13394355 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

植物にいやされて*園芸日誌*

健康特番より

日本の名医20人が集合

「日本の名医20人が集合」より
あなたには命を預けられる主治医がいますか?病魔に対する心構えなどを伝授。
悩みに対してはいろんな先生の意見を書きつらねてあります。
先生によって考えや治療方針は大きく違っています!

<怪我病気の常識クイズ>
1)怪我をしたとき 傷口を乾かしたほうがよい?⇒×
 消毒をして(場合によっては つばをつけて)ラップをするとよい。
 傷口から出る浸出液には、傷の治りを助けるさまざまな働きがある。
2)風邪を引いたら お風呂に入ってはいけない?⇒×
 新陳代謝がよくなるので 38度以下ぐらいであれば暖まったほうが早く治る。 

<危険な病院の見つけ方・看護師は見た!>
「検査」検査がやたら多い病院はダメ!
「薬」薬の量がやたらに多い病院はダメ!
「看護師」看護師が少ない病院はダメ!体制をきちんと明記している病院がよい。
「売店」売店で処置に使うものを扱っている病院はダメ!(ガーゼ・包帯など)
「セカンドオピニオン」求められる医師の胸中は 複雑そうに見える。
 看護師さんに質問「セカンドオピニオンは受けるか?」全員イエス!
 
<タバコをやめたい!>井筒監督の悩み
・タバコに関するものは全部捨てるのがよい。
・5日間で禁断症状はやわらぐ。風邪を引いたときはチャンス(苦笑)
・タバコを吸っている人にしかならない病気もある。(閉塞性動脈硬化症)
・咽頭癌、喉頭癌、食道癌、肺癌、膵癌、子宮頸癌の頻度が高まる。
・全癌の20~30%がタバコが原因ではないかと言われている。
・妊婦への影響は 低体重が生まれる可能性が増える。
 我慢できない場合は1日10本以内に押さえる。

<血中に活性酸素が多いといわれたが?>真鍋かをりさんの悩み
・活性酸素はウイルスを撃退する強い味方。
・活性酸素は危険なのか?気に止むことないという意見が多かった。
・悪影響はまだ証明されていないし 老化にも関与しないという発表も!

<十二指腸潰瘍の再発防止は?>土田さんの悩み
・十二指腸潰瘍とは 酸や消化酵素により円形の傷が出来てしまう病気。
・原因のひとつはストレス。
・痛みが治まっても 薬を途中で止めない。
・原因となる生活習慣を改善する。
・ストレスを解消するため 精神安定剤が有効なこともある。
・仕事がうまくいかなくても喜ぶ!マインドコントロールをする

<原因不明のめまい どうすれば?>柴田理恵さんの悩み
めまいは 実は医者泣かせの症状。
めまいは いろいろな症状を示し それぞれ原因が違う。
大きく分けて3種類あると言われている。
・回転性のめまい。。。中耳炎、脳腫瘍など
・ぐらぐらする動揺性のめまい。。。肩こり、けい椎症など
・意識が遠のくめまい。。。不整脈など

・めまいの種類によって受診科を選ばないといけない。
・耳に関するめまいは 症状があるときに診察を受けないとわからない。
・脳や心臓の病気の場合もある。
・閉経後の症状の可能性もある。
・自律神経からくるめまいもある。
・ホスピタルショッピングになってしまうので 主治医との細かい問診で受診する科を決める。

<健康チェック>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)食事時 何もないのに箸や茶碗を落とすことがある
2)お酒を飲むと 脈が乱れる
3)あるとき急に 物が二重に見えることがある
4)階段を 踏み外したり つまづきやすくなった
5)しゃべる時 ろれつがまわらない時がある

このチェックでわかる怖い病気は「脳梗塞」
原因は コレステロールが血流を悪化させ脳細胞を壊死させる。
また 心臓で出来た血栓が 脳の血管を塞ぐ場合もある。

脳梗塞になりやすい季節は? ⇒ 夏
温度差が激しく 血管に負担がかかりやすい。
大量の汗⇒脱水症状⇒血液中の水分が減少⇒ドロドロ血液
発症しやすい時間帯 ⇒ 朝7時~8時
発生しやすい曜日 ⇒ 土・日

