5681205 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2012年06月11日
XML
テーマ:ニュース(83324)
犠牲になったお二人のご冥福をお祈りします。
無言で何度も刺す…通り魔、「助けて」耳貸さず YOMIURI ONLINE 2012年6月11日14時34分 読売新聞

私は死刑廃止の立場ですが、この手のキ印は人間ではないので殺すしかないと思ってます

助けを求めているのに何度も執拗に包丁を突き刺すようなヤツは人間ではありません。そしてこの手のヤカラをまともな人間が理解しようする努力は無駄なことです。

普通の人間が持つ倫理観や常識が通用しない人間を、まともな人間が理解することは出来ません。さっさと死刑にして社会から排除するしかないと思っています。

以前に同じようなブログを書きましたが、精神科医が何度問診してもこの手の人間を理解するのが難しいのに、ニュース原稿を斜め読みしているようなキャスターごときに理解出来るはずがありません。


スーパーニュースで木村太郎がしたり顔でなにやらのたまっていましたが、もし木村が本当に犯人を理解しているとしたら、木村も立派なキ印だということです

スーパーニュースでは殺人を犯した人間の1/3に前科があるなどと、それらしい資料を掲げて前科者が殺人者予備軍であるかのような、すり込みをしようとしていましたが、逆に言えば2/3は前科などない、それまでは善良な市民だった人間ということであり、素直にその資料を読み取ったら、誰が殺人を犯すかなど全く予測できないというコトになるはずです(交通違反でも罰金刑なら前科とされますから、前科者は社会にいくらでもいます)。

前科とは 困り事よろず相談処 ほ~納得!:前科者は「本籍地の市町村役場に保管される犯罪人名簿に一定期間記載され」「罰金以下の刑(罰金・拘留・科料)の場合は5年、禁錮以上(死刑・懲役・禁錮)の場合は10年」の期間記載され、それ以降は「犯罪人名簿から削除され」るそうです。

そして犯人が刑務所に入っていたことにも言及し、刑務所が矯正を役目としているのにその役割を果たしてないなどと批判的な口調でしたが、刑務所でもその手の人間の矯正はムリだと思います。
法務省:矯正局:刑務所は法務省の矯正局の管轄にあり、矯正施設と位置づけられており、「最近の矯正思潮に沿った新しい処遇方法について調査研究を行って」いるそうです。

このような事件は痛ましいと感じますし、悲しいことだと思います。しかしスーパーニュースのような論調で国や関係機関に対策を講じろというのはムダだと思っています。

この手の事件は天災と同じで防ぎようがないと思っています。もし防ごうとするなら国民ひとりひとりを逐次監視するシステムを完成させて、映画『マイノリティ・リポート』のようなSFチックな犯罪予防局を作るしかない。

そんなことはムリですし、そんな実現不可能なことにコストをかけるぐらいなら、他にもっと有意義なお金(税金)の使い道があります。

犠牲になった方や親族の方の無念を思うと涙が出てきます。が、申し訳ないですがこの世の無情と思ってあきらめるしかないと思っています。


banner_02.gifランクアップを励みに更新してます。ご協力をお願いします。






最終更新日  2012年06月17日 13時59分42秒
コメント(2) | コメントを書く
[死を見つめて(犯罪関連)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.