたとえ話は何だったのだろうか???

でもあの5話のアバンの映像については結局よくわからないまま
フォローが欲しかったんですがね

あとレナ
鬼殺し編と性格変わりすぎじゃないですか??
天然系の女の子だったはずなのに・・・
今回探偵のような推理しだすし警察呼んだりとっても頼もしくなってる!!
最後私一人だけになるんだねってところはなんだか悲しかった
この子味方になれば頼りになるのね・・・・と

しかしはしごでの話だと魅苑は悟史となんか関係がありそうだな
次回のタイトル兄だしね
こういう展開が続くとなんだかなぁと思います
ちゃんと謎は解けるのか?





TWITTER

最終更新日  2006年06月05日 09時13分21秒
コメント(1) | コメントを書く
[ひぐらしのなく頃に] カテゴリの最新記事