5681181 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2008年02月06日
XML
テーマ:ニュース(83324)
先ほどの川崎市宮前区で発見された女性の殺害事件の犯人が逮捕されていたことを知りました。被害者と同じバイト先の33才のアルバイト男性が犯人でした。
<川崎女性殺人>交際していた同僚の男逮捕「口論となり…」Yahooニュース/毎日jp

事件発生が昨日(5日)の17時頃で、バイト先での聞き込みで容疑者が浮かび上がり、当日の夜には事情聴取し、6日の朝に自供させる、という警察の素早い逮捕劇にちょっと驚きました。

遺留品のコンビニのレシートから、被害者がバイトが終わった後コンビニに寄ったことがわかり、コンビニの防犯カメラに犯人も一緒に写っていたのが決定的だったようです。

コンビニには「警察官立ち寄り所」と書かれていたりしますが、夜間危険を感じて24時間営業のコンビニに駆け込んだ、という経験のある人は結構いるように思います。この事件でコンビニの防犯カメラという犯罪抑止力の一面を見たような気がします。残念ながらこの事件の被害者はお亡くなりなっていますが、コンビニの防犯カメラのおかげで、守られたということもあるかもしれません。



犯人の男性は33才で、被害者と同じバイト先に勤めていたということですが、ちょっと前の感覚なら、33才は定職を持った立派な社会人でしたが、今では33才でバイトでも、そんなに珍しいことではないのかもしれません。犯人の背景はまだはっきりしてませんが、そんな不安定な状態が、犯行に何らかの影響を及ぼしているかもしれません。

様々な理由で定職を持たずにバイトでまじめにがんばっている人はいくらでもいるでしょう。バイトだから犯罪に手を染めやすいなどとは言うつもりはありませんし、そんな考え方はあってはならないと思います。



ただ「30代でバイト」に、なじめないのも正直な感想です。

希望の会社に入れなかったなどの理由で、バイトを続けているのかもしれませんが、私が就職活動をしたときは、仕事の内容にそんなにこだわらずに就職するのが当たり前でした。本当にしたい仕事をしている人はほんの一部の幸運な人で、仕事の内容は就職してからはじめて分かるというのが普通でした。そして与えられた仕事に不満でも、仕事だからと割り切ってするのが当然だと思います。

最近は個人の個性を尊重する風潮が強く(リクルートなどの求人企業の戦略に乗せられているような気もしますが)、本当にやりたいことを追求することが人間として当たり前、と言わんばかりの耳障りのいいカッコイイ考え方がまかり通っています。しかしそんなうわべだけに乗せられてもうまくいかないのは当然です。

世の中は不公平で、やりたいことをガマンしている人が大多数を占めています。本当にやりたいことがあっても、そこは現実と折り合いを付けて多くのことをガマンして、絶対に譲れないわずかなやりたいことを貫いて生きている人がほとんどだと思います。仕事が希望した内容じゃないとかで、いったん就職してもすぐにやめてしまう人がいるようですが、そんなガマンの出来ない人間は、どこに行っても続かないと思います。

仕事が自分に合わないと感じても3年や5年はガマンして、それでもダメだと感じたら転職すべきだと思います。もちろん転職できれば、です。会社を辞めて目的もなくバイト生活しようなんて間違った考えです。人生の貴重な時間を無駄にしたくないと思うかもしれませんが、日本人の平均寿命は80才を超えています。

他のニュースで見たのですが、大企業の求人倍率は4倍以上で割と広き門になっているそうですが、中小企業では1倍を切っているそうです。そして大きな会社ではなかなか本格的な仕事をもらえないのに対して、小さな会社なら入ってすぐに即戦力として仕事がもらえるために、そういう手に職を付けられる小さな会社に人気が集中しているそうです。

そうして即戦力として採用されても、つまらないことはあるだろうし、ガマンしなければならないことはいくらでもあると思います。やりたいことは全部が楽しいことではなくガマンする部分も当然あります。若い頃にガマンの効かない人生を送っていると、一生ガマンの出来ない人間になると思います。



banner_02.gifランクアップを励みに毎日更新してます。ご協力をお願いします。






最終更新日  2008年02月06日 19時06分25秒
コメント(6) | コメントを書く
[死を見つめて(犯罪関連)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.