5703393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2016年09月13日
XML
先月27日のことで2週間遅れになりますが、岸野里香が卒業発表したのを知りました。

NMB1期生・岸野里香が卒業発表 オリコンスタイル ORICON STYLE 2016-08-27 21:37

岸野里香の卒業を知ったのは今日見た上のリンクでした。PCをしながらYouTubeのラジオを聞くのが習慣なのですが、虫の知らせなのか先週から『NMB48 りかとダレカのガールズ★ト~ク』を聞いていました(卒業した村上文香と一緒にやっていた『NMB48 りかとあやかのガールズ★ト~ク』の初回から100回分以上です)。で、最近の岸野里香のニュースは?と思ってググってみたら卒業発表しているのを知った次第です(汗笑)。

NMB48りかとあやかのガールズ☆ト〜ク ウィキペディア 「2013年4月6日に始まったラジオ関西が制作しているローカルラジオ番組」「2013年4月6日 - 2014年12月28日」「91回」「NMB48りかとダレカのガールズ☆ト〜ク」「2015年1月4日 -」
下のYouTubeラジオを初回から聞いていました。
(2013~) NMB48りかとダレカのガールズ☆ト~ク 2015年~ [岸野里香] (NMB48りかとあやかのガールズ☆ト~ク2013年~2015年[村上文香]) YouTube NMB RADIO

『りかとあやかの…』は神戸の放送局であるラジオ関西で、兵庫県出身の岸野里香と村上文香がパーソナリティを担当していました。神戸などの地元のスイーツを紹介するコーナー(「お茶しましょ」)もあります。


いきなり話が飛びますが、神戸(兵庫県)の人間は「ちょっとすましたいけ好かない感じ」があります。もちろんいい面がたくさんあってのことであり、個人的な偏見なのですが。

「ちょっとすましたいけ好かない感じ」は「神戸の北野」などに代表されるオシャレな印象の裏返しなのかもしれません。関西は大阪通天閣の新世界に酔っ払いがたむろするような飾り気のないフランク?な雰囲気であり、「神戸のオシャレ」な感じは若干仲間はずれな印象です(あくまでも個人的な偏見です)。

大阪は太閤さんが治めた都であり、関西人の代表という矜持(お笑い芸人的なおバカが素直にできる、笑)がありそうですし、京都人は「千年の都」の誇りがあります。奈良人は「関西の田舎者」とバカにされていますが(苦笑)、京都より古い都という歴史(大和朝廷という日本国発祥の地)に対するひそかな自負があるように思います。

対して神戸は100万都市でありながら大阪や京都に対して誇れるものがなさそうな印象です。かつて都が置かれたこともありますが、「福原なんて風俗街だろ」と他県人から見られている引け目もありそうです。

福原京 ウィキペディア 「平清盛の主導で造営が進められた日本の首都の通称」

学生時代に大阪奈良京都の二府一県に居住した経験はあっても兵庫県には住んだこと無い私の偏見なのですが(汗笑)、神戸(兵庫)の人間の一見「スカした」印象はそういう劣等感の裏返しのように思います。

卒業発表後の『りかとダレカの…』には同じ兵庫県出身の城恵理子が出演していましたが、ご存知のように城は一度卒業してから帰ってきた「出戻り」です。

城は2期生でありながら、二枚目シングル『オーマイガー』で1期生を差し置いて選抜入りし(下のwikiにあるような「事情」があったのですが…)、バラエティでも「飛ぶチーズ」などのギャグで中心メンバーとして活躍しました。

オーマイガー! ウィキペディア 「当初は近藤里奈・吉田朱里・渡辺美優紀が選抜メンバー入りしていたが、吉田の謹慎に伴いメンバーの選抜がやり直され近藤・渡辺が選抜落ち、代わりに村上文香・山岸奈津美・山口夕輝が選抜入りした。研究生の城恵理子・村上文香・矢倉楓子・山岸奈津美・與儀ケイラが初選抜入り。上記の近藤・吉田・渡辺以外に、篠原栞那・松田栞が選抜から外れた。」

