5931377 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2012年10月02日
XML
今日も(というか昨日の夜ですが)見てしまいました。残念ながら満足度は高くなかったです(見たときのコンディションに左右されているきらいはあると思います…)。

【friends もののけ島のナキ 2011年12月公開】
friends もののけ島のナキ
friends もののけ島のナキ ウィキペディア
Yahoo映画などでも評価が高かったので買ったのですが、ネタバレしてしまってどうものめり込めなかったです。

原作があの有名な話でソレに気付いてしまってからは、「わかってるよ」みたいな、知ったかぶりの悪いクセで楽しめませんでした(実際ストーリーもその通りでしたし)。

3Dアニメとしては十分な出来だと思いますし、ナキとコタケの絡みは笑ったり泣けるシーンが多かったのですが、やっぱり先が読めてしまうとシラけてしまいます。

ナキの相方の名前がグンジョー(群青)なのも、あの原作を容易に想像させてしまいます。

私は基本的に原作は見ないで映画を見ることにしているので、ストーリーが読めてしまうと映画を見る楽しさが半減するようです。

ストレートなストーリーが多くの人に支持されている理由なのかもしれませんが、私個人としては原作をもう一ひねりして、もうちょっと凝った話にして欲しかったと思います。

【ロボジー 2012年1月公開】
映画『ロボジー』公式サイト
ロボジー ウィキペディア
五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)主演の映画です。この映画はそれに尽きます。

私の好みは若い女の子や若者が奮闘して成長する映画で、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』などドはまりでした。『ハッピーフライト』も綾瀬はるかのドジがかわいかったと思います。

しかしこの映画はあくまでもミッキー・カーチスが主演なので、このご老人のために若い俳優たちががんばります。

個人的にはヒロインである吉高由里子のカワイイ顔を見たいっ!!のですが、○○の非情な一言を受けてすごいブスになります(田畑智子に「アンタ、ちょっと恐いよ」と言わせたかったため?のメイクですが…)。

ワキとはいえヒロインなのですから「もうちょっと彼女をカワイク撮ってくれ」と感じました(クライマックスでいつもの吉高に戻りますが、もうちょっとそこを掘り下げてがんばって欲しかった)。

話の順序が逆ですが、前半「ニュー潮風(ロボットの名前)」にベタ惚れする吉高も、理工系ロボットオタクという知性的な面が、彼女のかわいさをぼかしていたように感じました。


ミッキー・カーチスにギャグをやらせるコトにムリがあったのでは?…。笑わせようという意図を感じるシーンがいくつもありましたが笑えませんでした。

ロボットのかぶりモノをしているのでミッキー・カーチスではないのですが、どうもあのダンディなご老人を笑うのは憚られるというか、上野樹里や妻夫木聡のドジを思いっきり笑うのと同質の笑いをミッキー・カーチスに求めるのはムリがあるというか…。

エレベーターで「ニュー潮風」がオナラして、木村電器の社員が代わりに謝るシーンがあります。クスッとはしますが、ダンディなご老人を穢すような下品なイメージが先に立って、心底楽しんで笑うというほどじゃなかったと思います。

ミッキー・カーチスが持つ雰囲気が頭にこびりついているのもありますし、老人の図々しさやルーズさを心底笑うには、老人性認知症などのフィルターがかかってしまってムリがあるように感じました。


『ハッピーフライト』あたりからそうなのかも知れませんが、どうも矢口監督はバックグラウンドのディテールに凝りすぎているような気がします。思い込みが強すぎて万人受けするような笑いのツボを若干外しているような気がします。

クライマックスで吉高が走るのはいかにも青春って感じでいいムードだったのに、あの「すり替え」はちょっとムリがあるだろ…、と興ざめしてしまいました。


けなすようなことばかり書いてますが、映画のレベルは合格点を超えていると思います。ご老人を笑えないというのはあくまでも個人的な感想ですし、ストーリー自体に破綻はなくて上出来だと思います(伏線もバッチリでした)。


余談ですが辞めた会社はメーカー系ソフト会社で、あのカーキ色の作業服とほぼ同じモノ(親会社のマーク入り)が支給されてました。新人の頃に着ていたので懐かしかったです(その数年後にはメタボになって着られなくなって…、苦笑)。


banner_02.gifランクアップを励みに更新してます。ご協力をお願いします。






最終更新日  2012年10月03日 03時29分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[新着映画DVDレビュー] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.