062584 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

先生のがっこう。青森高生研   ☆ (あおもり こうせいけん)

全112件 (112件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

2016年12月13日
XML
カテゴリ:学び
  • 29.2.4~5  1枚目ブログ用 .jpg
  • 29.2.4~5 2枚目ブログ用.jpg
  • 青森高生研はこれまで、浅虫温泉「帰帆荘」で行ってきましたが、2016年3月31日をもって「帰帆荘」は営業を終了しましたので、今年は青森教育会館で行うことにしました。温泉と美味しい料理が楽しみで「青森高生研は夜、作られる」と言われるように、ともに話し、ともに学び、先輩から後輩に教師として何が大切か受け継がれてきました。 これからは、新しい会場で行うことになりましたが参加費も安くなりますので、たくさんの仲間を誘って、ともに学び合いましょう。元気と勇気が湧いてくる学びの場所はあまりないのではないでしょうか。誰かに頼りたくても、愚痴を言いたくても、職場には助けてくれる人がいない。今年、大阪で行われた12月の高生研全国フォーラムで中学校の先生が、悲痛な叫びを私たちに訴えました。さあ、ともに学びましょう。生徒も保護者も先生も笑顔でいっぱいの学校づくりのために・・・。






最終更新日  2016年12月13日 14時59分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類

青森高生研冬の集会(第2次案内)のお知らせ

冬来りなば春遠からじ。
お正月は大雪の青森でしたが、ここしばらくは雪も落ち着き、春3月が待ちどおしい季節となりました。
青森高生研の冬の集会は今年も、浅虫温泉帰帆荘で2月の第1週の土日である2月7日(土)、8日(日)に開催を予定しています。(東北ブロックゼミとしても行います)

今回は、埼玉から小池由美子先生をお招きし、国語の授業を中心とした教育実践についてお話をいただくことになりました。また、レポート分析は大学生のときから高生研で学び、昨年より新任の教員として奮闘している先生の学級担任の実践について行う予定です。

教師は最初から教師ではありません。多くの経験や学習で先生になっていくのではないでしょうか。生徒から学ぶことや、仲間とともに悩み相談していくことで私達は教師としてのボディを鍛え、生徒たちに熱い思いを伝えていくことができるのではないでしょうか。

今回の集会には多くの大学生も参加を予定しています。
元気と勇気をこの集会でもらって明日の教育実践の礎にしてみませんか。


  • 高生研冬の集会 2次案内(jpg) その1.jpg
  • 高生研 冬の集会 2次案内(jpg) その2 連絡なし.jpg






最終更新日  2015年01月24日 21時41分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年12月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
  • CCF20141229_00000.jpg
  • CCF20141229_00001.jpg






最終更新日  2014年12月29日 09時52分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
  • CCF20131217_00000 s.jpg
  • CCF20131217_00001 s.jpg






最終更新日  2013年12月17日 20時08分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
「北の国から学校づくり」をテーマに、毎年、冬と夏に学習会を行っていますが、今回は90回目の大会を無事、終えることができました。

参加者は30名ほど。秋田大学や弘前大学の学生の皆さんも参加していただきました。

大学生のうちからこのような学習会に参加できて、嬉しかったと秋田大学のKさんはおっしゃってくれました。現役の若い先生方にもっと参加して欲しいと、この言葉を聞いて強く思いました。

講演は、新高生研代表の森 俊二先生。「シティズンシップ教育をみんなで考えよう。つくろう」をテーマにお話をしていただきました。学校現場が大きな変容を見せている今だからこそ、私たちは今、生徒たちに何を伝えていかなければいけないのかを学ぶ必要があると思います。

夜の懇親会はやる気マンも登場し、みんなで楽しくからだを動かすことができました。

二日目は三沢高校の酒田先生のレポート。「生徒が気軽に話し合える空間とそのしかけ」

今、進学校では学習だけに特化してはいないでしょうか?