そんな城を面白くないと思うメンバーがいて当然だと思います。『なにわなでしこ』で「メンバーの誰が嫌い」という企画があったのですが、城はダントツトップでした(出演した8人?の半分のメンバーが「城を嫌い」に入れていました、苦笑)。

なにわなでしこ ウィキペディア 「日本テレビで2011年7月13日(12日深夜)から同年12月29日(28日深夜)まで放送された深夜バラエティ番組」

『なにわなでしこ』放送当時中学1年だった城の、天真爛漫で物怖じしない性格がおおいにウケたのですが、その「子供らしい遠慮しない」ところや「出る杭は打たれる」で反感をもたれたのだと思います(祖父が実力者で強力なコネがあったという噂もありました)。

城恵理子や岸野里香が兵庫人の代表ではありませんが、私が関西にいた時に感じた「神戸人のいけ好かない感じ」が彼女たちにマイナスだったのかもしれないと思います。



去年の年末に岸野里香についてブログを書きました。
関連ブログ
NMB48岸野里香がとうとう本気を出した!? 2015年12月04日

現在NMB48メンバー人気はキャプテン山本彩の一人勝ち状態ですが、他のメンバーがNMB48というアイドルグループを支えてきたのは間違いありません。NMB48の1期生として公演はもちろんバラエティ番組でも頑張って、メンバーを引っ張ってきた岸野里香の功績は大きいと思います。

去年岸野里香のブログを書いた時は「これからは岸野がNMBを担うメンバーとして脚光を浴びる」と期待していたのですが、卒業発表した今は「将棋の負けの形」を作っていたのだと思いあたりました。

プロ将棋の真剣勝負は投了する前に「負けの形」を作ります。去年からの岸野の活躍は「投了前の綺麗な形」を作るためだったのでしょう。

「NMB48シングル曲の選抜復帰」「AKB総選挙初の当選」など有言実行して快進撃の大活躍を続けてきた岸野でしたが、それは「卒業に向けての有終の美を飾るための準備」だったのだ、と今は思います。

9/4【卒業について】[2016年09月09日(金)] NMB48りかとダレカのガールズ ト~ク - ラジオ関西

NMB48 りかとダレカのガールズ★ト~ク 第88回 2016年9月4日 ゲスト 城恵理子 岸野里香 [179] [ジョーとダレカの] YouTube 2016/09/04

卒業発表したあとの『りかとダレカの…』(上のリンク)で岸野は「卒業を告げた時、大人は誰も引き止めなかった」と吐露していますが、運営も今が岸野の「卒業する潮時*」と考えていたようです。ある程度の実績を残した今なら「卒業してNMBという金看板を無くしてもやっていけるだろう」という親心が、大人たちにあってのことだと思います。

* 余談ですが「潮時」とは「ちょうどいい時」というのが本来の意味で「辞め時」という意味は元々ありません。最近池上彰の番組(『池上彰の学べるニュース』?)で説明していたと思いますが、同じテレ朝の先週最終回を迎えた『グ・ラ・メ!』でも「潮時」という言葉でちょっと引っ掛ける演出をしていました(苦笑)。

「2 物事を始めたり終えたりするのに、適当な時機。好機。「―を待つ」「ピッチャー交代の―」」「[補説]2について、文化庁が発表した平成24年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「ちょうどいい時期」で使う人が60.0パーセント、本来の意味ではない「ものごとの終わり」で使う人が36.1パーセントという結果が出ている。」
しおどき【潮時】の意味 - goo国語辞書


AKBグループから卒業してから成功した人はあまりいませんが、岸野は「歌手として勉強しなおしてみんなの前に戻ってくる」と言っていますし、彼女が歌手として大成することを祈っています。

AKBの前田敦子のように卒業した途端スキャンダルにまみれ、「悪名高いAKSの暗躍?」に潰されるケースがあまりに多いですが、吉本系事務所のNMBではそういうスキャンダルはなさそうなのでとりあえず岸野は卒業後も安泰だと思います。

岸野の卒業後の進路はまだわかっていませんが、NMBを卒業したアイドルは同じ「吉本興業の子会社」である芸能事務所Showtitleの所属になるケースが多いようです。
Showtitle ウィキペディア

banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2016年09月13日 11時34分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[音楽(AKB48グループ関連)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.