<脳梗塞になりやすいタイプの人は?> (5人の先生の回答)
・高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙など危険因子を複数持っている人
・喫煙をしている人 お酒を飲んで不整脈が出る人
・内臓脂肪のついている人(ウエスト男性85cm以上、女性90cm以上)
・健康だと思っている人が一番危ない
・花屋さんは脳梗塞になりにくく、自宅にこもって何かをする人はかかりやすい。

・1日の水分量はカロリーのないもので 500cc~1リットルが目安。
・気温で水分量は変わる。30℃⇒1リットル 35℃⇒3リットル
・ビールを飲んでサウナは危険。(サウナで脱水症状、ビールで利尿効果)
・温泉に何回も入浴してビールを飲むのも危険。

<脳梗塞兆候チェック>できれば問題なし!
1)目を閉じて 左右の人差し指を 顔の前で合わせててみる。
2)目を閉じ50回足踏み その場から動いてないければOK。
3)左右の手でジャンケン 右手で5回以上連続で勝たせる。
  5秒間に3回くらいのペースで行う。

脳梗塞の緊急治療「カテーテル治療」手術のリスク40%
「リスクがあっても 劇的回復をのぞめるカテーテル治療をやったほうがいいか?」
スタジオの医師20人中12人はイエス、100人中60人の成功率ならば○
ノーを選択した医師の意見は
・40%のリスクは標準的治療としては高すぎる。
・100人中40人は 命を落としたか何らかの障害が起きた。 
 ごく少数しかできない治療で 一般的治療法としては採用しない。
 カテーテル手術か?薬での治療か?研究が全国で行われている段階。

<医師からのアドバイス>
・発症から6時間以内が治療のリミット
・カテーテル治療の出来る病院は限定されている
・脳梗塞の専門医がいる病院をしっておく

<人類最大の敵 がん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
癌は200種類以上で 癌にならない場所はない!

<癌新常識クイズ> 
1)紫外線は癌の原因だ?⇒×
 紫外線と関係があるのは皮膚がんだけ 白人に多く日本人なら影響は少ない。
2)「ニンニク、人参、大豆、お茶」この中で癌を抑制する食べ物はどれ?
 どの食品にも癌の抑制効果はあまりない。
「お茶が胃がんに利く」は静岡県に胃がん患者が少なかったために言われた話。
「牛乳はどうか?」動物性脂肪たんぱくは発がんの危険因子である。
 偏った食事は癌の危険性が増します バランスのよい食生活が大事。

癌は遺伝が関係している?
・遺伝が関係している癌は 非常に限られたものだけ(乳がん、大腸がん)
・大部分の癌はあまり遺伝しない。

<肺癌>
前兆1ーーー乾いた咳
前兆2---息が切れる
前兆3---背中が痛む

癌には3つの治療法がある。
外科的手術(初期に効果的)、放射線治療、抗がん剤治療(副作用が多い)

<末期がんでも最後まで徹底的に治療すべきである?>
・治らなくなる時期は必ずくるので引き際を見極めることが大事。
・患者さんの負担になる大きな治療は余命を縮める可能性がある。
・一番最初にあきらめるのは医者 治療法がないというのは死刑宣告。
・癌を全部撲滅する闘い方ではなく 癌をおとなしくさせる治療がよい。
・再発した癌を治療させることは不可能 治らなくても現状を保つことが必要。
・がん患者に必要なのは希望 病気に対する理解。
・セカンドオピニオンも重要である。
 「セカンドオピニオンはするべきだ?」という質問にドクターは全員イエス。

医師たちのアドバイス
がん治療の考え方は意思によって様々
医師が絶対ではないことを理解し 自らが勉強することが大事。

「恐怖の食卓」病は食から

2005-10-13 「恐怖の食卓」病は食からより
医食同源をテーマに芸能人の健康状態を診断。

<熊田曜子さん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寒天ダイエット中でも間食を止められない女性。
大量の粉寒天を 熱い緑茶に混ぜるだけ 
朝昼晩の3回 寒天茶を飲んでいました。
といいながら 何回もお菓子を間食。
<5年後に心配される病気>
シミ・しわ、切れ痔、セルライト、胃炎、高脂血症
<10年後に心配される病気>
乳房下垂、肛門狭窄、多発性セルライト、胃がん、動脈硬化

