5433066 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2007年05月30日
XML
カテゴリ:DVDレビュー ドラマ
毎度ですが(もう笑)、5話のストーリーにはあまり触れてませんが、小ネタに触れているので未見の方は読むかどうかよく考えてください。

時効警察第1シリーズ5話です。奥菜恵(引退に関する記事)の女医が辛(から)めのキャラ(ビギナーの松永鈴希に近い)。乃木涼介(本郷高志:奥菜の元夫)の人気絶頂ミュージシャンが死んだ、殺しのキス事件。タイトル:キッスで殺せ! 死の接吻は甘かったかも?

(奥菜恵引退のニュースを知った今では、いろいろ考えさせられる内容です:事件当時のことを語るシーンが現実の奥菜恵とダブる点など)

ウィキペディア 時効警察の項目

時効管理課のみんなが霧山に時効事件を探してあげるが、ファイルが多すぎませんか。ドラマで使われた時効事件は、ドラマ放送日の15年前の前後1週間以内に発生しており、たぶん2週間以内の時効事件のはず(今回ボツになったのもすべて殺人事件)だが、総武警察管内でこれだけ時効事件があったら、日本で最も時効事件の多い警察署ということ?

霧山がパンソファレントという意味不明な単語を発するが、ネットで検索しても不明。どうもオタギリがアドリブで言ったデタラメらしい。三日月のツッコミもスルーして、話題を変えて事件名を連発する。ガムをかんでメタモフェキサという架空の物質が作用するというのもありました(その物質の作用で、夏川の顔が10秒間だけ椿鮒子から15年前の飯沢もも変わる)。

東幹久(及川正義)が、乃木涼介(本郷高志:奥菜の元夫)の付き人役で男っぽい役を演じているが、実は…と言うのが(笑、風邪の霧山を見舞うシーンで三日月とハチ合わせ)。

十文字が本郷の大ファンという設定で、本郷のコスプレ(下駄)で張り込みをするのも(笑)。

女医(奥菜)の自宅を、辛ピー(柿ピー)を手みやげに訪ねた時、霧山がドアを閉めて、後ろの三日月がドアにぶつかる。

3人で話すシーンで、(台本にない)おにぎり食べようと言い出して、三日月がおにぎりを食べ出すが、「おなかが空いているなら帰ってもらえませんか」と奥菜が冷静に言い放つ(アドリブでナイス返しの名シーン)。

おにぎりを食べるとパリパリ音がして、オダギリが笑いすぎでスタッフはドン引きだったらしい(笑)。

女医の自宅からの帰路で、霧山は三日月の両肩をつかむと顔を寄せて、あわやキスシーンと思わせぶりが→臭うな→イヌ(トンチンカン)のおしっこのニオイがすると(ドラマ中に風邪で女医の病院を何度も訪れているが、このとき本当にオダギリは高熱だった)言い出す。ヒントを見つけた霧山は一人走り去り、三日月は一人、「カンタの役割はないのかよ」

奥菜の2度見、5度見、6度見、(「今じゃ立派になられて」By 麻生)

謎解き時のメガネのワルノリ三日月(奥菜のメガネキャラに対抗?)。「いつもの三日月じゃない(By オダギリ)」

塚本監督は現場での意見(アドリブ)を大切にするタイプの方らしい(特典映像より)。今回のワルノリで、でたらめなアドリブはこのおかげ?

時効警察 DVD-BOX

banner_02.gifよろしかったらクリックお願いします。






最終更新日  2007年05月30日 08時29分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[DVDレビュー ドラマ] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.