5696906 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2015年09月17日
XML
6年目のじゃんけん大会はほぼ無名の藤田奈那が優勝しました。過去5回のじゃんけん大会での藤田奈那の成績は最高でも2回戦進出までだったので、今回は本当に運が良かったのだと思います。

AKBじゃんけん大会 藤田奈那が“ジンクス”やぶり初V Yahoo!ニュース デイリースポーツ 9月17日(木)7時1分配信
藤田奈那 エケペディア「2010年 3月、AKB48第10期生オーディションに合格」「2012年昇格、8月、大島チームKへの所属が発表」

10期といえば先に昇格して旧チーム4所属だった市川美織、入山杏奈、加藤玲奈あたりが目立っていて、個人的に藤田奈那はまったくノーマークでした(汗笑)。


【過去のじゃんけん大会優勝者(シングル/売り上げ)】

第1回 2010年 AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会
内田眞由美(チャンスの順番/68.3万枚)

第2回 2011年 AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会
篠田麻里子(上からマリコ/119.9万枚)

第3回 2012年 AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会
島崎遥香(永遠プレッシャー/120万枚)

第4回 2013年 AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会
松井珠理奈(鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの/108.6万枚)

第5回 2014年 AKB48グループじゃんけん大会2014 ~拳で勝ち取れ! 1/300ソロデビュー争奪戦~
渡辺美優紀(やさしくするよりキスをして/4.1万枚*)
* 初月売上の数字ですが累計売上とほぼ同じです

第6回 2015年 第6回AKB48グループ ソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナ ~こんなところで、運なんか使っちゃうのかと思うかもしれないが、とりあえず、勝たなきゃしょうがないだろ?~
藤田奈那(未定)

じゃんけん大会 エケペディアより


今回のじゃんけん大会はガチ勝負で八百長無しだったと思います(苦笑)

2010年の第1回は総選挙圏外の内田眞由美が優勝して初選抜で初センターを獲得するという、じゃんけん大会の主旨である「最も運のいい者」がチャンスをつかみとりました。

しかし前作18thシングル『Beginner』でAKB48は初のミリオンを記録しましたが、内田眞由美センターの19th『チャンスの順番』は68.3万枚にとどまり、100万枚には届きませんでした。
チャンスの順番 エケペディア

AKBのシングル曲は20th『桜の木になろう』以降、最新シングル41st「ハロウィン・ナイト」まで22作連続ミリオンを達成し、記録を更新しています。

もし『チャンスの順番』がミリオンだったら、現在24作連続ミリオンを記録しています。『チャンスの順番』のせいで連続ミリオン記録の出鼻をくじかれた(「ガチ勝負は失敗だった」)とAKB運営が考えたとしても不自然ではありません(AKB運営による「CD販売方法などのあくどい商売」はさまざまな批判がありますし、苦笑)。


ですから2回目以降のじゃんけん大会では選抜常連の人気メンバーを勝たせるために、「ミリオン連続記録が途切れないようにAKB運営が裏で手を回していた」という想像はあながちありえないことではないとおもいます(苦笑)。

2~4回の優勝者は選抜(16人)を勝ち取った中でもっとも人気のあるメンバー(その年のほぼ総選挙順位最上位者)でした(16人が決まったら、そのメンバーが勝ち残るように他の不人気メンバーは言い含められていたのだと思います)。これが2回め以降のじゃんけん大会が八百長と邪推(?)された理由だと思います。


しかし去年の第5回じゃんけん大会から状況が変わりました。『やさしくするよりキスをして』は優勝者のソロデビューシングル曲で、AKBのシングル曲ではなくなりました

NMB48でNo.2人気の渡辺美優紀のシングル曲は4.1万枚(初月)の売上に終わり、過去3年間のじゃんけん大会AKBシングル曲が記録したミリオンの端数にしかなりませんでした。

第5回じゃんけん大会は1期生で選抜常連(AKBシングル曲選抜最多記録保持者)の小嶋陽菜が決勝を争って「まさに八百長だ」と囁かれましたが、『やさしくするよりキスをして』の売上は惨憺たる結果(ただしCDが売れないこの時代に4万枚台はそれほど悪い数字ではありません)で、八百長の意味が無いと運営が考えたという想像も自然だと思います(苦笑)

今年の優勝者もAKBシングル曲のセンターではなくソロシングルデビューです。どうせ『やさしくするよりキスをして』と同程度の売上しかないのなら、AKB運営も不正をする必要はないと考えたのでしょう

ですから今回は八百長なしのガチ勝負となり、第1回優勝者の内田眞由美と同じように選抜未経験の藤田奈那が運良く優勝したのだと思います。


関連ブログ
AKB48 今年のじゃんけんクイーンは松井珠理奈 2013年09月18日 この時期はまだAKBを信じてました、

banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2015年09月18日 03時41分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[音楽(AKB48グループ関連)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.