ともに話し合い、世の中の矛盾に問いかけ、解決方法を探る学びをしているでしょうか?

また、スポーツに特化し、狭い集団の中だけで、物事を考え、勝利至上主義になっている学校はないでしょうか?

高校生のすべてが、社会の一員として、正しく判断し、行動できる大人になるために、私たちは、高校3年間にどんな学びを彼らに伝えていかなければいけないかを、考え、学んで行かなければならないのではないでしょうか?

今年の全国大会は京都です。
ともに、学び、ともに語らい、
世の中がもっと笑顔であふれるような教育実践を目指していきましょう。

        

  • 1.jpg
  • 6.jpg
  • 8.jpg
  • 10.jpg
  • 21.jpg
  • 28.jpg
  • 3.jpg
  • 22.jpg
  • 27.jpg
  • 24.jpg


これがやる気まんまん体操のすべて(*^ー^*)

  • 11.jpg
  • 12.jpg
  • 13.jpg
  • 14.jpg
  • 15.jpg
  • 17.jpg
  • 18.jpg
  • 19.jpg
  • 20.jpg
  • 21.jpg






最終更新日  2013年02月06日 06時27分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年01月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2013年も1週間を過ぎました。

毎年、2月に行われている青森高生研・冬の集会は
2月2日(土)3日(日)に浅虫温泉・帰帆荘で行われます。

教師としてのボディを鍛え、
明日の元気と勇気をもらうために、この集会に参加しましょう。

今年の全国大会は京都で行われます。
応援ブログができましたので、是非、ご覧ください。
http://kouseiken.jp/Taikai/

以下は、大会要項です。クリックすると大きくなります。


  • 青森高生研冬の集会 案内(表).jpg
  • その2.jpg






最終更新日  2013年01月14日 07時49分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類

レポート分析

198s.jpg

ぴらいち学習会
213s.jpg
208s.jpg219s.jpg

閉会集会
245s.jpg248s.jpg






最終更新日  2012年02月09日 21時18分57秒
コメント(1) | コメントを書く
2012年02月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
青森高生研 第89回 冬の集会は参加者34名でした。


東日本大震災報告は宮城・八戸・福島から。048s.jpg
DSC_0759 ss.jpgDSC_0769 ss.jpg

講演はのしろ日本語学習会代表の北川裕子氏
DSC_0795 ss.jpg

懇親会で大交流会
DSC_0857 ss.jpgDSC_0840 ss.jpgDSC_0884 ss.jpg






最終更新日  2012年02月09日 21時14分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
第2次案内です。
高生研冬の集会2次案内(24.2.4)s.jpg
CCF20120130_00000  s.jpg






最終更新日  2012年01月30日 22時05分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
私たちは仲間とともに
ホームルームづくり、生徒会、授業づくりを
学びあっています。

今回は東日本大震災の特別報告があります。
福島からともに学びあう仲間がかけつけてくれます。

また、秋田の大学生も参加してくれます。

生徒も先生もそして保護者の方も
笑顔で未来を語りあえる学校にするために
ともに学びませんか?


CCF20111211_00000.jpg
CCF20111211_00001.jpg


クリックすると大きくなります。↑↑↑↑↑






最終更新日  2011年12月11日 16時15分55秒
コメント(0) | コメントを書く

全112件 (112件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


こうせいけん

お気に入りブログ

あおもりこうきょう… 三教組連絡会さん
よしべえ主夫の自然… よしべえ主夫さん

コメント新着

届ける会@ 熊本高生研のブログのリンクをお願いします 熊本高生研のブログ担当の浦崎です。青森…
マッキー@ お世話になりました  大阪の牧口です。おととい、やっと大阪…
おまかせサトウ@ 30分で書ける学級通信 お疲れさまです。 「やらねばならぬこ…
きらり510@ うん。読みました おはようございます なるほど!っ…
大阪高研生HS@ 祝!東北ブロックブロックゼミ 大阪高生研のHSです。東北ブロックゼミ…

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.