間違った寒天ダイエットをしている人が多く 彼女もその一人。
寒天を多く摂り過ぎるとミネラルも排出し ミネラルバランスを崩してしまう。

「乳房下垂」 (ビタミンやミネラル不足が原因)
胸はコラーゲンで支えられていて ビタミンやミネラルでコラーゲンは作られる
ビタミンやミネラルが不足するとコラーゲンが作られず胸が垂れてしまう。

「多発性セルライト」(ビタミンやミネラル不足が原因)
ビタミンやミネラル不足になると 代謝が悪くなり
老廃物ををだせなくなって 脂肪が溜まってセルライトが。。。

「胃炎」(間食が原因)
繰り返し間食をしていく内に そのつど胃酸が出てきます。
胃酸が残っていると 胃壁を消化してしまい胃炎になる。

「肛門狭窄」(大量の粉寒天の摂取が原因)
粉寒天は高い吸水力を持っているので 1gで100ccの水分を吸収。
彼女は お茶100ccに 粉寒天4gも入れていた。
大腸内の水分を吸収して寒天がふくらみ大腸を刺激
頻繁に便が出て肛門が裂け 切れ痔を発症。
切れ痔を繰り返すと 肛門が狭くなり その状態を肛門狭窄という。
切れ痔を繰り返すことで肛門の皮膚が厚くなり 
肛門が細くなり便が出にくくなり 痛みに襲われる。
最悪の場合は手術が必要になる可能性。

<正しい寒天ダイエット>
・寒天は1回につき1gにすること。
・ビタミン・ミネラルをバランスよく十分に摂ること。

<勝俣州和さん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
魚が大好きな和食党の男性。
5年後の病気は大丈夫だが10年後には脂肪肝の恐れが!
魚中心の食生活に問題点が。。。毒が。。。
痩せにくくなった身体 切れやすい性格 これが信号。
週に3回食べているマグロに 有害なミネラル水銀が!

今年の8月に厚生労働省が妊婦の魚介類の摂取と水銀に関する懸案を出している。
水銀が多く含まれる魚は マグロ、鮭、かつお、サメ、キンメダイ、銀だら
マグロの場合 脂身より赤身に多く含まれる。
妊婦の場合(胎児に影響を考え)1週間に80g(寿司4貫程度)

現代人はエアコンの効いた生活や運動不足で汗をかきににくくなってきている。
排出する機会が減ってきて 毒が蓄積されやすくなっている。
食べた時は問題ない量でも 排出できずに溜まっていくと身体の中で悪行が。。。
悪行その1)痩せにくくなる。脂肪肝の原因にも
悪行その2)疲れが取れない。
悪行その3)脳の働きを妨害。切れやすく イライラが多くなることも。

<水銀を排出する方法>
・運動をすると汗とともに水銀は排出される。
・大型魚と小型魚をバランスよく食べるとよい。
 川魚のほうが水銀値は少ない。
・デトックス効果の高い食品
「たまねぎ・ニンニク・しそ・ブロッコリー・ニラ」
1)魚料理の時に タマネギを味噌汁の具にする。
2)タマネギを刺身のツマにする。

<安達祐実さん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
超少食の女性。妊婦さんだというのに恐ろしい少食!
成人女性の必要摂取カロリーの 4分の一も摂取していない
彼女は すでに栄養失調寸前の状態!
<10年後(34歳)に心配される病気>
アトピー性皮膚炎、舌痛症、腎盂腎炎、若年性更年期障害
萎縮性胃炎、脚気心臓、ビタミン欠乏性脳症

「萎縮性胃炎」(少食生活が原因)
普通の人より胃を使わない⇒胃の粘膜が薄くなる
⇒傷がつき菌が入ると炎症を起す⇒突然の激痛
⇒進行すると胃がんの可能性も

「ドライマウス」(少食生活が原因)
食事量が少ない人は噛む回数が減り唾液量が減る。
すると口の中が乾きドライマウスになってしまう。
若い女性を中心に焼く800万人がドライマウス。
唾液の分泌量が低下⇒口腔内に細菌が繁殖し口臭が強くなる
⇒口の中が乾いたり粘りつく
⇒進行すると舌が乾燥してひび割れる舌痛症に

「脚気心臓」(ビタミンB1の欠乏が原因)
ビタミンB1が欠乏すると心臓の働きが悪くなる。
進行すると心不全になる可能性も
戦後に多かった病気だが 
最近無理なダイエットをする若い女性に増えている。

