2011年01月03日

海月姫  全11話

(101)
テーマ:アニメ!!(3839)
さて、遅くなりましたが全話見終わったので総括的な感想ですスマイル
なかなか珍しいガチなオタク女子を取り扱ったシンデレラストーリーな感じで濃いキャラの多かった作品だと思います!!


ある意味絶滅危惧種っぽいオタク像ではあるかもしれないんですが、女キャラでこういうオタクを出す作品ってのは珍しいと思います雫
まややさまのハイテンションも最初は面喰いましたけどだんだん慣れましたしねw

あとはこの作品は海月を演じた花澤さんが良い味を出してたと思いました音符
オタクっぽい部分がありつつも海月が可愛かったのも花澤さんのおかげだと思うのできらきら
この作品はそういったキャラ同士のやりとりやオタクな感じの皆のテンションを楽しむのかなと思います。

一応本筋としては天水館の存続と海月をめぐる三角関係もあったんですが、今回だとその部分はほぼ未決着で最終回も全然最終回らしくなかったですね雫
これは原作との兼ね合いもあるんでしょうけど、ちょっと残念な感じでしたかね。

あとは海月と蔵之助によるドレス作りもまだまだ始まったばかりですし、修と海月の関係も誤解しあったまま海外高跳びでしかたらね。
修も弱みを握られたままずるずるとって感じだったんでちょっと残念だったかな?
個人的に天水館はもう少し決着が見たかったかな。

それと蔵之助。
彼はモテモテのイケメンでありながら女装趣味があってオタク女たちにまじって引っ張っていくっていうなかなか変わったキャラでした。
結局海月には男として全然見られないまま終わってしまいましたけどね下向き矢印
蔵之助と母親とのお話の掘り下げももっと見たかった感じです。

なんにせよ独特の雰囲気の作品で面白かったと思いますスマイル

【送料無料】海月姫(01)

【送料無料】海月姫(01)

価格:440円(税込、送料別)








TWITTER

最終更新日  2011年01月04日 00時52分17秒
コメント(101) | コメントを書く
[アニメ視聴完了感想] カテゴリの最新記事