000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

うさぎの薬師の薬指

PR

プロフィール


うさぎの薬師

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス

2020年08月21日
XML
カテゴリ:雑記

浮腫み・高血圧――水分の取り方

 

暑いせいか「むくみや血圧が高くなった」などの相談が多いです。

 

水分の取り方や塩分の取り方を考えてみたいと思います。

 

 巷では 「脱水症が怖いので、とにかく水分を多くとりなさい。」

と言われています。

私達の身体には、約0.9%の食塩水と同じ浸透圧の血液が流れています。

ゆえに身体はこれを維持しようと頑張っています。

 

〇炎天下で作業なさる方やアスリートは、多量の汗をかくので、多量の水分を取ることが必要になってきます。

ここで重要なのが、「汗で出るのは水分だけではない」ということです。

汗をなめるとショッパイ事で分かるように、塩分やミネラル分も出ていきます。→塩分・糖分・ミネラル分も補いましょう!

(水だけ補うと、血液中のナトリウム濃度が薄まり、これ以上ナトリウム濃度を下げないために、水を飲む気持ちを無くさせ、同時に余分な水分を尿として排泄させるために、脱水症の様になります。これも熱中症の原因となるのです)


 

〇普通に家にいる方も、これだけ暑いと、屋内の熱中症が心配なため水分を多く取りがちです。

ここで心配なのが、心臓の働きが悪い方です。

心臓はポンプです。心臓が弱っているところに過剰な水分が入ってくると、その分心臓の負担は増します(血圧も高くなります)心臓の負担が増し心不全にでもなると、肺に水がたまり、息切れや足の浮腫みなどの水あたりの症状が出てきます。

(浮腫みは血液中の余分な水分が皮下にしみだしている状態です)

 

浮腫みの原因は

・腎臓病や心臓病
・塩分の取りすぎ
・夜遅い食事
・同じ姿勢で長くいる
・生理前のホルモンバランス
・水不足(水不足を感じた身体は水をため込むように働く)

・足の血液は筋肉により心臓に戻される。運動不足や筋力の低下が原因で戻す力が弱いと血液は滞ることになり、血液中の水分が皮下にしみだす。
・・・などが考えられます。









最終更新日  2020年08月21日 16時53分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[雑記] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ラストホープ 健康… Dr.ガイアさん

コメント新着

pP5r4S icoxvfx@ pP5r4S <a href="http://icoxvfxmsiqa.com/">icoxvfxmsiqa</a>, [url=http://bgqohcu pP5r4S &lt;a href=&quot;http://icoxvfx…
そにっく@ Re:漢方薬大丈夫ですよ(10/29) ありがとうございます。 近日中にお伺い…
うさぎの薬師@ 漢方薬大丈夫ですよ お返事遅くなりました。 漢方薬 ありま…
そにっく@ うちも是非漢方使いたいです こんばんは。 うちにも糖尿病のハムスタ…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.