5424325 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2008年10月12日
XML
カテゴリ:ドラマ
日テレドラマ「トンスラ」公式サイト:サタデーTVラボ 毎週土曜深夜24:55分~25:25分
温水洋一は空き時間に吉高由里子を質問攻め!? ドラマ「トンスラ」囲み会見 Webザテレビジョン

昨日、第2日目「啓示」が放送されてました(1日目は「受難」でした)。処女作でミリオンセラーを記録した若い女流作家柏葉ミカ(ミカ:吉高由里子)の真っ赤な部屋で、カッパのような頭(古い言い方だとアルシンドヘア、というよりザビエルヘア)をした出版社のダメ編集者、藪田(ヤブ:温水洋一)が繰り広げる密室劇(?)です。

タイトルのトンスラはヤブのアルシンドヘアのことで、「髪型の一つ。頭頂部の毛を円形に剃ること。キリスト教の信者が聖職者である司祭になる修行の通過儀礼として行う」のだそうです。
トンスラとは - はてなキーワードより

それはドラマのオープニングで毎回紹介されています。そこでヤブ自身はキリスト教と全く関係ないとコメントしてます。ミカは子供のころ父親の影響で、キリスト教的な考え方が定着しているようです(ただし第2日目現在は、それに反発している様子)。ミカと言う名前も11月(10月?)に生まれたため、父親が秋の天使(?)ミカエルから取ったそうです(となるとヤブはヤコブ?)。

吉高由里子の甘えたような特徴のある声は「太陽と海の教室」で灯里(あかり、濱田岳演じるハチと絡んでた娘)役を演じてた子でしたが、黒いロングヘアで最初はわかりませんでした。
吉高 由里子 - アミューズ オフィシャル ウェブサイト

編集部でもお荷物扱いで、イジメられキャラのヤブと、新作が描けずに落ち目を自覚しているミカが、あの甘えた声でヤブを罵倒するエキセントリック(ヒステリック*)な演技がサイコーです(笑)。
* ドラマ関係ないですが、HYSTERICMICA(ヒステリックミカ)というブランド(靴?)があるようですね。サディスティック・ミカ・バンドのほうが連想しやすいですが…。ミカがヒステリックでサディスティックなのも当然かもしれません(笑)。

Webザテレビジョンの上のリンクで温水洋一がコメントしているように、ロリ声の吉高由里子に妙な色気を感じます。吉高のSM女王様っぽいコスチュームの色っぽさに、ヤブがスケベ中年ぶりをダメダメに発揮するところもいいです(笑)。

監督(演出)が三木聡であり、おもしろいのも納得です。来週以降が楽しみです。

三木聡作品の過去のブログ
転々 プレミアム・エディション 2008年04月23日
図鑑に載ってない虫 2008年01月12日
帰ってきた時効警察 第3話に関する素人法解釈
時効警察(テレ朝 ドラマ24枠 2006/1/13~3/10) 7話まで


banner_02.gifランクアップを励みに更新してます。ご協力をお願いします。






最終更新日  2008年10月13日 00時35分34秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.