2008年02月29日

3月のライオン  第1巻   羽海野チカ

(4)
カテゴリ:漫画感想
さて、「ハチミツとクローバー」が完結した次回作のテーマが将棋!?しかも掲載紙がヤングアニマル!?と色々話題になった作品ですが
ついにコミックス1巻が出たので読んでみました
色々と状況が変わって少し心配でしたがよんでみたらいつもの羽海野さんテイスト満載で安心でしたよスマイル

今回の作品の主人公桐山零はプロ棋士
しかしどうやら過去に何かあったらしく・・・?

ということで将棋漫画というより将棋という媒体を使った零と周りの人間との関わりや成長を主軸にした作品という感じでしたね
まぁハチミツとクローバーでも美術作品を作ることがテーマではなかったし、良いもっていき方だと思います

あとは相変わらず細部にまでわたってキャラが生き生きとしてて良いですね音符
零と関わりの深い3姉妹もそれぞれのキャラがすぐにわかって楽しかったです

モモちゃんとか相変わらず羽海野さんの描くちっちゃい子は可愛いダブルハート
ヒナタの弁当エピソードなんかもこっちが青春してるなぁと読んでて思ってしまいますスマイル
あかりさんのナイスバディはやっぱり青年誌だから?
包容力があって素敵な女性ですけどね音符

また零の周りの棋士たちも個性が強そうでいいですね
二海堂のもっちりむっちり具合も素敵ですしきらきら

また1巻の構成として零の過去を持ってくるのも良いなぁと感じました
物語の方向性はなんとなくわかりましたけどどういった展開をしていくのかはこれからですね

次の巻が楽しみですスマイル

 三月のライオン(1)


にほんブログ村 漫画ブログへ←もしよかったらクリックお願いします♪





TWITTER

最終更新日  2008年02月29日 15時10分10秒
コメント(4) | コメントを書く
[漫画感想] カテゴリの最新記事