473357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

今日のレイキ・靈氣

2017.10.09
XML
カテゴリ:つぶやき
こんにちは。
お元気ですか?


突然ですが、
今日のこの記事も、
下書きにしてそのまま死蔵になるのが目に見えているので、
もうこのままアップさせてくださいね。



ということで、まとまりがないです。



☆ ☆ ☆




うちの晴と桜、3歳になり、ますます可愛いです。


今日は、洗濯物を干していたら、
晴がそばに来ました。
晴は、人が何かしていると、必ずそばに来ます。


で、今日は、おもちゃをくわえて来ました!
「これで遊びたい」ってことですよね?


言葉はなくても、コミュニケーションしてくる。
晴、ほんと可愛い。。。


はい、遊びましたとも!
そして、あまりの可愛さに、
途中で、思わず抱っこしましたとも!笑


するとね、
あら 不思議。。。


晴に触れると、私の右胸の、乳がん治療痕が、反応するのですよ。
これはもう、ずっと前からそうでして。
最初は半信半疑でしたが、
一年以上、確認してきたので、
間違いではないと思います。
(反応しない時もあります)



晴は、レイキのセミナーや練習会にも出ているし、
アチューンメントも受けてるし、
私のレイキや遠隔ヒーリングも受けてるけれど、

(ベッドでヒーリングの時は必ず参加してきますし、
レベル2セミナーのシンボルマントラの練習にもよく付き合ってくれます)


それは、晴自身がレイキを好きだから。


おそらく、晴は、
生まれながらのヒーリングキャット(レイキ猫)なのだと思います。


見たり、触れたり、抱っこするだけで
癒されるのです。



私の右胸は、普段は自覚はないのですが、
身体としては、
まだまだ治っていくつもりなのでしょう。

だから、チャンスさえあれば
例えば晴に触れた時とか!
反応し始めるのだと思います。


(「反応」というのは、レイキした時にジリジリしたりピリピリしたり
不調個所の活性化が始まることです)


★ ★ ★ ★ ★




で、長くなったので、
唐突にタイトルのことなんですが、笑


つまり。
レイキは、薄まらないですよ。
愛やお日様の光と同じです。



私の経験では、
晴に触れたら、触れた手からレイキが入ってずーっとずーっと長距離を流れて胸まで行く間に薄まるんじゃなくて、
晴に触れたとたんに、勝手に胸部分が活性化し始めます。


レイキは、川の流れのように流れると同時に、

人は、
身体にレイキが入れば、

自分の自己治癒力が押し上げられ、活性化され、
自分で自分を治し始めるのではないでしょうか。


他人のレイキだけが私を治すんじゃなくて。
自分のレイキも必要な個所でドッと増えるのではないでしょうか。


つまり、レイキはスイッチみたいな働きもするということ。
スイッチが押されて自分の身体もまた、活動を始めるということ。




だから、あなたが誰かにレイキする時には、
その人の身体の活動が活発になる位置に手を当てるとさらに効果が上がりますし、

あなたの流したレイキだけが相手を治してるわけじゃない。
あなたがレイキを流すと、それがスイッチとなり、
相手の治癒力が高まって、相手は自分で治し始める。


レイキは薄まらない。
愛と同じで、一か所に注げば、それがスイッチとなり、
身体は自分で生命力をアップさせる力がある。


物理的に離れた場所にいても携帯電話で話すみたいに、
レイキスタートすると、
離れた臓器も、勝手に活性化を始める。
=レイキが湧いてくる。


★ ★ ★ ★ ★


もちろん、捻挫とか、腰痛とか、不調個所がはっきりしているときには
ダイレクトにそこに触れることで効果があるのは当然です。


ただ、遠く離れた個所に当てても無駄なのか(効率が悪いのか)というと
一概にそうとは言えない。
むしろ、遠く離れていたとしても、
あまり、距離は関係ない。



投げやりに手を当てろ、適当に当てときゃ勝手に流れる、
と言っているのではないのです。
ただ、「薄まらないよ」といいたい。



これはあくまでも私の個人的な感覚です。
いろいろな考え方や、見方がありますよ。
そのどれもが正しいんだと思います。



ということでつぶやきを終わります。。。
最後までお目をお通しいただいてどうもありがとうございました。


















最終更新日  2017.10.10 14:53:05
コメント(0) | コメントを書く

PR

カテゴリ

お気に入りブログ

ジーンとしちゃいま… うずまき月子2さん

座敷わら子のわらわ… ☆とんびさん
さぼぶろぐ。 *☆daffy☆*さん
天使と楽しく自然療法 の☆のママさん
天使になれない かやの♪さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.