「若年性更年期障害」
生理不順、冷え性、むくみ・・・
このままいくと女性ホルモンの分泌がさらに減り 女性らしさがなくなってしまうかも

<食生活の改善策>
根本的には拒食症に近い状態がもともとあるので 難しいが。。。
妊娠中に 野菜・果物を自家菜園で育て
赤ちゃんが生まれた時に一緒に食べれるようにする。

<山下真司さん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
53歳で暴飲暴食な中高年男性。
寝る前のチーズとワインは虫歯のゴールデンコンビ。
チーズは粘着性が強く歯に残りやすい。
普通は20~30分の食事で満腹中枢が刺激され満腹になる。
山下さんは満腹中枢が壊れている!
<10年後(63歳)に心配される病気>
脂漏性皮膚炎、脱灰、痔ろうがん、腎不全、糖尿病性合併症、
胃がん、致死的不整脈、ウエルニッケ脳症

「ウェルニッケ脳症」(大量のアルコールが原因)
大量のアルコール摂取により発病の可能性が。。。
アルコールがビタミンB1を破壊⇒記憶障害を引き起こす
悪化すると意識障害・人格障害に
(ウェルニッケ脳症チェック)。。。計算能力の衰えからくるので
100から7を引く計算をリズムカルにできるかやってみる。

<危険脱出の改善策>
夫婦で週末プチ断食をやってみる。
野菜ジュースやヨーグルトなどにして胃・腸を休ませたり
本当に原が減った感覚を取り戻していく。壊れた満腹中枢が修復される可能性がある。

<プチ断食の方法>
1)1ヶ月に2日間だけ ヨーグルトか野菜ジュース
2)2日目の夜 お粥を食べる
ダイエット効果もあり 胃が正常な働きを取り戻す
自律神経も安定 脳もすっきり 身体も軽くなる。

<和田アキ子さん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
好きなものしか食べない店屋物が多い女性。
漬物 味噌汁が大好き 夜中にアイスもかかさない。
<10年後(65歳)に心配される病気>
テタニー、男性型脱毛、過活動膀胱、骨粗鬆症、大腸ポリープ、心筋梗塞

「テタニー」(カルシウム不足が原因)
カルシウムは筋肉を休めるという命令を伝える
カルシウムが不足すると筋肉に休む命令が伝わらず 筋肉が勝手に動いてしまう。
こむら返りや手足の痙攣が起こる。
最悪の場合 首の筋肉がしまってしまい窒息死する危険性がある。

「骨粗鬆症」(カルシウム不足が原因)
身長が最大10センチ縮むかも

[男性型脱毛」(ビタミン不足が原因)
女性ホルモンンの分泌が減り 男性ホルモンが多くなり男性化。
女性型脱毛は髪の毛全体が薄くなるのだが
男性型脱毛は部分的に髪が抜ける。

「過活動膀胱」(夜中のアイスが原因)
夜間頻尿が進行して 農耕の伸縮機能が低下 膀胱が小さく硬くなる。
尿意をもよおしても膀胱がもたない。

女性ホルモンが少なくなると カルシウムが骨から流出しやすくなる。
糖質脂質を分解する時に ビタミン・ミネラルが消費される。
最近は ほうれん草のビタミンCは50年前の10分の1に。。。
冷凍するとビタミンが壊れてしまう。

<危険脱出の改善策>
マネージャーが新鮮な野菜と果物で弁当を作る。
シャッフルの原理といって多様な食生活が一番身体によい。
自分で選ぶと自分の好きなものばかりになってしまう。

<加賀まりこさん>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高カロリーで甘いものが大好きな女性。
食生活の特徴は甘いものが大好き、高脂肪 高たんぱく中心。
<10年後に心配される病気>
黒皮症、重度歯周病、いぼ痔、腎不全、糖尿病性合併症、大腸がん、心不全、脳梗塞

<食生活改善策>
洋菓子より和菓子にすること。
餡には大豆イソフラボンが ゴマにはセサミンが
これらは活性酸素の除去に役立ちます。
しかし 糖分自体は減りませんせんので 砂糖をオリゴ糖に変えるとよい。
オリゴ糖は血糖値を下げるだけでなく 善玉菌の栄養となり大腸がんを防止に。 



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.