5690123 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2007年12月02日
XML
カテゴリ:地元の思い出
少年時代の友達のことを書きます。

イナカだったので、小さい頃は近所の友達と池や川(といっても池の底にはゴミがたまっているようなキタナイところでしたが)でよく遊びましたが、小学校4年ぐらいから中3まで新聞配達をしていたので、放課後友達と遊ぶ時間があまり無く、友達は少なかったと思います。

高校にはいると奨学金をもらった(貧乏なら成績に関係なく貸与されるヤツです)ので、新聞配達はしなくてもよくなりました。

半田東高校のこと(おバカの受難)にも書きましたが文系クラスだったので、男子のクラスメイトは少なかったです。高校3年間(多分、恥笑)同じクラスだったHという生徒がいました。

Hは、半田というイナカに来る前は大阪かどこかの大都市で暮らしていたらしく、小学校の高学年で転校してきたはずです。その後は高校まで同じでしたが、最初の印象は都会暮らしで洗練された感じで、悪く言えばキザなヤツで友達になれるとは思いませんでした。ちびまるこちゃんの「花輪クン」に似てたと思います。

花輪君のような長髪で身長も高く二枚目でした。しかし引っ越してきた子供にありがちな疎外感を感じていた(あるいはイナカの子供になじめなかったのかも)のか、中学でも友達は多いようには見えませんでした。

高校でHと同じテニス部に入りましたが、私はすぐにテニス部をやめて(実は入部希望が多すぎて、部活をさぼっていた私はすぐにクビになりました、恥笑)、その後からつきあいが始まりました。

Hはテニス部をやめた私に「ラケットを売ってくれ」と声をかけてきました。当時はラージラケットがはやってましたが、私は変なところにこだわってウィルソンの流行はずれのラケットを持ってました。それを安く手に入れようとして声をかけてきました。

Hは高校でも二枚目でしたがドライ(?)な性格で、一般の人が持っている大阪人の悪いイメージ(間違ったイメージですが)がぴったりでした。友達関係にも損得勘定をまず考え、自分にプラスになる人間としかつきあわないところがあるようでした。

どうもそのあたりの性格が周りの人から敬遠されていたようです(二枚目に対するやっかみもあったかも)。私に対してもHが本当に友情(?)を感じていたか不明です(苦笑)。

というのもHは高2の頃、Y子という同級生とつきあい始めます。Y子は小学生の頃私服がおしゃれなカワイイ女の子で私は淡い恋心を抱いていました。高校生になってそのころの気持ちはもう無くなっていましたが、Hは私の部屋を借りると言って、何度かY子と二人きりになっていました。

B-29の爆撃(冒頭に書いた池は爆撃でできたという噂がありました)にも焼け残ったような古い家で、2階の私の部屋は引き戸で区切られていたので、彼らを覗こうと思えばできましたが、青臭いプライドがあってしませんでした。しかしアレ特有の声が聞こえてきたのを覚えています。

彼らが帰った後のベッドに嫌悪感を含んだ複雑な気持ちがしました。

高3になるとHはY子と別れ、私に付き合えという雰囲気をにおわせました(Y子もその気だったようです)が、私は知らん顔をしていました。私が小学校の時にY子を好きだったとHが知ったために、友情(?)を示したのか、単に飽きた女を私に押しつけたかったのか、Hの気持ちはよく分かりません。

高校の時は硬派(?、笑)だった私は、(今思うとY子に非常に失礼でしたが)お下がりとつきあう気は全くありませんでした。

高校卒業後Hは地元の大学に入学し、2年後やっと大学に入った私は一度だけ彼に会いましたが、その後つきあいはありません。

これだけ書くとHがスゴイいやなヤツだった気がしますが、当時は普通の友達としてつきあっていました。背が高く二枚目なHにあこがれの気持ちがあったのかもしれません。

他にも岡田准一をもっと優しくしたようなM君と高校で友達になりましたが、M君は育ちも良く(Hも決して育ちが悪かったわけではないですが、苦笑)、気持ちのいい少年で、同じ予備校に通いました(河合塾の本部が名古屋にあり、地元では河合塾に通う浪人が多かったですが、私とM君は代ゼミに通いました)。

大学の時一番仲の良かった友達もイケメンだったので、どうも私は友人を顔で選ぶ傾向があるようです(苦笑)。

コレまでつきあいのあったイケメンは性格のいいヤツが多いですが、性格の悪いヤツに痛い目に遭ったこともあります。でも二枚目だとそれだけで許してしまうので二枚目はトクですね(笑)。

追記
一応断っておきますが、私はゲイでは無いので、そっち方面で男性に興味はありません。きれいなものが好きなだけです(笑)。


banner_02.gifランクアップを励みに毎日更新してます。ご協力をお願いします。






最終更新日  2014年10月17日 22時52分54秒
コメント(4) | コメントを書く
[地元の思い出] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.