5843301 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2015年05月30日
XML
一昨日のブログ【第7回AKB総選挙】 NMB惨敗速報に関する考察(高音ボイスが人気の秘訣?) にNMB48の速報惨敗にからめて、現在のAKBグループの一番の問題が

「現在のAKBグループは人間のどうしようもない本能に訴えるという、AKSをはじめとする運営のなんの工夫もないお粗末な戦略によって支えられています」

であることを書きました(上のブログは28日の登録ですが今日までずいぶん加筆修正したので、一度読んでくれた方もよかったらもう一度読んでみてください)。

小学生くらいの幼いメンバーをありがたがって、AKBグループを支えてきた既存メンバーをないがしろにし、卒業という美名のもとに追い出しにかかっていることに私は憤慨しています


AKSをはじめとする運営の能なし戦略は上に書いたように小さい子供を連れてきてロリオタに訴求することと、握手券(が付属するCD)をいかにして売るかです。

金儲けしか考えてない運営の戦略が醜悪だと感じているファン(元ファンを含む)はたくさんいるはずです。ヤクザなAKB運営事務所AKSにも従業員がいて給料を払わなくてはならないですし、利益の追求は私企業として当然のことですが、アイドルは夢を売る仕事であり、アイドルがカネまみれに見えることは芸能事務所の運営方針に反するはずです。

2010年頃にAKB48が国民的アイドルグループと言われてブレイクした頃は、可愛いだけじゃない(むしろ可愛くない?)個性的なメンバーが揃っていました。その頃には「推し」と「干され」が明確になっていましたが、「干され」メンバーもアイドルとして成功する夢を見て、定期的に行われる劇場公演に全力で挑んで「アイドルグループAKB」の評判を高めていました。

さまざまなメンバーが頑張っていることにファンは感動し、AKBを応援しようという気持ちになったと思います。

最近のブログで何度か取り上げている「干されのカリスマ」松村香織(かおりん)も運営から冷たくされた不遇の時代に耐えて這い上がってきたメンバーです。

かおたんは今年チームKIIに残念ながら(?)昇格してしまいましたが、2009年3期オーディションで合格してから5年以上も研究生を経験し、「終身名誉研究生」「AKB48グループ研究生会会長」の名誉ある(?、笑)称号を受けました。

SKE48は3期オーディション合格者から研究生制度が始まったため、正規メンバーと研究生の明暗がクッキリしていました。
「松村が合格したのは3期生。AKBの3期生とは違い、SKEはこの期から研究生からスタートとなる。運営に認められた者は、昇格や選抜へ。逆に認められなければ、ずっと研究生を続けなければならないという、とても扱いの格差が大きい世代(上のエケペディアより)」

卒業した木下有希子や須田亜香里がすぐにチームSの正規メンバーになったのを松村香織はどういう気持でみていたのでしょうか?

一時期「松村香織」「かおたん」を検索すると「ハゲ」「育毛」などが「関連する検索キーワード」として表示されたそうですが(笑)、不遇の時代が長すぎて悩みぬいた結果、毛が抜けたそうです。

円形脱毛症だったそうです。ちなみにそれをツイッターか何かに書いたら、高須クリニックが見てタダで治療してくれたそうです(笑、よかった)。
SKE48松村香織さんの頭髪の薄毛治療を正式に引き受けることになりました。 美容整形高須クリニック 高須 幹弥 オフィシャルブログ 2013-06-15 11:26:00


そしてそういう苦悩の期間が長すぎた結果、かおたんは「口が悪くなった」そうです(本人がラジオでそう言ってます、笑)。メイドカフェのバイト経験者であり、アイドルっぽいかわいいキャラだったかおたんが、いまの辛口キャラになったのは悩みぬいた不遇な時代があったです。

若干特異なキャラではありますが、松村香織は今年の総選挙(速報)で選抜枠14位入りし、最終結果でも選抜に残ることが有望視されてます(去年は17位でアンダーガールズ枠のセンターポジション)。
関連ブログ
【第7回AKB総選挙】投票速報分析 2015年05月21日

類似例に大家志津香(しーちゃん)がいます。
関連ブログ
AKB48 派生ユニットの活動が最近低調な理由 2014年08月25日

彼女もAKB48で研究生制度が始まった4期オーディションの合格者で、同期の倉持明日香がすぐに正規メンバーに昇格したのを横目に見て、AKB48で最長の研究生時代を過ごしました。握手会で他のメンバーがフルで立つレーンに1回だけ立ってもファンの列が切れ、それで思わず泣いてしまった彼女を『週刊AKB』が取り上げたのがしーちゃんがブレイクしたきっかけでした。

ファンはそういうドラマを感動してメンバーを応援しようとします。かおたんやしーちゃんはAKBブレイク以降の例ですが、AKBが国民的アイドルグループになった裏にそういうドラマがいくつもあり、そういうメンバーをファンが応援した結果が国民的アイドルグループとなる原動力だったはずです。


