5339252 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2014年01月04日
XML
カテゴリ:バイク・免許
新年一発目のひねくれオヤジのたわごとです。長いです。

私は1日一箱弱タバコを吸ってます。医者からやめた方がいいと言われてますがやめる気は毛頭ありません。

タバコが健康に悪いという迷信がまかり通っていますが、それを背景にして虎の威を借る狐のごとく愛煙家を攻撃する心ない人が多数存在します。

禁煙ファシズム ウィキペディア:タバコを悪とする風潮を鵜呑みにして愛煙家を攻撃するのは、ナチスドイツがゲルマン民族の優越を正義にしてユダヤ人を虐殺したのと同じメンタリティです。


タバコが健康に良くないと頭ごなしに否定する人の常套文句は「喫煙者は長生きできない」ですが、100歳以上生きたきんさんぎんさんは愛煙家でした(「喫煙 きんさんぎんさん」で検索すると大量にヒットして、きんさんぎんさんが愛煙家のアイドルになってます、笑)。

日本は世界でトップレベルの長寿国ですが、現在高齢者に属する方達は嫌煙運動などほとんど無かった時代にタバコをスパスパ吸ってきた世代です


あれほどタバコの害が口やかましく言われたのは、タバコ税を上げたい一部の政治家とそれに協力したマスコミの悪宣伝のせいだったと思っています。「あんな健康に悪い嗜好品をたしなむ奴らは増税しても当然だ」という世論を醸成するためです。

タバコの価格は8割以上が税金です。税の公平性からこれほど逸脱した課税品はほかにありません。そんな不公平感をごまかすために上記の人たちによって「タバコは悪」という意見が広く流布させられたと思っています

そんな一部の輩のたくらみに踊らされる嫌煙運動家はそそっかしいを通り越して愚かです


いつもの長い前振りでした(笑)。私はタバコをやめる気は全くありませんが、車の運転は35歳頃にきっぱりやめました。現住所に引っ越した当時友達から買った中古のシビックフェリオに乗ってましたが、1年も乗らないうちに売ってしまいました。

以前のブログにも書きましたが、自動車道から一般道に合流するときに左車線を走っていた車にぶつかりそうになったからです。

ただしバイクは18歳で免許を取ってからずっと乗ってます。なぜかというと車は物理的に事故を避けられませんが、バイクなら事故を起こしそうになっても避けることが出来るからです。バイクは被害者になる可能性が高いですが、加害者になって他人を傷つけるくらいなら被害者になった方が数億倍マシだと思っています。

2年ほど前に事故にあってバイク運転中にはじめて骨折しましたが、こちらが青信号で直進しはじめたときに、赤信号でムリヤリ右折して交差点で立ち往生していた車がこちらに向かってアクセルを踏んだからです。

こういう頭のおかしいドライバーは論外ですが、とんなに真面目なドライバーでも車は構造的に事故を避けられません

道幅が3メートル以下の狭い路地で突然誰かが飛び出してきたら、車は避けようがありませんがバイクなら容易に避けることが出来ます。バイクの正面面積は道幅に対して十分余裕あるのに対して、車の幅はほぼ道路の幅と同じだからです。バイクでも避けるためにそれなりのテクは必要ですが、車はどんなにテクがあって避けられない状況に遭遇します。

自動車は任意保険に入ることが当たり前になってます。車は事故を起こす可能性が高いという証左です。

保険に入るのは事故を起こしてしまったときに相手に十分な補償をするためですが、考え違いをしたドライバーは保険に入っていることで事故を起こしても許される免罪符を得たと思っているフシがあります。

私をはねた頭のおかしい女性ドライバーは保険会社に言われて事故の翌日に、苦痛に耐えてやっと家に戻って午前3時頃床についた私を朝の8時にたたき起こし、「言いたくないけどスイマセンでした」という電話を一本よこしただけでそのあとまったく謝罪しませんでした


自動車事故で毎年1万人以上が死亡しています。今は救命救急の技術が発達して事故後24時間以内に死亡するケースが減ったため、警察発表される自動車事故死亡者は1万人を切ってますが、24時間以降に亡くなっている人を合わせたら間違いなく1万人を超えています。1/5修正、2011年の事故1年以内の死亡者数は7065人です。

タバコの害などとは比較にならないほど自動車は大量虐殺しています。それほど人殺しをしている道具が日本中いたるところで大手を振って走り回っているのは、自動車産業が工業立国日本の主要な産業であり、自動車産業からの税金が国や地方を潤しているからです。

自動車会社やその関連企業が大スポンサーであるマスコミも、「自動車が大量殺戮兵器」であることを隠蔽して車に対する一般のイメージをよくすることに苦慮してきました。

自動車会社がスポンサーになっているドラマで交通事故を起こす悪者はバイクです。車を悪者にしないために、見通しのいい広い道路でバイクが人をはねて殺すという非現実的なシーンを多くのドラマで見ることができます。

姑息なテレビ局はそれを逆手にとって、「交通事故が起こるドラマ」のスポンサーに自動車会社を誘っているのではないかと勘ぐりたくなります。


最近の車のCMでは「衝突防止」や「衝突回避」を売り文句にしています。CMでは壁にぶつかるのを防止することばかりを強調していますが、この機能の最大の目的は人身事故を避けることです。
プリクラッシュセーフティシステム ウィキペディア

しかしそれを前面に出してCMしてしまうと、「車が凶器」であることを自動車会社が認めることになるので運転者の安全ばかりが強調されています。しかし守るべきは車に殺される歩行者などの交通弱者です

こんなCMが当たり前のように流れているから、最新技術の車に乗っているから自分だけは安全と他者の安全に配慮しないバカな運転手が増長するのだと思います


タバコの害を警告して他人の健康に配慮してくれる親切な人には毎年1万人以上を殺戮している自動車をなんとかする運動に積極的に参加して欲しいです。

banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2019年01月18日 20時21分41秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.