5926760 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2016年06月03日
XML
カテゴリ:政治問題
テレビコマーシャルで知りました。

確認じゃ!給付金。 | 平成28年度総合トップ

「高齢者向け給付金」は65歳以上の低所得な年金生活者が3万円貰えるという「バラマキ」ですが、生活が楽ではないお年寄りには朗報だと思います。

私は「平成28年の住民税が課税されない」かつ「誰にも扶養されてない」かつ「生活保護を受給してない」のでたぶん「臨時給付金」に該当すると思います。3千円なんて「焼け石に水」な気もしますが、貰えるのならありがたく貰っておこうと思います。

無職期間が4年近くなって生活がかなり厳しい、というか、いいかげん首を括らなければならないぐらいに追い詰められているので、「そろそろ生活保護を受けてもいいかもしれない」と思ってますがまだ申請はしてません。


ご老人たちに対する3万円の「バラマキ」は、前のブログ( 「君子豹変す」昭和恐慌を繰り返さない安倍総理の英断)と同じく、露骨な参院選対策です(苦笑)。

参院選 6月22日公示、7月10日投開票を正式決定 毎日新聞 2016年6月2日 17時06分(最終更新 6月2日 21時49分)

前のブログに「サミットによる各国首脳の合意」など消費税増税延期の「表向きの理由」を書きましたが、参院選対策であることは書きませんでした。この時期に「消費税増税延期」を発表したということは当然1ヶ月後の参院選を意識していたはずです。

てんびん座でバランス感覚にこだわる私としては、やっぱり「参院選対策」であることは書かなければならないと思いました。


消費税延期は、自民党や野田総理時代の民主党の努力によって広く浸透した「社会保障制度維持のために不可欠」という世論に逆行するもので、野党やマスコミから攻撃されていますが、竹下総理時代に消費税が成立して以来、なにはともあれ「増税反対」とバカ喧伝してきたマスコミが跋扈していた数年前から隔世の感があります

ほんの数年前までマスコミは何の理性的考察もなしに「消費税増税反対」を頭ごなしに叫んでいました。そんなバカマスコミのせいで日本国が抱える財政赤字は1350兆円に達しました

リアルタイム財政赤字カウンター 15現在の「借入金,政府短期証券を含む「日本全体の債務残高」」は約1350兆円です。

また鬱陶しいくらいに「消費税増税延期」を訴えていた野党が手のひら返しして、安倍総理の英断を否定するのはみっともないのを通り越して滑稽ですらあります


来月の参院選は18歳以上に投票権が付与される初めての国政選挙ですが、自民党支持の傾向が強い高齢者の高い投票率を更に引き上げようするという意図があからさまです。18歳19歳の若者から自民党がそっぽを向かれたときのための「転ばぬ先の杖」だと思います(が、新しく増えた有権者の投票行動は大勢にはさほど影響ないと思ってます)。


手を変え品を変えて選挙のための政策を繰り出す安倍政権をみっともないと感じるかも知れませんが、そうまでして政権を維持(高い議席数を維持)したいのは安倍総理には大望(制定後70年近く経ってほころびが目立つ憲法の改正*など)があるからです。

* 自民党が野党だった時代の日本国憲法改正草案(日本国憲法改正草案 | 自由民主党 憲法改正推進本部)の重箱の隅をつついて自慢気に批判する能なし政治評論家をテレビで目にしますが、草案はあくまでもたたき台であって、瑕疵があれば変更するのが当然です。たたき台の細かい点にケチをつけて鬼の首でも取ったように自民党の改正草案を全否定するバカ(TBS『報道特集』のことです)のせいで、憲法を現代日本の実情に即した形に修正する正しい行為が阻害されています。

安倍総理は政治家として日本国のためになすべき目標があるからこそ、なりふり構わず行動出来るのだと思います。多少みっともないと思われてもやるべきことはやるという強い意志を安倍総理に感じます

そんな「みっともない安倍政権」を私は応援したいと思っています


banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2016年06月06日 13時43分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[政治問題] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.