しかし最近の若いメンバーはそういう先輩が苦労して築き上げた「AKB48の金看板」の上にあぐらをかいているようにしか見えません。

新しいメンバーが苦労してないとは言いません。むしろ先輩がシングル曲やA1stから始まった公演曲を順番に覚えていったのに対して、新しいメンバーはいきなり全部覚えろと強制されるケースも多く、先輩よりも苦労しているといえるかもしれません。

しかしそれは先輩たちの足跡をたどる行為であり、彼女たちの個性は逆に潰されている気がします。シングル曲や公演曲を覚えるのに精一杯でそれ以外のことに余裕のない画一的なアイドルになっている気がします。新しいメンバーはドラマが生まれにくい境遇だと言えます。

そういう状況は新しいメンバーなりに頑張った結果なので責めることはできません。私が気に入らないのは(たぶん古いファンもそういう風に感じていると思います)、水ブタこと秋元康がロリコン趣味で若いメンバーばかりを闇雲に採用し、(運営にそう仕向けられていると思いますが)そんな子供が古いメンバーを「おばさん」扱いして追い出し、正規メンバーに取って代わろうとしているように見えることです。

小学生や中学生になったばかりの子供が「国民的アイドルグループAKB」を築き上げた年長のメンバーを「おばさん」扱いして追い出そうとする舞台裏を想像するのはおぞましく、気分が悪くなります。古いファンや一般のファンが離れていくはずです。

そして若いメンバーも数年頑張って芽が出ないと「おばさん」扱いされる側になり、アイドルとして成功する夢を踏みじられます。哀れです。



かおたんやしーちゃんのようなドラマはそう簡単に生まれるものではありませんし、ブレイクするメンバーが生まれるのは稀有なことです。苦悩のあまりハゲが出来たり、胃に穴が開いたりするメンバーたちがかわいそうという見方もあります。

で、手っ取り早く儲けようとしたら、メンバーを大量生産して『国民的アイドルグループAKB』の金看板で小銭を稼がせることです。今年生まれるNGT48らの姉妹グループが大量に作られたのは、多くの傘下グループを抱えて大儲けするためです。

AKSの創立者のひとりがヤクザであることは有名な話ですが、この方式は広域暴力団が多くの傘下団体を抱えて上納金で儲ける方法と同じです。違うのは直参のAKBや姉妹グループのメンバーが上げる利益は、AKSがほぼすべて吸い上げていることです

オーディションに合格して『国民的アイドルグループAKB』の金看板をもらった(盃を受けた)メンバーが金の卵を生む雌鳥になるのはまれですが、その数が多いので元締めのAKSは大儲けです。この方式ならメンバーの数を増やせば利益が上がるので、AKSをはじめとする運営は左うちわで高笑いです。

金儲けしか考えてないAKSに若いメンバーを人気者に育てようという気持ちはなく、彼女たちが握手会でファンをつなぎとめているだけでいいのです。

そんな金の亡者に付き合わされるファンこそいい迷惑です。すでに一般のファンは離れていますが、握手会でつなぎとめられているファンも早晩離れていくはずです。

関連ブログ
AKBは今年で終わり? 2015年01月11日
「しかし最新シングル『希望的リフレイン』の売上枚数はその9割近くを、生身のアイドルと握手したいファンによって支えられています」


● AKB48のCD売上について
上のリンクに書いたように最近のミリオンを記録するAKB48のCDは9割方握手券目当てで、『僕たちは戦わない』も総選挙で贔屓のメンバーをより上位にランクインさせたいために一人で何十枚も購入するファンによって160万枚以上のセールスを記録しています。

週間 CDソフト TOP20 - Phile-web 2015年5月18日~2015年5月24日 調査分 サウンドスキャン 15.05.20発売の『僕たちは戦わない』の初週売上が載っています。

先週発売された『僕たちは戦わない』のサウンドスキャン「今週(5月18日~2015年5月24日)」と「累計」に差がある理由がよくわかりませんが、通常盤8タイプの「累計」合計は427,926枚となっており、オリコン発表の167.3万枚の1/4(25%強)にあたります。

【オリコン】AKB48が金字塔 史上初の20作連続“初週ミリオン” ORICON STYLE 2015-05-26 04:00

つまり一般の人が購入する通常盤CD(1600円)1枚に対して、DVDが付属しない握手券および総選挙投票券目当ての劇場盤(1000円)が3枚売れているということで、上のあげた『希望的リフレイン』の「9割方」より通常盤の購入割合が多いですが、一般の人達に「総選挙が国民的行事である」という認識がいまだ薄れてないからでしょう。

残りの125万枚(約75%)が劇場盤ということで、それを購入した一部のファンの(人によっては一人で数十枚~数百枚の)投票券が贔屓のメンバーのために投票されます。

いまだ「国民的行事である」と思われている総選挙がAKBを「国民的アイドルグループ」たらしめているので、運営は去年の「268万9427票」より多い総投票数を発表できるように「努力」しているはずです。


banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2015年05月31日 07時58分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[音楽(48 / 坂グループ関連)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.