5924175 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2018年09月17日
XML
カテゴリ:映画
コメントをいただいた夢の世界へ行こうUSA実践英会話 神風スズキさんのブログを読んでいて思い出しました。

「「先生、house と home ってどう違うんですか?」とSachiko が質問をする。」(◎ 英会話「こげんでよかと?講座」{ 今日の教室 346 ♪ }より)

詳しくは神風スズキさんのブログをご覧ください。

『埴生の宿 (原題:Home, Sweet Home)』という曲の存在を知ったのは、学生時代に封切りされたジブリアニメ『火垂るの墓』を一緒に見た友人の何気ない一言でした(ちなみに併映は『となりのトトロ』でした)。

多くの人が知っているのでいまさらという気もしますが(汗笑)、『火垂るの墓』は戦争という不幸な時代に両親を失った清太と節子兄妹の悲しい物語です。母からもしものときに頼りにするようにと言われていた親戚と折り合いが悪くなって、清太と節子はふたりだけで生きていく決心をします。二人暮らしをはじめた頃は窮屈な親戚家の息苦しさから開放された高揚感がありました、が…。

親戚の家を出た彼らが住み家にしたのは水辺の洞穴でした。その洞穴を見下ろすお屋敷(別荘?)から『Home, Sweet Home(埴生の宿)』が流れていました。洞穴という原始人並の暮らしと裕福そうなお嬢様の暮らしが対比される、ある意味残酷とも取れるシーンですが、『Home, Sweet Home』の意味がわかっていたら、違った見方ができるシーンでした。

「挿入歌としてアメリータ・ガリ=クルチの「埴生の宿(原題:Home, Sweet Home)」が使われた。」火垂るの墓 ウィキペディア

「’Mid pleasures and palaces though we may roam,
Be it ever so humble, There’s no place like home.
A charm from the skies Seems to hallow us there,
Which seek thro’ the world, is ne’er met with elsewhere.
Home, home, sweet sweet home,
There’s no place like home, there’s no place like home.(下のwikiより)」

クラシックのCDを数百枚持っていた友人は、『埴生の宿』に「あばら家でも楽しい我が家」というようなコメントしていたように思います。友人の影響でクラシックのCDを集めだしていた私はまだ『埴生の宿』を知らなかったので軽い衝撃を受けた記憶があります。

母子家庭の貧乏家庭に育った私は雨漏りがして冬には雪が吹き込んでいるような家に住んでましたが、ボロ屋に住んでいても温かい家庭があれば幸せなのだということを思い知らされました。


「1 埴生(はにふ/はにゅう)の宿も 我が宿 玉の装い 羨(うらや)まじ
  のどかなりや 春の空 花はあるじ 鳥は友
  おゝ 我が宿よ たのしとも たのもしや
2 書(ふみ)読む窓も 我が窓 瑠璃(るり)の床も 羨まじ
  清らなりや 秋の夜半(よは/よわ) 月はあるじ 虫は友
  おゝ 我が窓よ たのしとも たのもしや」

「原題は『ホーム・スイート・ホーム』(英: Home! Sweet Home!)で、「楽しき我が家」という訳題でも知られる。」

「小説『ビルマの竪琴』では、日本兵と敵兵がともに歌うという象徴的なシーンでこの歌が使われている。
映画、ドラマなどで使われた例として前述の『ビルマの竪琴』をはじめ、『二十四の瞳』(木下恵介監督版)、『火垂るの墓』、『純情きらり』、『ゲゲゲの女房』、『仮面ライダーV3』『マッサン』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』などがある(wikiより)」

以上、埴生の宿 ウィキペディアより

一人で好き勝手に生きてきた私ですが、生まれ故郷がどうしようもなく恋しくなるときがあります(恥笑)。

関連ブログ
火垂るの墓という反戦映画の白眉 2018年04月19日

人間到処有青山 2010年01月22日

banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2018年09月17日 15時04分29秒
コメント(2) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『Home, Sweet Home(埴生の宿)』(ジブリアニメ『火垂るの墓』より)(09/17)   神風スズキ さん
暇なときに
おいでください。
ありがとうございました。 (2018年09月17日 15時29分00秒)

Re[1]:『Home, Sweet Home(埴生の宿)』(ジブリアニメ『火垂るの墓』より)(09/17)   aosaga369 さん
神風スズキさんへ
ありがとうございます。
ときどき訪問させていただきます。 (2018年09月17日 15時43分43秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.