2007年07月27日

ひぐらしのなく頃に解  第4話

いまさらですがこの作品2クールだったんですね
7月から始まったんでてっきり1クール作品だと思ってました
おかげで今回の話のテンポも納得です
前作でははしょりまくって駆け足だったみたいですし
だからこそおあそびの部活やとりこぼした複線的な要素をこの厄覚まし編でいれてやってるってことなのかなぁ・・・

梨花ちゃんはなんだかすっかりあきらめモードですね
沙都子に何回も独り言を聞かれていますがどうせ何も変わらないと思ってのことなんでしょうか

そして沙都子が気づいた物陰の男
これもおやしろさまかんけいなのでしょうか???

あいかわらず部活シーンもあるし話に余裕がある分ここらへんのエピソードもしっかりやってます
しかし冨竹はこんかいもあっさり死亡だな

もしかしたら少しづつ変わっていっているかもしれない世界
なにか変化はあるのか?

次回も期待

しかし相変わらず作画きれいでした
みんな可愛いなぁ





TWITTER

最終更新日  2007年07月27日 19時46分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[ひぐらしのなく頃に] カテゴリの最新記事